« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

レモンオロシ

子が、ひたすらA4のコピー用紙に穴を開けていた。

これはー…アレですかね。
子供がまだ小さい頃、箱のティッシュを全部引き抜くとかそういう感じの成長の証?
違うと思います。←自己ツッコミ

P1001805

ナニガシタイノカ サッパリワカラナイ

ちなみにこれ、作品のようです?レモンオロシっていうらしい。

P1001807

P1001808
↑TV通販もやってるらしいです。

-------------

昨日夕方のNHKを偶然つけていたら
いないいないばぁでことちゃんが卒業してゆうなちゃんに。
ぐるぐるどかーんがなくなっていた?のに納得と軽い衝撃。

モノランも終わって別キャラが。
(子が厳しい一言「ぬいぐるみが変わっただけで歌は同じじゃねーか」)

春は何でもかんでも終わったり変わったりだねぇと思っていたら
おじゃる丸の題名が「さよなら、電ボ」
子と2人で同時に「えええええっ!」と叫びました。
まぁ、最終的には元のさやに収まったのですが。
昨日の夕御飯はカレーだったのですが
電ボがいなくなり、夜おじゃる丸が淋しそうに寝言を言ってるシーンで
感極まったらしく

「こっ、このカレーが熱すぎて涙が出てきた!カレー熱すぎ!」と取り繕ってました(笑)


おや?背後でなんか騒いでる。どうやらレゴボーイがとうとう完成させたようですよ?

P1001809

コメントありがとうございます♪
--------
>すごいパーツですね。
>私も子が年少の時にピットとレースカー2台を作るセットを買って、一人黙々と作って飾ったのですが、子の友人>が遊びに来た時に退避させずにいたためにばらばらになり、もう諦めました。
>小学校に入ったら一人で説明書とにらめっこで作れるようになるんでしょうか…。

頑丈に出来ているのに一度一箇所が崩れると何故かポロポロと崩れだし
修復不可能になっていくんですよね。

本人が「作りたい!」って思う気持ちが大きくなればその瞬間から作成については一人で
大丈夫だと思いますよ!
でも、問題はその「想い」がパーツ探しにまでは行き渡らないかもってことです(汗)
大量のパーツの中からコツコツと部品を探す事が去年(1年生)では難しくすぐ飽きちゃって
そういう時は私が探す係になってました。
でも、今回は仕分けボックスを作ったのもあって大量部品から
一生懸命自分で探してます。少し成長してくれて楽させてもらってます。

|

2011年3月28日 (月)

俺は昔レゴの鬼といわれた男だと、数年後いうのかも。

子がクリスマスにもらった大きなレゴは3in1なので
ひとつのキッドで3種類の乗り物が作れます。
すごい大作で一度作ると
「(もう二度と作りたくないから)壊したくない」と
思ってしまうようなレゴなのですが
春休みに入り、子は一旦壊して別の種類を作ると言い出しました。

旦那が付き合ってたのですが
まず、完成品を壊すのも結構大変(丈夫に出来てるので)
部品をひとつひとつ外し、色毎、パーツごとに区分け。
(旦那が子が一人で作りやすいようにと牛乳パックでパーツ仕分けボックスも作成)
↓パーツボックス 
P1001803

3in1ってすごいですよ。
3種類乗り物はみんな出来上がりの形が違うのに
ひとつの作品作るのにほとんどの部品を使い切るんです。考えた人本当にすごい。

これで一日終了。(一日といっても24時間ではないですが、根気の限界はせいぜい5,6時間)

そして次の日、子は朝から淡々と組み立て続けてました。
もちろん一日で仕上がるような甘いものではないのですが…。
そして、今朝起きてきた途端「レゴやる」と言い出したのですが
「だ、駄目だ!首が痛くて下向けない!」
「お母さん、首と肩もんで!」
7歳にして、肩こり首こり症状を訴えている!(汗)
痛い痛いといいながら今もレゴを…

P1001804

そこまで痛いなら今日はやめておいたら?といったのですが
聞きゃしない(汗)

勉強にもこれくらいの…以下言うまい。


|

2011年3月24日 (木)

届け、アクアマリン福島へ

子の学校でも子供達による義援金活動がはじまりました。
子の少ないお小遣いからいくら募金する?と聞くと
彼のストックは1372円でした(1000円は自由にしていいお年玉分)
子はじーっとそれをみつめ悩んでました。
最初100円を握るものの
「いやー100円はもったいなさすぎる」(子供なので失言を許してください(^_^;)
そして1円を持ってみるものの
「でも、1円…じゃ何も買えないよね…」
でも、でも、でもと100円と1円を握ってははなし、握ってははなし。

そして子の出した結論は
「そうだ!1円では何も買えないけれど、他の人のお金と合体すれば何か買えるはず!」と
1円に決めたようでした。
言いたいこともあったけれど、
本人が考えて出した結論なのでぐっと堪えて何もいいませんでした。
そもそも、子供の自由になるお金1372円の中の1円は大人の感覚の1円とはまた違うし…。
学校で「おまえ1円しか持ってこないのかよ~」とかいう子もいるかもしれないなぁとかも思いましたが
それはそれで…。

その日の夕方のニュースでいわき市のアクアマリン福島の映像が流れました。
子も2回行った場所です。建物の崩壊は間逃れたようですが、電気が途絶えたため
水槽内の温度管理や空気循環などの問題でかなりの魚が死んでしまったそうです。
昨年夏、私達が停めた駐車場には津波で流された車が逆立ちした状態で転がっていたりして
震災以前の姿を知っている私達には結構衝撃的な映像でした。

それを見ていた子が
「お魚しんじゃったね。あそこ、もう、いけないね」と目をこすりながらいうので
「子の1円が何かの役に立つと思うよ」というと
「1円なんかじゃ何にも役に立たない!」とうつむいてしまいました
そしてしばらく沈黙した後
「やっぱり、1円でなくて100円にしようかな…」と。

実際自分が行った場所の被害をみて
ようやく何が起きたのかを理解し
義援金そのものの意味に気がついたようです。
子は
「1円だとお魚一匹しか助けられないけれど100円なら100匹
助けてあげられるよね」と言ってました。

学校でみんなが募金する平均金額はわかりませんが
子の出す100円は素晴らしい100円だと思います。



さて。募金当日。
ふとテーブル見たらもっていくはずのお金忘れて出かけてしまったらしい!
ずこーー!がらがらがっしゃーん!

頼むよ。半期に一度でいいので
たまにはオチのないいい話で終わらせてはくれないか。
(改めて次の日に持たせました。とほほ)

-----
メッセージありがとうございます。

・子くんがいれば、日本は大丈夫だ!という気分になりました(笑)
 ありがとう!

そういえば名刺ですが名前の下に
「げまいレンジャー ブルー 」とか書いてあったので
きっと何かしてくれるはずです!期待して下さい!(笑)


|

2011年3月23日 (水)

日本誤

マリオカート@wiiにて。

子「おかあ、俺の腕まくりをみろ!」

私「それをいうなら腕まくりではなく腕前では」

旦那「ボビーだ、ボビーがいる!」

------------

子が、
「俺の名前ってあんまり格好良くないと思う。だから俺、名前かえることにしたよ」
というので
「そうですか。それはすみませんでした」とほおっておいたら
名刺を作ってきた。

(苗字)げまい

げまい!?
げまいが今の若者の間では格好いいんですね!?
もう私は若い人の感性についていけそうにない…。

とかいって、もしリアルに「げまい」という名前の方いたらすみません。

------------

子の漢字テスト。
ああ、もう、どこから突っ込んでいいのかわからない!

P1001791

---
追記。

そういえば、拍手でコメントもらってる方もいますが
更新していない時期だったりして
タイミングずれて返事しそこなってしまいました。読んでます!

後、結構「レス不要」にチェックついてる場合もあるので
そういうコメントには素直~にスルーしてますがちゃんと読んでます。
皆様ありがとうです。



|

2011年3月17日 (木)

日常

地震から数日経ちました。
私のすんでいる所は東京都下なので
地震当日はかなり揺れたけれど被害らしい被害はありませんでした。
それでも家の前の電信柱がぐらぐら揺れて、道路(地面)がうねっていました。
あの揺れで震度5。
7とか一体どれだけ揺れたんだろう。

親戚がその日仙台に出張中で地震の日に帰宅予定だったのですが
現地で被災して帰ることも出来なくなってしまい、数日を仙台で過ごしたようです。
(おととい深夜に東京まで戻ってきました)

未だに小さい揺れは頻繁にあるし、ドキッとする揺れもたまにあります。
買占めや計画停電などもあり、私達の地域は日常に戻りつつも完全な日常ではありません。
未だに棚の上のものは床におろしてあるし、食器棚にも「ないよりはマシ」と扉にガムテープ貼ったままです。
長時間の正座とかもなんだか怖くてできません
(地震あったとき足しびれてたらどうしよう!とか真面目に思ってて)

ここ数日いろいろな事を考えてました。
日常を装える私はどこまで日常の生活をしていいんだろう。
もちろん節電はしていてますが、「不謹慎」「罪悪感」「焦燥」いろいろな負の感情があって
時間はあれど本とか読んでいいの?TVのんきにみていいの?
計画停電に備えて水を毎日備蓄するものの飲料水としては古くなって飲めない水は
都度廃棄。
お風呂だって(今は地震が怖いので短時間で済むシャワーだけですが)入ってるし
花粉症で使うティッシュだって使っていていいの?
果てには「今日は生ゴミの日」とかカレンダーに沿ってきちんと
ゴミだししてる自分に疑問符が浮かぶときさえあります。
私の頭の中には被災地への気持ちの寄り添いもあれば
原発も事態が更に悪化すればどうなるのか。自分の地域も影響があるのではないかなどと
我欲に走った考えも浮かびます。

でも、じゃぁ、そういう考えに囚われていつまで立ち止まってればいいの?
いろいろな思いが交差してもんもんとしています。

ここに文字にしているという事は
ようやく私なりの考えは出たという事なのですがそれは書きません。
たぶん、みんなが個々に考えてることそれぞれが、全てが正しいと思うので。
じゃぁ何が言いたくて記事にしてるの?って事になりますが(汗)
たぶん「どの選択肢でもみんな正しい」…なのかな。

一生懸命考えてた割に文字にするとすごい薄っぺらな、むしろ書けば書くほど
いやらしい文章になってる気がします。
次からは(いつ書くかはいつもどおりわからないけれど)普通の記事書きます!

あ。最後にメモとして。

・大きな地震があったあと余震が怖かったので当日は子に上履きを履かせていました。
 いざ何かあったときそのまま外へ出られるようにと。我ながらいいアイディアだったと思います。
 今後の為に。

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »