« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

小ネタ

記事にするほどでもないけれど
最近あった子のくだらない事。

=====================

・学校で気をつけたい事という内容を書いて提出する授業があったらしい。
子が書いたのは

「床に落ちてるバナナで滑らないようにする」

そう簡単に落ちてるかっ!(怒/笑)

=====================

・朝、「行って来ます」と言っていったん玄関を出て数十秒後慌てて戻ってきた。
すごい勢いでドアを開けてドヤ顔で叫んでいった。

「いってきマッシュルーム!」
「!?い、い。いってらっしゃイカスミ!」

くそー。意表を突かれたので返答が苦し紛れになった自分が悔しい!

=====================

・朝、コーンフレークが食べたいというので皿にいれてあげた。
スプーンを持って「いただきます」といった後
左手でコーンフレーク手づかみで食べてた(汗)
なんの為にわざわざスプーン持ってるんだ!

=====================


|

2011年5月27日 (金)

パイレーツ・オブ・カリビアン~生命の泉

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 を友達と観て来ました。
字幕が良かったのですが観られる時間帯の字幕バージョンは3Dだったので3Dで。
つい、ちょっと前に3Dについてぶーぶーいってたばかりなのに
また3Dですみません(笑)

まぁ、3Dについてはやっぱり別にどうでもいいっていうか。
むしろ目が痛くなるとか体調悪いと頭痛まで起こすというか
デメリットもあるし、3Dと2Dの選択ができる状態なら私は2Dでいいや。

で。映画ですが。
面白かったです!
前作はちょっと途中で疲れちゃったのもあったのですが
今回の方が話が分かりやすいというか気楽にみれました。

ただ。
ジャック・スパロウ船長って、自分の中では二枚目半なキャラなんですよ。
(いや、きっとキャラ設定もそうなんだろうけど、ジャックは二枚目と思う人もいると思うので)
ジャックはケチでせこくて卑怯で。
でもやるときはびしっとやる!と思いきややっぱりそこでもずっこけて(笑)←ここ重要。
だけど、私の中ではそれでこそ魅力あるジャック・スパロウなんです。
癖があるから逆に目を離せない。
そういう意味ではなんか風と共に去りぬのスカーレットみたいな。
ところが今回のジャックは二枚目に限りなく近い二枚目半だったんですよね。
もちろん隙のないジャックも格好よくて映画も面白かったんだけど
ジャック!どうしたんだ!そんなに(だいぶ)まともになっちゃて!って感じでした(笑)

映画の後は昼ごはんを友達と食べて帰りました。楽しかったです!

---------
余談。
最近チャーリーとチョコレート工場もTVでやりましたね。
子がみてみたい!というのでビデオにとって見せたところ大はまり。
子にパイレーツ・オブ・カリビアン見てくるよ。海賊はウォンカの工場長と
同じ人なんだよーというと何を勘違いしたのか

「ええ!?ウォンカは工場長やめた後、海賊になっちゃったんだぁ(驚)」と。
面白面倒(造語)だったので
「そうそう、そうらしい(棒読み)」と返事をしておきました

----コメントありがとうございます!

>わ、砂楓さんが連日ブログ更新している(嬉)
>子くん、このままアート系に行くんでしょうか。
>有名になったら「この子の作品、昔から知ってる。
>黒く塗った割り箸とか。当時からアートだったよ」と自慢しよう(笑)

書いたり書かなかったりでわざわざ覗きに来てくれる人に不親切なブログですみません(汗)
書くときはたいていまとめて書いて予約更新するパターンが多いので
一度更新されると2,3日続くパターンが多いですね(笑)

黒く塗った割り箸!(爆笑)あったあった、ありましたね!
そうか。それらもアートとして考えればいいんですね!(笑)

|

2011年5月26日 (木)

ピカソ

子が突然
「ピカソの絵を見に行きたいから連れて行って」と言い出しました。

は!?(汗)

「え?なんで?」
「見たいから。絵を描くときの参考にしたい」

(うっぷ。うぇ~↓)←あえてピカソを持ち出してきた時点で胡散臭さを感じたから

「なんでピカソなの?絵を見たいならピカソでなくてもいいのに」
「わかんない。なんかピカソがいいの」

子供がみるなら数年前にやってた「だまし絵展」とかあたりなら
きっと楽しめただろうけど、ピカソで子供が興味深くみるとは思えない。
つまり知ってる名前がピカソだっただけでたぶんピカソでなくてもいいのだと思う

