« 打ち取られた | トップページ | 日本誤 »

2011年3月17日 (木)

日常

地震から数日経ちました。
私のすんでいる所は東京都下なので
地震当日はかなり揺れたけれど被害らしい被害はありませんでした。
それでも家の前の電信柱がぐらぐら揺れて、道路(地面)がうねっていました。
あの揺れで震度5。
7とか一体どれだけ揺れたんだろう。

親戚がその日仙台に出張中で地震の日に帰宅予定だったのですが
現地で被災して帰ることも出来なくなってしまい、数日を仙台で過ごしたようです。
(おととい深夜に東京まで戻ってきました)

未だに小さい揺れは頻繁にあるし、ドキッとする揺れもたまにあります。
買占めや計画停電などもあり、私達の地域は日常に戻りつつも完全な日常ではありません。
未だに棚の上のものは床におろしてあるし、食器棚にも「ないよりはマシ」と扉にガムテープ貼ったままです。
長時間の正座とかもなんだか怖くてできません
(地震あったとき足しびれてたらどうしよう!とか真面目に思ってて)

ここ数日いろいろな事を考えてました。
日常を装える私はどこまで日常の生活をしていいんだろう。
もちろん節電はしていてますが、「不謹慎」「罪悪感」「焦燥」いろいろな負の感情があって
時間はあれど本とか読んでいいの?TVのんきにみていいの?
計画停電に備えて水を毎日備蓄するものの飲料水としては古くなって飲めない水は
都度廃棄。
お風呂だって(今は地震が怖いので短時間で済むシャワーだけですが)入ってるし
花粉症で使うティッシュだって使っていていいの?
果てには「今日は生ゴミの日」とかカレンダーに沿ってきちんと
ゴミだししてる自分に疑問符が浮かぶときさえあります。
私の頭の中には被災地への気持ちの寄り添いもあれば
原発も事態が更に悪化すればどうなるのか。自分の地域も影響があるのではないかなどと
我欲に走った考えも浮かびます。

でも、じゃぁ、そういう考えに囚われていつまで立ち止まってればいいの?
いろいろな思いが交差してもんもんとしています。

ここに文字にしているという事は
ようやく私なりの考えは出たという事なのですがそれは書きません。
たぶん、みんなが個々に考えてることそれぞれが、全てが正しいと思うので。
じゃぁ何が言いたくて記事にしてるの?って事になりますが(汗)
たぶん「どの選択肢でもみんな正しい」…なのかな。

一生懸命考えてた割に文字にするとすごい薄っぺらな、むしろ書けば書くほど
いやらしい文章になってる気がします。
次からは(いつ書くかはいつもどおりわからないけれど)普通の記事書きます!

あ。最後にメモとして。

・大きな地震があったあと余震が怖かったので当日は子に上履きを履かせていました。
 いざ何かあったときそのまま外へ出られるようにと。我ながらいいアイディアだったと思います。
 今後の為に。

|

« 打ち取られた | トップページ | 日本誤 »