« たこやき屋さん その1 | トップページ | 美女と野獣をみてきたのだ »

2010年11月18日 (木)

たこやき屋さん その2

前回の記事の続きです。→前回たこやき屋さん その1
まずはたこ焼き屋の前面

P1001628_2
 
 


P1001624_2

▲子のこだわり。何故かカッターで抜き文字を作成。
端と端が切れていない部分は最後手伝いましたが
基本的に子が文字の形を作りました。
 
 
 


P1001625_2

▲それをめくると準備中のメッセージ
「まだやってない」
ぶっきらぼうな頑固おやじの店っぽいです
 
 
 

P1001626_2

▲たこの絵、ラジオ(客寄せ)、うまいよ など宣伝文句とネオン管があります。
丸いシールは私の独断で貼ったんですが実はこれ蛍光シール。
やはり稼ぎ時の夜には必要なアイテムですよね!
 
 
 


P1001629_2

▲換気扇
 
 
 

P1001630_2
 
▲換気扇のスイッチ。回ります。
作品を見てくれている人に子が熱く作品紹介をしているときの会話が聞こえてきました。

「これはね、換気扇の温度を調整するスイッチ」
「?換気扇の…温度?」
「そう!温度」

換気扇の温度というか、会話に温度差が!(笑)

謎の機器のお話を聞いてくださった方、ありがとうございます。
 
 

P1001631_2

▲あんなにたこ焼き屋をやってみたいといっていた割には
焼き方をよく知らないらしく上からバーナーであぶっています。
 
 
 

P1001627_2

▲誰がなんといおうと たこ焼き。
 
 
 

P1001633_3

▲ソースはスパンコールです。きらきらたこ焼き♪
 
 
 

P1001632_2

▲自宅に帰ってからはポイントカードも作成してくれました。5回買いに来ると
おもちゃがもらえるそうです。

なので、一パック1000円の高いたこ焼きだったけれど、
おもちゃほしさに常連客になり、連続4回買ってみた。
よし!次買えば景品もらえるじゃん!
 
 ところが。↓


P1001634_2

「やすみ中」
その店は、その後開かれる事がありませんでした。
なんという悪徳商売!!!(怒/笑)


|

« たこやき屋さん その1 | トップページ | 美女と野獣をみてきたのだ »