« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

子と工作 ~失ったときに気づく

別に、昨日今日始まった事ではないのですが、子はカッターやはさみを
床に置きっぱなしにすることが多く、いつも私に怒られているのですが…。

今回たまたま旦那の虫の居所が悪く、旦那が怒って子のはさみとカッターを
没収してしまいました。

すると子は余りのショックに大泣き!
「子は…、子は…、はさみがなかったら大好きな工作ができない!
はさみは子には大切なものなのに!」

さめざめと泣き続けていました。
まぁ、床に置きっぱなしにするほうが悪いんですが(汗)
それにしても、工作道具を没収されたときのあのショックを受けている顔。
印象的でした。

その後、床に散乱していた製作過程で出たゴミやら
散らかした道具などを一人で泣きながらも必死で
綺麗に掃除して旦那に許しをこい、返してもらえました。

いつもいつも作っている割には子の作品はさほど上手ではないんですが(笑)
それでも、子にとって工作(造形)がいつの間にかただの遊びから
意味のあるものに変わってきているようです。

まぁ、工作記事としては取り上げるまでの作品ではないのですが
せっかくの工作カテゴリ記事なのでここ最近の日常的な小作品を数点。


P1001656

▲題「宇宙」
子は時々思い出したように宇宙の絵を描きたいと言い出します。
今回は、イッテQの総集編でものすごい綺麗な星空を見たからだと思います。
天の川に渡っている黒いビニールテープは、織姫と彦星が渡る、沢山の鳥が
集まって出来ている橋を表現しているのだそうです。

P1001657

▲充電器と、デコ電
これは、私がよく見ているブログ「お母さん、火って何から出来ているの?」でそこのお子さんが作った(やはり工作好き)
作品「水槽」にコンセントがついていたのを横から黙ってみていて
その後に作った「それ、頂きました!」な、作品。
個人的に電話がデコ電なのがウケました。ちなみに、シールが沢山貼ってあるほうが子専用。
シールの中に「節電」と書かれたシールが貼ってあるのが泣かせます。


P1001662

▲自動販売機
こちらはー。自動販売機。
先日の工作ワークショップで自動販売機があったので
真似といえば真似なんですがー(汗)

後からは何でも言えちゃうので後出しの言い訳くさいですが、
子は実は半年くらい前から自動販売機を工作で作りたいといつも言ってました。
そして、その仕組みをよく私に語ってました。
設計図も書いてました。ただ、子の中で(それだけでは何か駄目だ)と
感じているところがあったのか、製作まではたどり着いていなかったのです。

でも、工作ワークショップで自分より先にほとんど同じ仕組みで
出来上がった完成品を見ちゃったわけです。
子は、何故か自動販売機の工作は
ほとんど見ようとしなかったのですが(すごい良くできてるのに!)
後日これを作成してわかりました

「お母さん、俺は、自動販売機を作る。だけど、アレ(ワークショップでみたもの)と
同じものは絶対作らない!俺の仕組みは別だ!」

ワークショップでは紙幣を挿入口から入れるとその紙がジュースを押し出す仕組み。
子の案は、半年前の構想どおり、ストローで作ったボタンを押すと押されたストローが
ジュースを押し出す仕組みになってました。

Irekae

ぶっちゃけ仕組みはほとんど同じ(笑)
紙幣で押しだすか、選択ボタンで押すだすかだけの違いなんですが
本人は仕組みが違う!と言い切っていたので
「本当だねー!すごいじゃん」というととても嬉しそうでした。

たぶん、子がワークショップで自販機をろくすっぽみようとしなかったのは
小さな子供なりの、作り手としてのプライドだったのではと思います(笑)

P1001658

P1001659


P1001660

P1001661


▲定番。車
最近のブームはトイレットペーパーの芯をタイヤにした車作り。
いい加減展開図とか考えたら?とおもいますが、子は折り紙苦手ですから
折ったらこうなるとか考えたくないようで大抵1面づつ作りテープで固めていきます(笑)
戦車はストローにさして大砲の向きがくるくる回ります


|

2010年11月29日 (月)

我家の植物

朝、子がコタツに首まですっぽり入ったまま動かない。
旦那が朝の支度をしなさいと言っても動かないので
旦那は実力行使にでた。

コタツから子を引き抜いた途端

「きゃーーーーーーーーーーーーーーーーー!(寒い!)」

うちにはマンドラゴラが生えていたようです



|

2010年11月26日 (金)

インスパイア

先日の工作ワークショップに参加した人のブログをみると
その後あんなもの、こんなものを作ったと記事がアップされてたりします。

うんうん。子は一体どんなものを作るのかな。
期待を胸に、時を待っていたわけです。

すると、子が
「お母さん、みて。作ったよ♪」

P1001653
▲写真に収めるためにまとめましたが、家の中にながーーーい紙が這ってました。

P1001655
▲しかも、全てに○△○△○△…と描いてありました。

謎過ぎて何か うすら怖さまで感じる作品!(笑)
なんなの?と聞いても「うふふふふ」と笑い転げるだけで答えはなかったですが
本人が作品を見るたびに笑い転げてるのできっと面白いものらしいです!?


|

2010年11月25日 (木)

埼玉県 航空記念公園に行ってきたのだ

先日、公園スタンプラリーに掲載されていた 埼玉県の航空記念公園に行ってきました。

基本は広場メインなのですが大きくてなかなかいい公園でした。
記念館も面白かったです。

以下は記念館の様子

P1001573
▲ヘリコプターの運転シミュレーション。空いてたので思う存分できました。

P1001576
▲暗くなってしまった。

P1001583
▲これは戦闘機の中。もちろんエンジンは掛かりませんがレバーを動かすと尾翼の角度を変更できます。
そこだけとはいえ、本物の戦闘機「そのもの」が動く!これはありそうでなかなかないです。
大抵のものはボタンを押してもうんともすんともいわないので最近の子供達(幼児は覗く)は
そういう体験を一杯してるからか
操縦席とか座ろうとしないんですよ。恥ずかしがって。
これは座っていじり倒す幼児にしかわからない
こっそり穴場ポイントだと思います。

P1001577
▲自衛隊の飛行機の中。使い古された感があります。中に入ると汗と埃の…お世辞にも
いいにおいとはいえない匂いや汚れがあります。
実際に使ってたものって感じ。
そうだよね。演習とかはみんな真剣に汗だくで練習したりしてるんだもの。
汗臭いって不快っちゃー不快だけれど、一生懸命頑張っていた証とも思うと
軽い感動すら覚えました。
こういうのは図鑑からは絶対に得られないですね。

P1001581
▲ここではパイロットの衣装(上着+帽子)を無料で借りて写真撮影できます。

この他に写真にはありませんが、飛行に関していろいろ学べるコーナーがあり
これらも面白かったです。子よりも私がきゃいきゃい楽しんでたとかいう噂もあります。

広場の中にも幼児から低学年の子が遊べるような遊具の公園もあり
一日遊べる場所です。
オススメ!



|

2010年11月24日 (水)

男児と黒

どうして男児の持ち物や衣服は黒が多いのか。

判った気がした。

黒でない物も、自らの手で黒く改造するからに違いない。

P1001343

▲よくみると、筆箱の中さえも鉛筆で黒く塗りつぶされています。



|

2010年11月23日 (火)

美女と野獣をみてきたのだ

友人とそのお子さんと、私と子の4人で劇団四季のミュージカル「美女と野獣」を見てきました。
初めての「夏」劇場です。

夏劇場、ちょっと舞台が小さい?オーケストラの席が見えないなどはありましたが
さほど大きな違いもなくいい劇場でした。

友人の娘さんも子も十分楽しんでくれたようでよかった!

子は、ルミエール(ろうそく)のぬいぐるみを欲しがり買ってあげましたが
あのぬいぐるみでどんな遊びをしようと考えているのか(汗)ちょっと理解が追いつきません。

今回は行き帰りも舞台中も本当に何事もなく無難に終わりネタになるような事が
何もなかったのが残念?です。

都内に行った後、人ごみの中にいたせいなのか
子は風邪をひいて熱がでてしまいました。

子が、TVで島崎俊郎がアダモちゃんの格好をしているのが映っていたのを
デジカメで何枚も写真を撮って喜んでいるのは熱のせいだと思いたい。

---コメント頂きました。

たこ焼き記事について

たこやき美味しそう!

ありがとうございます♪

相変わらずオチがあって素敵です(笑)
砂楓さんは、本当にまめにこういうのに行ってますよね〜。

マメ!体内成分90%が面倒くさいで構成されている私が!?(笑)
マメならば…えんどう豆ならぬ、メンドウマメ!?
おあとがよろしいようで…m(   )m


|

2010年11月18日 (木)

たこやき屋さん その2

前回の記事の続きです。→前回たこやき屋さん その1
まずはたこ焼き屋の前面

P1001628_2
 
 


P1001624_2

▲子のこだわり。何故かカッターで抜き文字を作成。
端と端が切れていない部分は最後手伝いましたが
基本的に子が文字の形を作りました。
 
 
 


P1001625_2

▲それをめくると準備中のメッセージ
「まだやってない」
ぶっきらぼうな頑固おやじの店っぽいです
 
 
 

P1001626_2

▲たこの絵、ラジオ(客寄せ)、うまいよ など宣伝文句とネオン管があります。
丸いシールは私の独断で貼ったんですが実はこれ蛍光シール。
やはり稼ぎ時の夜には必要なアイテムですよね!
 
 
 


P1001629_2

▲換気扇
 
 
 

P1001630_2
 
▲換気扇のスイッチ。回ります。
作品を見てくれている人に子が熱く作品紹介をしているときの会話が聞こえてきました。

「これはね、換気扇の温度を調整するスイッチ」
「?換気扇の…温度?」
「そう!温度」

換気扇の温度というか、会話に温度差が!(笑)

謎の機器のお話を聞いてくださった方、ありがとうございます。
 
 

P1001631_2

▲あんなにたこ焼き屋をやってみたいといっていた割には
焼き方をよく知らないらしく上からバーナーであぶっています。
 
 
 

P1001627_2

▲誰がなんといおうと たこ焼き。
 
 
 

P1001633_3

▲ソースはスパンコールです。きらきらたこ焼き♪
 
 
 

P1001632_2

▲自宅に帰ってからはポイントカードも作成してくれました。5回買いに来ると
おもちゃがもらえるそうです。

なので、一パック1000円の高いたこ焼きだったけれど、
おもちゃほしさに常連客になり、連続4回買ってみた。
よし!次買えば景品もらえるじゃん!
 
 ところが。↓


P1001634_2

「やすみ中」
その店は、その後開かれる事がありませんでした。
なんという悪徳商売!!!(怒/笑)


|

2010年11月17日 (水)

たこやき屋さん その1

東京多摩市で行われた虹色教室のワークショップに参加してきました。

どういうイベントか判らない方の為に説明します。

「数行で判る ~虹色教室ワークショップ~」

 幼児から小学校低学年くらいの子供が集まって
 好き放題に工作を思いのまま作るイベント。
 時折り奈緒美先生による工作に便利なワンポイントレッスンがあり
 子供らはそのマジックにくいつき大人はうめく。
 (私はこの、先生の一瞬芸ならぬ、一瞬工作が非常に好きです)

さて。
今回、子は何故か「たこやき屋」を作ることにこだわってました。
たこやき自体は折り紙を丸めてセロテープでぐるぐる巻きにするだけなんですが、
一個作っては周辺の子供や大人に「たこ焼き屋作るんだ!」とか
「ほら。たこやき!」と得意げに見せびらかしていました。

子は普段工作を始めると本当に集中するのですが
今日は環境が違うせいか気もそぞろで場内をうろうろうろうろ。
奈緒美先生に何度も「たこやき屋がー」「たこやきがー」と情熱だけを語る!
情熱は語る事無く、表現していただきたい!

旦那はたこ焼きを焼く鉄板を担当するといいだし
(こうやって焼く機械を作りたいとアイディア自体は子の案です)
地味~に定規で測ってつくってる。
男の人ってこういうのをなかなか「適当」につくれないよね(笑)
やり始めると本気モードに入っちゃう。
まぁいいや。好きにやらせておこう。

子は途中からたこ焼きをちまちま作るよりも店を作ることに興味が行ってしまい
たこ焼きが3個しかないのに店舗設置に夢中。
しかも、屋根が欲しいという。
子は普段牛乳パックとトイレットペーパーの芯とセロテープさえあれば幸せ♪な人なので
それらを多めに持っていって今回はダンボールは小さいのしか持って行きませんでした。

そうだよね、子供ってそうなんだよ。

どんなに深く考えて準備万端と思っても
狙ったようにその場にないもの急にを欲しがる

子に「今日はお店の窓だけ作ればいいじゃん」というと
「駄目だよ。こう、人が入れないと。囲いがないと駄目なの」
屋根は家に帰ってからにしようと説得したけれど
どうしても囲いだけは譲れないらしく
会場でダンボールをもらい囲いを作りました。

