« キャンプ (佐久バルーンフェスタ2011) | トップページ | ピカソ »

2011年5月25日 (水)

武蔵丘陵森林公園

今年も首都圏公園スタンプラリーをやってます。
去年はオレンジカードが当たりました!さすがに全制覇の20公園は難しいと思うけれど
いくつ回れるかチャレンジ中です。(現在3公園)

今、思い立ち検索してみたらスタンプラリーに参加してる人のブログをいくつか発見。
うおー。欲しい辺りのスタンプ押してる人みるとうらやましい!(笑)
逆にそういう人は私の押したスタンプがうらやましいのだろうな。
やらないけれど!やらないけれど、そういう人とお友達になってスタンプカードを
郵送しあい、お互い近場のスタンプを担当すれば楽に…なんてよこしまな考えも浮かんだ。
でも、それじゃぁ全然意味ないよね(笑)地味に回れる時に回れるところを回っていきます。
しかし、去年すでに遠征した場所も今年バージョンは今年バージョンで
再度押しに行かないといけないのは厳しいなぁ(苦笑)

と、言うわけで埼玉県の武蔵丘陵森林公園に行ってきました。
ひっろーい!(汗)
レンタサイクルが90分待ちとかな訳です。

昭和記念公園も広いですが、蔵丘陵森林公園の方が縦長なので
たぶん体感的には蔵丘陵森林公園の方が大きく感じます。
ブログには書いてませんがこの前、桜の時期に昭和記念公園に行ったとき、
スタンプを押すのを行き当たりばったりにしていたら
帰る頃にはスタンプ設置場所からかなり離れてしまい、閉園になる時間までに
スタンプ設置場まで行き、小走りで出口に向かうという羽目になりすごく大変だったので
今回はまず最初にスタンプを押してから行動しました。
広い公園のスタンプは最初にスタンプを押しておくに限ります!

この日は結局半分しか回れませんでした。(レンタサイクルは諦めた)
でも、すごくいい公園でした。清潔な水辺(プール)もあって、
川(ため池に近いような水で清流ではない)には
おたまじゃくしがうようよいたしザリガニもいたみたい。

P1001888
▲おたまじゃくしを素手で捕まえるのに夢中。
あちこちで子供達がおたまじゃくしを捕まえてたので
おたまじゃくしもいい災難。

P1001890
▲写真用に数匹だけ残して最後は全部川に戻しました。

対象は小学校高学年と書かれているアスレチックは
ほとんどが低学年でも出来るものでした。
(安全を考慮して高学年と書いてあるけれど、他の場所のアスレチックと比較すると
内容も簡単でむしろ他のアスレチックよりも比較的安心。
広場もあり、散歩コースありで、うわー。ここは本当にいい場所だ。と思いました。

しいて言えばこの公園は虫が多い。森林公園ってくらいだから虫がいるのは当たり前だけど
気がつくと「何この虫(小さくてなんだかよく分からない系)」みたいなのが服についてたり
旦那の髪の毛にアブラムシ乗ってたり、持ってたかばんにありが歩いてたり。
小さいクモとか赤ダニとか。
他の公園にいるような王道の蝶とかトンボとかでなく
なんていうか山にいるっぽい小ムシが多かったです。
どんな小さい虫でもイヤ!って人は秋冬とかをお勧めします。

そうそう。山地だか林だかに生息する「ハルゼミ」が鳴いてました。
最初この時期にセミ?とか思っていたのですが園内ボランティアの人に聞いたら
春くらいに活動するハルゼミだったようです。すごい。図鑑で名前は知っていたけれど
ハルゼミの声を聞いたのはじめてかも。
いや、本当はどこかで聞いたことあったにしても意識したのは初めて。
最初にセミの声に気がついたのは子だったし。
セミでなかったら恥ずかしいので小声で「セミか?鳥か?」と悩んでいたとき
別の家族の子供が歩いてきて「セミが鳴いてる!」と叫んでました。
親は「(お、大声で言うなよ)泣き声は似てるけれどこれはセミじゃないよ!」と慌てて言ってましたが
確かにハルゼミ知らないとまさかこの時期に!と思うよね。

まぁ、言いたいのは真っ先に鳴き声に気がつくのは大人ではなく子供だということ。
大人は無意識に必要な情報以外見ない聞こえないになりがちですからね。
子供はフラットというか、発見力がすごいです。

しっかし、今年の花粉は長く、もう平気だろうと公園に行く日は薬だけ飲んで
マスクをしないで出かけたら
その後3日位、後遺症が酷く顔は赤く腫れ上がり鼻水は止まらず酷い目にあいました。
ようやく20日あたりからマスクなし薬なしで耐えられるくらいになりましたが今年の花粉は長かった。
(でも、まだ朝は駄目)

|

« キャンプ (佐久バルーンフェスタ2011) | トップページ | ピカソ »