« 昭和記念公園にいってきたのだ | トップページ | 去年の後ろ向き作品発見 »

2010年11月 8日 (月)

どんぐり食べてみた。

先日、昭和記念公園でスダジイを沢山拾ったので「食してみた
公園で子にスダジイをくれたおばあさんと話しているときに調理法をおしえてもらったのです

種類と調理方法によってはどんぐりは食べられると知ってはいたけれど
食べたことはありませんでした。


まず、数日干すとヒビがはいってスダジイが割れる。殻を剥く。御飯と一緒に炊く。
数日干すといいらしいけれど、こういうのは思い立ったときでないと絶対やらないと思ったので
数日待っていたらこのパッションは消えてしまうはず。
他に方法はないかとネット検索すると銀杏のようにからいりすれば良い事を
しったのでフライパンで炒ってみました。

注意事項に栗と同じではぜるのでふたをしましょうと書いてあったのですが
体内成分表の90%は「面倒くさい」でできている私という人間は、忠告を無視して
ふたをしませんでした。
数分後。
バチーン!!という結構大きい音でどんぐりがはぜたー!!(怖)
しかも腕にあたったー!あちーー!!!
慌ててふたです(笑)こわー(汗)
本当にこわー!さるかにがっせんのサルの気持ちすごい判った。

P1001565

からいりしたあと殻を剥きます。こんな感じ。
ちまちま剥きます。ああ。うちにリスとかハムスターとかいたら便利だったのに。
殻をむいているうちに親指と人差し指の爪に殻が食い込んで爪がどんどん深爪になり
はがれてイタイ。

なんとか剥き終わり、御飯に入れて炊いてみました。

結果。

食べられなくもないけど、特別美味しくもない。
ほのかーーに栗みたいな味もするけれど、硬いので(調理法まちがえたか?)
どちらかというとピーナッツみたいな感じかな?
家中で「うん。食べてみたから気は済んだ」とその後話題にもなりません(笑)

友人とメールでこの事を話していて
「まぁ、美味しかったらもっと一般の家庭にどんぐり食べる風習が根付いてるよね」というオチに
なりました。

でも、今回スダジイだったから、今度はマテバシイで挑戦してみたいなとか
密かに思ったりもしています。


|

« 昭和記念公園にいってきたのだ | トップページ | 去年の後ろ向き作品発見 »