« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

考える7歳児

子が真剣な口調で話しかけてきました。

「ねえ、お母さん。震災、あったでしょ。今さ、おきてるじゃん。
でも、もしかしたら今、夢見てるのかなって思うときない?よし
起きよう!と思ったら目が覚めてなんだー夢だったのかー。
震災も夢だったのかーとか。
後さ。俺のお母さんはお母さんでしょ。でも、目が覚めたら
本当は違うお母さんだったとかさ。
そういうの考えた事ない?」

うん。あるー。私だけじゃなくてきっと誰しもあるー。
だけれど、それを7歳の時に私が考えた事があるかというと謎。

子は良くも悪くも感受性が強く、綺麗な空や花をみて心から綺麗だねとおもえる子だし
文章を読んでいて「これってさぁ、なんだか文章がリズムになってない?」と
いいだして、改めて私も読んでみるとたしかに韻文の要素を含んでたりとか。
そういうリズムとかイメージとか目に見えない部分にも敏感です。

だけれど、そんな彼の素敵な感受性も、ちょっとしたことにも慎重になって
時にはおじけづいたり不安になったりと運動する場面や積極性のあるなしとかを考えると
いい事ばかりではありません。

そういう慎重さってこういうところまで影響するの!?って驚いたことがありました。
子はフライ(揚げ物)とか水筒とかそういうのを出すと大抵口をつける前に
「これ、中身何?」と聞きます。
つまんない事なんですけど、そういうのって毎回聞かれると
内心(別に毒な訳でもなし、いちいちうっせーよ)と思ってしまいます。
だけどこの前、子の発言で何故毎回毎回そういうことを聞くのか謎が解けました。

「例えばさ。水筒の中身が氷水だと思って飲むとするじゃん。そうしたら
麦茶だったりした時ってええええ!?ってびっくりしちゃわない?
頭で水って思ってるから麦茶の味がものすごく変な味に感じて
うわー!まずい!くさってる!とか思っちゃうんだよね~」

そうか!そういうことだったのか。
確かにわかる。脳がこうだと思っていて味が違うと脳が混乱するっていうか
ものすごい味に感じるときある!
でも、そういうのをね、私が7歳のときに考えていたかどうかは記憶になく…。

ともかく。7歳ってまだ普通に子供だと思っちゃうけれど
思っているより沢山沢山の事を考えてるんだなぁと。

そんな考える7歳児。
先日、親戚で一番ちびっちゃい子という立場から、
いとこのお兄ちゃんに昇格しました。


|

2011年9月28日 (水)

口げんか。あれ!?

以下、子と私の口げんかです。

事のはじめは子がDS(名目上は母のもの)をやりたいといいだした事。
別に特別厳しく制限してる訳ではないのですが、昨日も連続数時間やってたので
今日またやりたいならやること全て終わってからね(宿題、夕食、風呂、時間割等)と
伝えるとどうも意思の疎通ができてなかったらしく

子の主張「宿題が終わったらやっていいといった(怒)」
私の主張「宿題じゃぁない、全てやること終わったらと言った!(怒)」

と、いうような内容でキャンキャンギャーギャー。
子はかんしゃく起こして物を床に投げつけるわ悪態つくわで酷いありさま
そのうち

私「あのねぇ!なんでもかんでも自分中心に地球が回ってるなんて思うなよ!(怒)」

子「でも、お母さん中心に地球が回ってる訳でもないじゃん(怒)」←言うようになったなぁ~。

私「そりゃそうだよ!お母さん中心にも回ってないよ!(怒)」

子「じゃぁ、誰中心に回ってるんだよ!(怒)」

私「ね~。…ほんとだよね。誰中心に回ってるんだろうねぇ」

子「はぁ?お母さん知らないの?」

私「知らない。謎」

子「総理大臣じゃないの?」

私「ううん。違うよ」

子「ええ!?じゃぁ、宇宙人?」

私「ええ!?違うんじゃない?っていうか宇宙人いるのかね」

子「ああ!いいこと思いついた!来年の自由研究「地球は誰を中心に回っているか」にしよう!」

私「ええええええ!それ難しすぎるテーマ!そもそもそれどうやって答えだすのさ(汗)」

子「ロケット作って宇宙にいくしか?」

私「ロケット買うお金ないんですけど」

子「あ!俺わかっちゃった!地球はさぁ、みんなを中心に回ってるんじゃないの!?俺でもない、
お母さんでもない。誰かを中心に回ると他の誰かが困るからさ、そういう事なんじゃないの?」

私「ほおぉおお!あんたいいこといいうねぇ!そうだそうだ。きっとそうだ」

子「あれ?俺すごくね?自由研究するまでもなく答えでちゃったよ」

私「ほんとだ。よかったじゃん。めでたしめでたし」

しばし無言。

子「………。あのさぁ、何の話してたんだっけ」

私「え?DSはやることやらないとダメ。ついでに悪態ついたから今日はやることやっても貸しませんって話」

子「ああ!そうか。…仕方ない。キノコの本でもみるか」

口げんか終了。



|

2011年9月27日 (火)

言い訳できない

子の強烈な一言
「なにこれ!味噌汁に輪ゴムが入ってた(怒)」

スマンorz


|

2011年9月16日 (金)

実用新案でもとーれーばぁ~?

子が、地球儀でアイルランドがどこかを探していました。
なかなか見つからず言った一言。

「くっそー!なんで地球儀には目次がついてないんだ(怒)」


|

2011年9月 8日 (木)

プラネタリウム

夏休みも終わりに近いということで先日プラネタリウムに出かけてきました。
去年は結構夏休みのお約束スポット的な所へマメに出掛けてたのですが
今年はものすごく多忙だったわりに全然夏休みって感じの場所にいけず…。
余談ですが、この前なんか、子と映画を観ようとネットでチケット購入したら
その日に外せない予定があったことをカード決済した後で思い出し
泣く泣くチケット代を捨てた事もありました。
せめてお金が無駄にならないように友人にタダで譲ろうと思ったのだけれど
なんせ今日の今日って話だしさすがに予定が合わずで…。無念。
せめてもの救いは子を驚かせようと映画の事を黙っていた事。
騒がれずにすみました。
でも、一度ぱあにした映画をまた観るのもなんだかシャクなので
今回は気持ちを切り替えてプラネタリウム(笑)
お題目は「銀河鉄道の夜」
ものすごく綺麗な映像とか泣くとか聞いたのでちょっと期待していたのですが
普通に綺麗な映像。でした。ああ、ダメだ私の心は澄んでないのか!
台詞とかは原作に忠実で聞いていて(ああああ、そうそう、そんな台詞あったあった!)と
懐かしく聞いていたけれど、子には難しいだろうし、そもそもダイジェスト版みたいなものだから
どんな内容かはたぶんさっぱりわかってなかったと思います。
それでも、映像が幻想的な雰囲気で描写されていて、
実は子は綺麗なものに感動しやすい性格なので何かしら感じていたようです。
終わった後に綺麗だったね、もう一度観たいくらいだよ!と言ってました。
原作にも興味を持ったようで
「子供でも読める?ふりがなある?」と聞いてきましたが
「小さい子でも読めるような簡易版とか絵本とかもたぶんあると思うけれど
子がもっと大きくなるまで待って、まず最初は簡易版でないものを読むほうがいいと思うよ」と
あえて今読むことをすすめませんでした。

そして今回に限らずいつもプラネタリウムをみて思うこと。
やっぱりどんなにプラネタリウムの映像が綺麗になったとしても
本物の満天の星空にはかなわないなぁということ。

--------
後日談。
映像が終わった直後に子が質問してきました。
「お母さん、あの映画人の声はしたけれど人が映らなかったね。なんで?」
そのときに、原作があって原作を読む人それぞれの頭の中にジョバンニや
カムパネルラがいてそのイメージを壊さないようにあえて出さなかったんだろうと
いう事や、ますむらひとしは擬人化した猫で描いたとかそんな話を二人でしました。
その時、子はイメージを壊さないという言葉になにか感じるものがあったらしく
しばらく考えていた感じがしました。
そして数日後、子が真剣に語り始めました。
「お母さん!やっぱり、あの銀河鉄道だけどさぁ、イメージを壊さないんだったら
人の影だけ映せばよかったんじゃない?影ならイメージ壊れないしさ、
電車の中は薄暗い感じだったから影を映せばぼやっと大きくなるでしょう?
何も人が出てこないよりもそのほうが良かったんじゃない?」

子が将来何になるかなんて全く謎なんですが、
映画が好きな事、感受性が強いところ、突拍子もないところ
ものづくりが好きなこと。
大成するかは全く別の話としても、ときどきふっと、
この子はいつか映像関係の世界に足を突っ込むんじゃないかなぁとか
感じる事がある今日この頃。


|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »