« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年6月

2012年6月 7日 (木)

芸術

私は時々、家の玄関スペースにポストカードや
プリントアウトした写真を何枚かづつ貼ったりしてます。

普段は季節に沿った雰囲気で自然(雪の結晶とか田んぼ)とか
生き物(昆虫ローアングルドアップとか)が多いのですが
部屋を片付けていたら会社の机の上に飾っていたポストカードが数枚出てきて
懐かしかったので今回は自然ではなくマグリットとエッシャーを数枚選んで貼りました。

子も早速インスパイアされたようで、怪しげな絵が部屋に転がってました。

P1002173

▲上はマグリットの「共同発明」を8歳児が記憶を頼りに描くとこうなる。と、いう図。斬新!(笑)
下は子オリジナル「雲の鳥」だそうです。

P1002174

▲マグリットの「盗聴の部屋」を8歳児が漢字だけで描くとこうなる。と、いう図。
文字の集合体見たら一瞬怖かったですよ。
なにこれ、(コミック)21世紀少年のワンシーン!?みたいに(笑)

雲の鳥といい、漢字の巨大リンゴといい、「描きたい事」の着眼点はなかなか面白いです。
マグリット展が2013年に日本でやるとかやらないとかいう記事をネットで見かけたので
来年は子と出かけてみようかなー。

おまけに。
別の日の作品なのですが、最近子の描いてるキャラクターに
可愛いものが多くなってきました。

P1002169
▲工作/エイ 目の離れ度合いがなんか可愛い。写真にはないけど裏側の口も可愛い。

P1002171
▲カツオノエボシ ずいぶん簡略されて尻尾?触手?が一本しかない。まるでキノコかギョウザだ。

P1002172
▲子の愛してやまないオニオオハシ。最初はリアル絵だったのにいつの間にか
簡略化されてオリジナルキャラクターの域に達してきた?

どれも上手ではないけれど、味があると思えてしまうのは
選ぶ素材がどれも微妙にマイナーなのでインパクトが強くて得をしてる感ありあり。


|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »