« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月 7日 (木)

なるほど。

私の読んでる日記でIbの話題が出てました。
名前は知っていたけれど、面白いとか聞いて興味が湧き
思わずDLしてプレイしてみました。
うん。面白かったです。

そして、それを横でじっと見ていた子が自分にもやらせろと。
もう最後のところだったのと、トゥルーED見るための数回目のプレイだったので
PCを渡しました。
(ちなみに、後で知ったけれど私の保存データでは
何度やり直してもベストな状態にはいかない状態だった…)

子は最後の選択でかなり迷い、まんまとあっちを選んでしまいました。
そして「え!?なんで!?こっちじゃいけなかったの!?(汗)」と。
その時、ああ、子もまだ8歳の子供なんだよな…としみじみ感じてしまいました。
(すみません。ネタバレになっちゃうからプレイした人にしかわからない書き方になってます)

それから数日後。

子の遊んでるどうぶつの森を覗いたら、こんなことになってた(笑)
何、このメアリーの存在感!いや、この場合正しくは「無個性感!?」(笑)

Hni_0096

ちなみに、一個だけ違うやつ。それは私が元旦に目を血走らせながら作った「神崎すみれ」


|

2013年2月 6日 (水)

そうそう。そういえば。

そうそう。記事にし損ねたのですが
友人親子と藤子不二雄ミュージアムに行ってきました。

もう、その話題は書かなくてもいいのだけど
ひとつだけ言いたかった事があったんだった。

以下、マニアックな話なので興味ない方、ほんとスミマセン。

今までもプロの漫画家さんの生原稿を展示されてるのを見たこと何度かありますが
藤子F氏の原稿の綺麗さはぴかいちでした。
ベタひとつにしても、最近の主流はマジックだったり、インクだったりで近くで見るとマーブル状が多く
全体的に薄かったりするのですが、驚く程「黒」!墨汁の黒は本当に綺麗です。
反対にホワイトも本当に丁寧でした。

時代もあるのだけれど、効果も手書きが多くて(トーンもありますが)丁寧だし。
すごかったのですヨ。はい。



|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »