« 飛騨に行ってきたよ | トップページ | ダラさ加減 »

2012年10月 9日 (火)

逆流性食道炎

先日の久々の日記では数名の方より励ましのメッセージをありがとうございます!
子が荒れていただけではなく純粋に夏休み中だったので時間がなかったとか
節電で部屋の中が暑くてやる気も起きなかったとか理由も関係はしていたのですが
それでもまぁ大変でした。

そんな中こんな出来事がありました
今年の春、私は昼ごはんでチーズトーストを食べていました。
そのときパンくず?が気管に入ってしまった感じがしてかなり咳き込みました。
その時以来喉に妙な違和感(気管に物が詰まってる)がずっと続きました。
それが1週間くらい経っても治る気配がなく、もしかしたらとろけるチーズにアルミホイルとかが
くっついていてそれが喉に貼り付いてるのか!?とか思い始めちゃいました。

しかも、舌の横側が痛くなり口内炎みたいに荒れて腫れてきました。

なので耳鼻咽喉科を受診。
「??特に腫れてもいないしなんでもないですよ?」
と、いう事で喉のうがい薬(消毒)を処方されました。
うがい薬をもらっても全然よくならない!

更に1週間後。持病も持ってるのでそっち関係か!?とかかりつけの内科受診。
検査結果
「うーん。なんでもないですね」
私がチーズトーストの話をすると
「喉を軽く焼けどしたのかもしれないですね。喉の粘膜を保護する薬をだしましょう」
それを飲むこと1週間。
おお!少し効いてる!よかったよかったと飲み続けました。
ところが薬が切れて様子をみていたら薬を辞めたとたんまた妙な感じに…。
まだ完治はしていないのだろうと内科に行き更に薬を1週間分もらう。
飲み終わる。でも、まだ変!(汗)

舌の痛みも口内炎ならすぐ治ってもいいのに治る感じもしない。
さすがに不安になってきてもう一度耳鼻咽喉科を受診!
「お願いですから何か詳しい検査をしてください」
医者はだいぶ日数が経つのにさすがに変だねと鼻からカメラを入れて
喉の写真を撮影してくれました。

結果。
「???全然綺麗で問題ないですね。腫れも何もないです」
ほっとはしたものの…
「でっ、でも、じゃぁ、この喉の違和感は何なのですか!?もう1ヶ月以上変なんです」

すると医者が
「もしかしたら逆流性食道炎かもしれませんね」
「え?でも別に胃のむかつきとかげっぷとか自覚症状ないですけど」
「うん。でもね、やっぱり喉の違和感を訴えて調べたら逆流性食道炎だったって人
結構いるんですよ。ほら、人間眠るとき横になるでしょう?その時胃液が
あがって喉というか、気管が荒れちゃう場合があるんだよね。
だから、とりあえず逆流性に効く薬を試しに2週間飲んでみて、
症状が治ったらソレだから」

そんな~ぁ(汗)と思いながらも薬を飲み始めて2,3日経ったら
あんなに変だった違和感がどんどん軽減され1週間もしたら
日常に戻ってしまいました!
想像ですが、たぶん、内科で処方されたやけど用の粘膜を保護する薬は
腫れを保護してくれてたから飲んでる間だけ症状がやわらいでたんだと思います。

うわー。本当に逆流性食道炎だったんだー!

た、確かに春から子は荒れていて大変だった時期でした。
つまり、子との格闘でストレスから胃炎になった訳ですね。
そしてそれくらい(自分が)大変なんだぁ…とちょっと大変な自分に酔ってしまい
よけいに(胃炎になるくらい大変なのになんで子はわかってくれないんだー!(怒)と
悪循環にはまったわけですね。ああ。親子で面倒くさい性格だからほんと最悪。

と、言うわけで不思議な喉の違和感を感じたら胃炎も疑ってみてくださいっていう体験談でした


|

« 飛騨に行ってきたよ | トップページ | ダラさ加減 »