「あのね。それならお母さんピカソでなくて行きたいところある!
シュルレアリスム展!」

だってシュルレアリスム展なら子供も多少楽しめるだろうし、
何より、私の好きなマグリットが展示されるんだもん。
実は前から行きたかったんだもん。
だけど、平日午前中に一人で六本木まで行くのも面倒だったしー。
ドサクサにまぎれてシュルレアリスム展に行こう!とウキウキで検索。

だけど調べたらつい最近終わってたらしい(悲)
子に「どうせとっぴな事言い出すなら何故あと1,2週間早く言わない!」と
無茶をぶつぶついう私。

ピカソを常時展示してる場所は箱根彫刻の森でたしかピカソ館あったよなー。
うーん。そのうちね。そのうち。

とりあえず話はそこで終わったのですが。
先日、用事があった出先で無料の油絵展をやっていました。
すると子が
「お母さん、何かやってる。あれ何?」というので
「油絵展だって」というと
「え!!見たい!見る!」

うーん。数日前のピカソ発言といい、どうやら今は本当に絵をみたいらしい。
仕方ないのでその予定もなかったのですが油絵を鑑賞しました。
もちろん子供なのでひとつひとつゆっくりは見てなかったですが
気に入った絵をみつけてすごいすごい!と感激していました。

ふむ。絵をみたい情熱が一過性でなければ箱根も考えてあげましょう。


|

2011年5月25日 (水)

武蔵丘陵森林公園

今年も首都圏公園スタンプラリーをやってます。
去年はオレンジカードが当たりました!さすがに全制覇の20公園は難しいと思うけれど
いくつ回れるかチャレンジ中です。(現在3公園)

今、思い立ち検索してみたらスタンプラリーに参加してる人のブログをいくつか発見。
うおー。欲しい辺りのスタンプ押してる人みるとうらやましい!(笑)
逆にそういう人は私の押したスタンプがうらやましいのだろうな。
やらないけれど!やらないけれど、そういう人とお友達になってスタンプカードを
郵送しあい、お互い近場のスタンプを担当すれば楽に…なんてよこしまな考えも浮かんだ。
でも、それじゃぁ全然意味ないよね(笑)地味に回れる時に回れるところを回っていきます。
しかし、去年すでに遠征した場所も今年バージョンは今年バージョンで
再度押しに行かないといけないのは厳しいなぁ(苦笑)

と、言うわけで埼玉県の武蔵丘陵森林公園に行ってきました。
ひっろーい!(汗)
レンタサイクルが90分待ちとかな訳です。

昭和記念公園も広いですが、蔵丘陵森林公園の方が縦長なので
たぶん体感的には蔵丘陵森林公園の方が大きく感じます。
ブログには書いてませんがこの前、桜の時期に昭和記念公園に行ったとき、
スタンプを押すのを行き当たりばったりにしていたら
帰る頃にはスタンプ設置場所からかなり離れてしまい、閉園になる時間までに
スタンプ設置場まで行き、小走りで出口に向かうという羽目になりすごく大変だったので
今回はまず最初にスタンプを押してから行動しました。
広い公園のスタンプは最初にスタンプを押しておくに限ります!

この日は結局半分しか回れませんでした。(レンタサイクルは諦めた)
でも、すごくいい公園でした。清潔な水辺(プール)もあって、
川(ため池に近いような水で清流ではない)には
おたまじゃくしがうようよいたしザリガニもいたみたい。

P1001888
▲おたまじゃくしを素手で捕まえるのに夢中。
あちこちで子供達がおたまじゃくしを捕まえてたので
おたまじゃくしもいい災難。

P1001890
▲写真用に数匹だけ残して最後は全部川に戻しました。

対象は小学校高学年と書かれているアスレチックは
ほとんどが低学年でも出来るものでした。
(安全を考慮して高学年と書いてあるけれど、他の場所のアスレチックと比較すると
内容も簡単でむしろ他のアスレチックよりも比較的安心。
広場もあり、散歩コースありで、うわー。ここは本当にいい場所だ。と思いました。

しいて言えばこの公園は虫が多い。森林公園ってくらいだから虫がいるのは当たり前だけど
気がつくと「何この虫(小さくてなんだかよく分からない系)」みたいなのが服についてたり
旦那の髪の毛にアブラムシ乗ってたり、持ってたかばんにありが歩いてたり。
小さいクモとか赤ダニとか。
他の公園にいるような王道の蝶とかトンボとかでなく
なんていうか山にいるっぽい小ムシが多かったです。
どんな小さい虫でもイヤ!って人は秋冬とかをお勧めします。

そうそう。山地だか林だかに生息する「ハルゼミ」が鳴いてました。
最初この時期にセミ?とか思っていたのですが園内ボランティアの人に聞いたら
春くらいに活動するハルゼミだったようです。すごい。図鑑で名前は知っていたけれど
ハルゼミの声を聞いたのはじめてかも。
いや、本当はどこかで聞いたことあったにしても意識したのは初めて。
最初にセミの声に気がついたのは子だったし。
セミでなかったら恥ずかしいので小声で「セミか?鳥か?」と悩んでいたとき
別の家族の子供が歩いてきて「セミが鳴いてる!」と叫んでました。
親は「(お、大声で言うなよ)泣き声は似てるけれどこれはセミじゃないよ!」と慌てて言ってましたが
確かにハルゼミ知らないとまさかこの時期に!と思うよね。

まぁ、言いたいのは真っ先に鳴き声に気がつくのは大人ではなく子供だということ。
大人は無意識に必要な情報以外見ない聞こえないになりがちですからね。
子供はフラットというか、発見力がすごいです。

しっかし、今年の花粉は長く、もう平気だろうと公園に行く日は薬だけ飲んで
マスクをしないで出かけたら
その後3日位、後遺症が酷く顔は赤く腫れ上がり鼻水は止まらず酷い目にあいました。
ようやく20日あたりからマスクなし薬なしで耐えられるくらいになりましたが今年の花粉は長かった。
(でも、まだ朝は駄目)

|

2011年5月24日 (火)

キャンプ (佐久バルーンフェスタ2011)

GWに長野にキャンプに行ってきました。
毎年GWに佐久で気球の大会があるのを知り、
今年は是非それに行ってみたいと思っていたのです。

気球は早朝や夕方など気温の低い時でないと飛ばないとか
風が強かったら飛ばないとかいろいろ制限があるんですよね。
大会自体は6時半過ぎくらいに始まるので夜中にうちをでたのですが
でも、そんな思いをして出かけても現地の天候や気温では気球は飛ばないのだから
ある意味賭けですね。

当日は曇りではありましたが風がなく無事に大会は行われました。
バルーンフェスティバルに行ったらどうしても気球の試乗をしてみたかった私。
旦那は観覧車が絶叫マシーンな人なので気球なんてもっての他との事で
旦那了解のもらい、子と私だけで乗ることにしました。
だけど、気球に乗りたい人はたくさんいるため、6時半に会場に着いたその足で
すぐさま試乗のエントリーの列に並ぶことに。
会場には模擬店とかあるんだけど一切見ず。(汗)
しかも6時半に並んだのに実際試乗が始まるのは9時過ぎ!つらい!
まぁ、試乗待ち列から気球の大会場所は目の前なので
気球だけは間近でたくさん見ることができました。

気球大きかったですねぇ。やっぱり本物を見れて良かったです!
天気はいまひとつだったけれどカラフルな気球が空にたくさん浮かんでる景色は
なかなかのものでした。

P1001853


P1001855


P1001857


変わり気球も。(試乗用)

P1001866


P1001867

さて、私がひたすら立ちんぼで試乗体験の列に並んでいる間
旦那と子は模擬店とかを回ってきたりして時間をつぶしてました。
うーん。自分で乗りたいからいいんだけど、
なんかこれでいいのか、私のバルーンフェスティバル…。

ようやく試乗体験の時間に!
上に写真がありますが、私達が乗ったのは変わり気球ではなく普通の気球。
前後の人は残念がっていたけれど、私は普通の気球に乗りたかったので問題なし!
試乗体験といっても本当に空を飛行するのではなく、ある程度の長さのロープで固定されていて
ロープの長さの上限(上空2~30M?)まで浮かんで数分したら降りてくるってだけのものです。
まぁ、それでなければ何百人も乗せてられないですものね。

全て予想はしていたが、狭い!うるさい!頭こげる!でした(笑)
大きなバーナーで一気に火を出す訳ですから音はゴウゴウ、火のそばだから
背の高い人ほどつむじが熱い!
子は音に圧倒されて怖い~と耳をふさいでました。
乗った感じはエレベーターやフリーフォールみたいな体もっていかれ感ってのは
ほとんどなく、気がつくと浮いていたって感じです。
乗れて満足です!

さてー。それからキャンプ場へ向かいます。
今回のキャンプ場、場所は平らでひらけているのですがペグが全然ささらなくて参りました。
でも、何故か私たちの4ブロックのうち2ブロックは空いていたので人目を気にせず
過ごすことができてラッキーでした♪

子は、場内の釣堀り初体験。
えさをもらってないから本当に針いれたらもう釣れてる!みたいな感じでした。
子は大喜びだけどそんなに食べられないから4匹釣っておしまい。
10分掛からなかった(笑)

後、サイトのペグが刺さらなかった件ですが、水はけをよくする為?土というか砂利の中に
黒曜石のかけらが混ざってるかららしい。
その情報は事前に知っていましたが特に気にもせず。
すると子が「変な石みつけた」と黒曜石のかけらを持ってきました。
「ああ。それ、たぶん黒曜石だよ」
「黒曜石って何?」
「宝石の仲間…かな。縄文時代とかで矢じりとかに使われてた奴。
でも、違うかなぁ…。管理人さんに聞いてきてごらん」というと
子はいそいそと聞きに行ってきた。そして黒曜石だと分かると
「俺は宝石を発掘した!」と興奮して
サイトの砂利の中からひたすら黒曜石を集めてました。

P1001878


その後、こんなに見つけた!とまた管理棟に向かった子。オーナーさん、すみません(汗)
帰りには「お母さん!蛙も捕まえた!」と今度はカエル鑑賞。

P1001879

なんだか地味にいろいろ楽しんだ子でした。

二日目はキャンプ場の木工工作をし、買出しと温泉。温泉気持ちよかったです。
しかしびっくりしたのが近所のスーパーに行くのに山をひとつ越えないといけなかったこと。
地図どおりいくとどうみても峠越え。旦那とまさかそんな訳がないよねと一度引き返してしまったくらい。
でも、カーナビで再度検索したらやはり峠を越えないといけなかったらしい。
あの辺りに住んでいる人は普段山越えで買い物にいってるんだろうか(汗)

木工工作では釣堀で釣った魚をイメージして作りました。
ところどころ旦那が木を切るとか難しい接着に
手を出していたので子はふくれぎみでしたが
魚を作る、目玉をどんぐりの帽子で作る、口を開けさせるなど
基本は子のアイディアです。結構いい感じ?

P1001897

今回はバルーンフェスタがメインで後はキャンプ場で過ごした地味キャンプでしたが
地味な分お金も掛からず(笑)お財布にやさしいのんびりキャンプでよかったです。


|

2011年5月23日 (月)

あ。失敗。

今日は映画の話だったので
キャンプの記事は明日にしようと、
明日更新予定だったのにうっかり
フライングアップしちゃった。
今気がついたので一回おろしました。
また明日にアップしなおします。
キャンプの記事、時間経ちすぎて
書くパッションが薄れてしまい
いつも以上にろくでもない文になってます。ははは。

|

観てきました

は!書きかけの記事メモみたらこれいつのですか!

子がどうしても観て見たいというので
豆富小僧を観て来ました。(話題ふるっ)
3Dです。

内容は…TVの予告をみれば全て理解できる。
それくらい薄いものでした(関係者の人にはごめんなさい)
でも、子のレベルでは普通に楽しかったらしく満足していました。

同じ時期にクレヨンしんちゃんとかドラえもんとかラプンチェルとか
ガリバーとか、個人的にはG A N T Zとか英国王のスピーチとか
ともかく他に選択肢が一杯あったなかであえて選んだ豆富小僧。
やっぱ、あれですね。ああいうのを無理やり3Dにするのは無駄です(きっぱり)

いやいや、2Dキャラを本格的に3Dにするっていうなら話は別ですが
以前別の映画を観に行ったとき予告で流れていた子供向けTVアニメ映画が
無駄に3Dでしたがキャラは2Dに近い3Dでぱっとみると2Dのまんまだし、
3D感出すために教室をわざわざ
天井ポジションから映して机や椅子を3Dに見せてました。
キャラは2D寄りの3Dだから髪型に無理がある人は正面向かないし。
で、ボールを蹴るシーン(う。映画が特定されそう)こそボールが飛び出すように
細工すればいいのにそういうシーンでは全然3Dになってなかった。
何のために3D映画にしたの!?2Dでいいじゃん。
まぁ、予告編しかみてないから実際全部みれば感想も違ったのかもしれませんが。
って、豆富小僧よりも別の映画の話の方が熱くなってしまった。

しばらく間が空いてしまいましたがGWとかの話題もあるので
またぼちぼち記載していきますー。

|

2011年5月 2日 (月)

似てる?

可愛いコックさん風ジャック・スパロウ(ジョニーデップ)の作り方。

材料 ヤクルト2本、チョコチップパン(袋ごと)、バナナ1本、ミルキー適当。

P1001850



|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »