« ナウシカで好きなキャラ | トップページ | クロトアではなくクロトワなのですね! »

2010年4月23日 (金)

人物画の練習

先日の記事でも書きましたが
子は人物画は苦手です。苦手なので描かないので上達もしません。
別に急かして上達させるつもりはありませんが
下手だから描かないっていう気持ちは薄くしておきたい。

無理に人を描かせることなくほおっておいた私ですが
最近ようやく絵の中にNHKの10本アニメみたいな棒人間が出てきたり
まるの目と棒の口の顔が車の窓から見えてたりする事が増えてきて
学校の自由帳には人間型ロボットがでてきたり人を描いてみようという意欲が見えてきました。
その小さな火種を消さないように

「下手な人物画が喜ばれるシーン」を作ってみました。

じゃじゃーん。これです。これ。

P1001223


小さい頃やったよねー。
「じゃぁ、目は1から3番でどれがいい?」っていう福笑いゲーム

あなどるなかれ。このゲームには
・顔のパーツとして何が必要か覚えられる(子は耳とか鼻とかときおり省いて描いているので)
・見本を見ながら描くのでお約束的描き方も練習できる!
・そしてなにより、下手な絵、変な絵の方がウケる

人物画が苦手な子にぴったりのゲーム。
案の定ノリノリで、自分でも表を作ってました。
そして自ら「ねぇ、からだとか足とかのパーツも描いてよ」と。にやり。
子でも描ける(普段描いてる)棒のような手足のほかにさりげなく指5本のパーツも
混ぜておいて私の番の時にわざと変な姿になるように番号をいい、指の時だけ
5本指のパーツの番号をそらっとぼけていってみると
「え(汗)指つきかぁ(汗)しょうがないなぁ…」とぶつぶついいながら指のある絵を
描いてました。成功(笑)

一回やったところですぐに描けるようになるわけではないですが
ポイントは本人は練習と気がつかず遊べたって事です。


|

« ナウシカで好きなキャラ | トップページ | クロトアではなくクロトワなのですね! »