工作をする時間は1時間以上あったんですが
時間ぱつぱつでぎりぎり出来上がった感じでした。

工作イベントと言うと、みんなで一斉に同じものを作る事が多いですが
この工作イベントの面白いところは、それぞれが好きなものを作成し、
完成後に各ブースを紹介、見学ツアーできるところです。
奈緒美先生が各ブース(ご家庭)を回ってみんなで作品をみたり触ったりします。

一番手が我家でした。
まだ作ったばかりで我家内でも売り買いのシミュレーションができていなく
子は店主をやるもどうしていいかオドオドしてました(笑)
お客さんの男の子に「2個下さい」と言われ
真っ白になってしまったのか入れ物も作ってあったのに素手で二個つかみ渡そうとしたものの
何か違うと思ったのか一瞬困ったような顔をしてから
船型の入れ物ではなく、プラスチックの容器に2個入れて渡してました。
せっかく用意した刷毛もソースも使っていません。あがりまくり。
おもちゃのお札をもらい、手書きのレシートを渡すという細かい芸には思わず笑ってしまいました。

2


P1001607


一番バッターという事もあり、皆様に大きな拍手を頂き、子はとても嬉しそうでした。
皆様、ありがとうございます。

今回、他のブースの写真を一杯撮らせてもらおうと思っていたのですが
立ち位置の問題や、ほぉほぉと感心している間にブース移動になってしまったりで
ほとんど写真を撮れませんでした。無念 orz

子には、他のお友達の作品をみて自分ではやらないような事を
いろいろ吸収してくれればなーと思っていたのですが、子は各作品を
ちらっと見ては蝶々のようにひらひらと自分のブースに舞い戻り
自分の工作を見てくれている子供達に得意げにブース紹介ばかりしてました。
他の作品をもっとじっくり見て欲しいのに~というジリジリした気持ちもあった反面
子が得意げにプレゼンしてる姿をみて
さっきの拍手が相当嬉しくて舞い上がってるんだなぁ(汗)
普段なかなかこういう注目のされ方しないからなぁ…と思っていると
旦那も同じ事を思っていたのか
「ちょっと調子づいてるけど、まぁ、滅多にないからいいんじゃない?」と。

虹色教室ブログを読んでいる方達ばかりでしたので
寛大な心で見守ってくださるだろうと思い
あの場では言いませんでしたが、うちの息子が生意気な発言を多々していた事や
しつこく話しかけられたなど不快に思われた方いらっしゃいましたら代わってお詫び申し上げます。

えー。で。
他のブースですが、それぞれ面白かったですねー。

写真がほとんどないのが残念ですが
しかけを使ったものが多く
子がなかなか作らないタイプの工作も沢山あったので新鮮でした。

工作タイムの途中で奈緒美先生が水道や紙皿を回転させる仕組みやダンボールハウス作成時の
ワンポイントなどをぱぱっと実演してみせたので子供達はそれらを発展させた工作を
つくっていましたねー。
子は、マイウェイなのでそれらのアイディアを取り入れよう!とかはなく、
自分のやりたいようにやってました。

P1001604
 
 

P1001610

 
 

P1001603
 
 

1

▲個人的に非常に好きだった作品!
紐をひっぱると床屋の看板(名前知らないんですが、看板でいいのかな?)
がくるくる回ります。回るものでこれを連想できるのがすごい!

ツアー中に先生が「この工作で遊んでみたい人!」などと声をかけ、みんなが盛り上がっているとき、
息子はふらふら~と自分のブースに戻ってしまい参加はしてなかったのですが
玉子パックを使ったビー玉コースターやストロー釣竿などは
ツアー団体が移動して人の気配がいなくなった時にふらりと戻ってきて
一人で遊ばせてもらってました。

その後は繰り上がりの算数の教え方や、小さい子には一桁の足し算の考え方などを
教えてくださり、折り紙を使った図形問題などを会場時間一杯まで、
本当に言葉の通り時間一杯まで(笑)教えてくれました。
(この「笑」はその場所にいた人にしかわからないのですが、図形問題が終わった瞬間
はい!おしまいです!会場から出てください~!!時間がないのでー!って感じで〆の言葉とかも
なくその時の様子は「撤収!」って言葉がぴったり(笑)
また、参加者の皆さんの退室対応も笑えるほど素早い!みんなSATみたいでした(笑)
時間一杯まで来た人の為に何かをしようというサービス精神たっぷりの奈緒美先生らしいなあと
会場からも笑いが起きてました)

ちなみに、折り紙が苦手なうちの子は簡単な折り方なのに一瞬目を離した隙に
折り紙が裏返され(裏返して折るとか、回転させてみるとかそういう推察する力が弱いので)
そこから周囲についていけず、(あーまずいなー。ぐずりだすかもー(汗)とハラハラしてましたが
周りで自分より小さい子が頑張っているのをみてさすがにぐずれないと思ったのか
本人なりに必死で周囲を見渡し同じ形を折れました。本当は折った後が本番の
図形問題なんですが、子にとっては、ぐずらず折れただけでもまぁ、頑張ったかなと(苦笑)

とても楽しいイベントでした。
奈緒美先生やお手伝いの方々、そして一緒に参加したご家族の皆様
楽しい時間をありがとうございました。

子の作品紹介は別記事で 興味のある方はご覧下さい→たこやき屋さん その2

工作イベントの日、多摩センターではクリスマスイルミネーションの点灯式でもありました。
せっかくなので点灯するまでうろうろして一足早いクリスマス気分を味わってきました。

P1001616

P1001620




私へのコンタクトはこちらから。

|

2010年11月15日 (月)

サンタにお願い

そろそろクリスマスシーズンになってきましたね。(ってまだ1ヶ月以上あるけど)

子が、おもちゃやの広告をみてめぼしいものをみつけました。

「サンタにこれをお願いしようかなぁ…」

そういうと突然床に正座をし、ドロンボー達がどくろべぇを敬うように
ひれ伏して、願い事を唱え始めました。

「サンタさん。今年はこのクレーン車のおもちゃをお願いします。
値段は997円です。100円が9個と10円が9個、一円玉が7個です。
どうかどうかお願いします」

あくまで私の感ですが、今年のサンタは夏頃欲しがっていた
レゴの大きいカーキャリア(高い)を
持ってきてくれるような予感がしてならないんですが、
本当に997円のそれでいいんでしょうか!


|

2010年11月11日 (木)

友人からのメール

たったこれだけの文章が、パソコンのアドレスに送信されてきた。
私はそんな友人が大好きです(笑)

-------------------------

━━━━一
━━━━一
   ↑
今日はポッキーの日みたいです!

-------------------------


|

2010年11月10日 (水)

まずいが美味い。

うっかりしてたら消費期限が3日過ぎた食パンが5枚も残ってしまった。
パンの耳を揚げて砂糖をまぶす…のは過去に数度やったことあるけれど
そんなに美味しいと思った事はなかったのです。

だけど、きなこ(砂糖入り)をまぶすと美味しいと最近知り、ちょうどいい機会なので挑戦。
消費期限切れてるのだから耳だけとは言わず、すべてをスティック状にして揚げてしまいます。

う。うまい!砂糖だけだと「まぁ、普通」なのに、なぜきなこだとこんなにも美味い!?
よく考えると揚げパン(きなこ)と同じものだものね。美味しいはずだ。

でも、油、食パン、砂糖、きなこ。
絶対カロリー高いよね。

そう考えると、ひじょうにマズイ(やばい)
マズイが美味い。
まずいが美味い。

ああ。まずい。本当にこれは美味いよ。とまらない!(汗)
しかも、しばらくマイブームになってしまいそうな勢いの美味さだ!
店頭に並べたら、食べるラー油と同じレベルで棚が空くんじゃないのか!?

ちなみに、子には不評でした。

こんなに美味しいのに!どこに不満が!?(怒)

そのかわり、油を出したついでに一緒に作ったレンコンチップスは大好評で
作り方を教えて。自分で作ってみたいとまで言ってました。


|

2010年11月 9日 (火)

去年の後ろ向き作品発見

子が保育園時代に描いた 後ろ向き絵本が発見されました。
全4コマ作品です。解説付きで行きます

P1001597
▲うーうー。 消防車が走っています

P1001599
▲たすけてー ピンチ!逃げ遅れた人がいます。

P1001598
▲はしご車が高層ビルの逃げ遅れた人を救助しています。

4コマ目。無事タンカにのせられてこの人は無事救助されました!よかった!前向きだ!
だけれど、助けられた時の台詞が…

P1001600
▲おれの人生終わった。


保育園時代からの後ろ向きにびっくりデス。


----
そんな子ですが、意外にも、自作のでたらめ歌を歌っているときは
おそろしいほどの美しい歌詞と曲を作り上げます。

黙って聞いていると学校の音楽で習ったのかな?とか本気で勘違いしてしまいそうです。
でたらめなので毎回曲も歌詞も違うので覚えてないけれどキーワードでは
・明日に向かって
・美しい未来
・希望と夢
・信じあえる力
などなど。耳触りのいい、言葉のチョイスが非常に上手い(笑)

で。どうしてその歌がでたらめかわかるというのは
歌に飽きてくると……

♪信じあえる力~おしりに~

そう。歌詞が突然小学生モードに切り替わるからです。

------
折り紙記事にお疲れ様コメントありがとうございますv



|

2010年11月 8日 (月)

どんぐり食べてみた。

先日、昭和記念公園でスダジイを沢山拾ったので「食してみた
公園で子にスダジイをくれたおばあさんと話しているときに調理法をおしえてもらったのです

種類と調理方法によってはどんぐりは食べられると知ってはいたけれど
食べたことはありませんでした。


まず、数日干すとヒビがはいってスダジイが割れる。殻を剥く。御飯と一緒に炊く。
数日干すといいらしいけれど、こういうのは思い立ったときでないと絶対やらないと思ったので
数日待っていたらこのパッションは消えてしまうはず。
他に方法はないかとネット検索すると銀杏のようにからいりすれば良い事を
しったのでフライパンで炒ってみました。

注意事項に栗と同じではぜるのでふたをしましょうと書いてあったのですが
体内成分表の90%は「面倒くさい」でできている私という人間は、忠告を無視して
ふたをしませんでした。
数分後。
バチーン!!という結構大きい音でどんぐりがはぜたー!!(怖)
しかも腕にあたったー!あちーー!!!
慌ててふたです(笑)こわー(汗)
本当にこわー!さるかにがっせんのサルの気持ちすごい判った。

P1001565

からいりしたあと殻を剥きます。こんな感じ。
ちまちま剥きます。ああ。うちにリスとかハムスターとかいたら便利だったのに。
殻をむいているうちに親指と人差し指の爪に殻が食い込んで爪がどんどん深爪になり
はがれてイタイ。

なんとか剥き終わり、御飯に入れて炊いてみました。

結果。

食べられなくもないけど、特別美味しくもない。
ほのかーーに栗みたいな味もするけれど、硬いので(調理法まちがえたか?)
どちらかというとピーナッツみたいな感じかな?
家中で「うん。食べてみたから気は済んだ」とその後話題にもなりません(笑)

友人とメールでこの事を話していて
「まぁ、美味しかったらもっと一般の家庭にどんぐり食べる風習が根付いてるよね」というオチに
なりました。

でも、今回スダジイだったから、今度はマテバシイで挑戦してみたいなとか
密かに思ったりもしています。


|

2010年11月 7日 (日)

昭和記念公園にいってきたのだ

子は最近自転車でのロングランが大好きなので
旦那と相談して、どんぐり拾い兼、レンタサイクルで自転車三昧しましょうと
立川市の昭和記念公園に行ってきました。

9月の終わりに、こんなのを首都圏 公園スタンプラリーみつけました。(リンク先、PDFで重いです)
東京、千葉、埼玉の大きな公園でのスタンプラリーです。期限が11月の終わりまでなので
絶対に制覇は無理なのですが、昭和記念公園が対象公園だったのも行く気になったポイント。


レンタサイクルでひたすら園内を走る!途中雨も降ってきたりしたけれど走る!
棚ボタ体質の子は立っていただけなのに突然見知らぬ人に
手作りの風車(ペットボトルで作成したもの)をもらいました。
早速自転車のカゴに取り付けて走っているとよく回って綺麗です。
他の男の子の「すげぇ!」という声を耳にして自慢げにしていました(笑)

どんぐりはスダジイを拾い放題でした。もくもくと拾っているとおばあさんがやってきて
子に両手一杯分をくれました。(どこまで棚ボタ体質なのか)

P1001559

P1001558
▲小さくてわかりづらいかな。魚を釣り上げてます。(綱がちゃんとついてる)子もひっぱってる振りしてます。

そういえば、子らしいエピソードがありました。
ハンバーガーを買うので焼き上がりをテラス席でまっているとき、
子が道の真ん中で妙な動きをはじめました。
変なリズムで数歩行進したかと思うと急に変なポーズでストップします。
5秒ほどするとまた数歩行進してはまた止まる、見ていると妙なパフォーマンサー!
私「ちょ。な、なにあれ。何してるの?道行く人が不思議そうな顔して見ていくんですけど!(汗)」
旦那「見てわかんないの?あいつ一人で、だるまさんがころんだやってるんだよ」
私「!?は!?」
そういわれてみればそんな動きですが…。
旦那「ほら。カラスが鳴くと動いて鳴き止むと止まってる」

か、からすぅ!?(衝撃)

ほんとうだ。カラスがなくと数歩動き、鳴き止むと止まってる!(旦那、観察力すごいな)

子が戻ってきたので
「子、今、何してたの?」と聞くと
「え?カラスとだるまさんがころんだしてた」

嗚呼。悲しき一人っ子よ…(哀)


|

2010年11月 6日 (土)

今年のハロウィンはこんなでした。

今年は、子が数日に分けてちまちまと折り紙を折ったのをはりつけただけです。
折り紙以外の部分は、ほとんと去年の使いまわし。

何が嫌って、子は相変わらず折り紙が苦手で
出来ないと悔しさのあまりギャーギャー泣くので
私は折り紙に付き合うのが本当に嫌(汗)

なので、この折り紙の数だけ子が泣き
私がうんざりし…を繰り返したまさに涙と汗の結晶という事だけ
つたえておきましょう。ふぅ。

P1001515

P1001516

P1001517

ちなみに、子の一番の自信作はどくろだそうです。
ようやく片付けたけれど、子はもうクリスマスツリーを出す気満々です。
ツリー、掃除するとき邪魔なんだよなぁ…。

|

2010年11月 5日 (金)

鉄道博物館にいってきたのだ

ああ。なんだかあちこちでかけているのに記事に出来ないままどんどん日々が過ぎていきます。

埼玉県の鉄道博物館に出かけてきました。
子は、トミカ(車)LOVEなので、実は電車は全く興味ないのですが
そんな子が、絵本に載っていた「明治時代初めて日本を走った機関車」の写真をみて
これを見てみたいと言ったので
「これ?鉄道博物館で撮った写真だから行けば見られるよ」と言うと
それ以来何度も思い出したように鉄道博物館で日本で初めて走った…と話題にするため
雨のある日、思いつきで出かけてきました。

私も旦那も鉄道に興味ないのでどうかなーと思ってましたが
なかなか面白かったです。
ファンではないので何度も足を運ぶかというと微妙ですが
機会があるならまた行ってもいいかな?とまで思える場所だったので、
きっと鉄道好きの人だったら本当にすごく楽しい場所だと思います。

P1001542


P1001527
▲展示の中のひとつ。どの列車もほとんどが車内に入れます。
中には天皇ゆかりの一般人は乗れない車両も展示されていました。
特別展ではその内装の一部が展示されていたり写真や画像がみられたのですが、
その装飾の見事なこと!

P1001538


P1001537
▲これはジオラマ。かなり大きく雄大です。びっくりしたのは、鉄道ファンの人達は電車の名前(忘れた)
○○が動き始めますという度に会場から「おおおぉ…」とかどよめきが起きるんですよ。
そして5分?10分?のジオラマが終わると、場内から拍手が起きたのです。
しかもスタンディングオーベーションしてる人もいる!
ジオラマで拍手をするという文化を目のあたりにし、
初めてミュージカルを見たとき曲が終わると拍手が起きるのに驚いた日を思い出しました(笑)

そして、博物館についたのが昼だったので食事を後回しにして
先に展示をみて、昼ごはんを2時過ぎに食べようとしました。
残念だったのが、売店があって、駅弁が買えたのです。その駅弁を買って
電車の車内で食べられたのですが、2時過ぎには駅弁はすべてソールドアウト!
知っていたらレストランでなく、駅弁を電車で食べたかったー!

P1001539
▲そして、子の念願の「明治時代に初めて日本を走った機関車」です。これは当時を忠実に再現した
レプリカで、そのものではないのです。それを知った子はかなり落胆。
「どうせこれは偽物なんでしょ(悲)」と。行く前にもレプリカだと説明はしてあったんだけどなー(汗)

P1001523
▲博物館前のタイル。すごい大きな時刻表になっていて面白かったです。

今回、子の行動的には特にこれといったこともなく?無難な一日でした。


|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »