« りっくんランド | トップページ | 遺伝 »

2010年2月12日 (金)

ビデオ禁止令

子は言われた事をまーったくやりません。
そういう特性なのだからもう諦めればいいんでしょうが
諦めて済むことではないのです。

なんせ日常生活が回らないのですから。
朝、パジャマから着替えてといってもやらない。
朝ごはん食べてといっても食べない。
歯を磨いてといっても磨かない。
出掛けるから靴はいてと言っても履かない。
帰ってきて着替え、食事、風呂、ハミガキ
ぜーーーーんぶ言ってもやらない。
寝ることだって黙ってれば11時半過ぎても起きてる。
(さすがに11時半まで頬って置く事はほとんどないですが)


のらりくらりで全然ものごとが前に進まない。
この社会は時間で区切られている事が多すぎて
そういう世界で生きていくには非常に大変な性格の持ち主なのですね。

その日も食事に1時間半くらい掛けながらだらだら食べ
風呂に入ろうという誘いにもビデオ見てからと子がうだうだ言ってました。
なのでビデオ一本(30分)見たらすぐにさっと風呂に入れるか?と約束をして
見せる。(でも、私にはたぶん風呂にはいろうとしないのはわかってましたが)
約束の30分が過ぎて黙って様子をみているとやっぱりアクション起こさない。
20分経っても動かない。そのうち能天気に「もう一個ビデオみる」とかほざいてるので
判りやすい態度で無視。
子は約束を忘れてる訳ではないので
「お母さん、お風呂に入らないから怒ってるの?」とか聞いてきて
(あたりめーだろ、タコ!)もう内心怒り絶頂。
「入るよ、入るから!」
(とっとと入れよ!)
だけれど、そんな状態でも子は「入るよ」といいながら動かないんですよ。ふぅ。
更に10分経過
その間ずっと「入るよ、入るから!」を連呼。
最終的に私がキレ
「入るからじゃなくて入れ!動け!実行しろ!」と怒鳴りつけました。腹の底から。
たぶん大声コンテストで上位入賞できるほどに。
子はびっくりしてワー!と泣きながらも「入るよ、入るから!」といって動かない。
ああ。憤死しそう。

で、ようやく風呂に向かったのですが
私の怒りは収まらず
「くそっ!こんなビデオがあるからいけないんだ!」と
風呂に入る前に子用のビデオ(アニメ)ぜんっっつつぶ消去してやりました。フン!

そして私が後から風呂にはいると子は慌てて頭洗ってる振りしてました。
どうやらはいったものの中で遊んでいたらしい。あああああ憤死しそう…。

「今ね、全部子のビデオ消したから」
「え!なんで!」
「約束守れなかったから」
「!!!」
そしてまた大泣き。私は無視。
「もうしないよ。約束守るよ」
「あっそ。でも消えたビデオはもうないから。次回から頑張りな」
大泣き。
「それだけじゃないよ。しばらくビデオ撮るのも止めたから。
あなたはビデオがついてない時だってやること遅いのに
ビデオがあったらなお更動けないでしょうが。
悔しかったり悲しかったりするなら一生懸命どりょくしな。
頑張ってたらまたいつか撮ってあげるよ」
子はめそめそしながらもうなずきました。

ビデオの電源のところに

「子はいう事を聞けなかったので
しばくらビデオはとりません。
レスキューファイヤーとスポンジボブだけは
可哀想なのでとってあげます。
子も反省しているのでしばらくがんばったら
またビデオをとってあげます」

とひらがなとカタカナだけで書いて貼紙しました。

最初の数日は「ビデオみるぅ」と
ビデオに駆け寄り張り紙みて「あ…そうだった」と
しょんぼりしてましたが
最近は諦めついたらしくブロックとか工作とか
絵本とかで時間潰してます。
知的遊びが増えて怪我の功名(にやり)
しかも、そうとう堪えたらしくここ最近
食事や風呂への移動が我家比でかなり短縮されています。
相変わらず着替えだけは何度いっても駄目なのですが…。

「また少しビデオに近づいた?」と念仏のように
いってます。頑張っているのでもう許してあげてもいいのですが
メリットが多すぎてもうしばらくこのままとぼけていようかと
思っているのでした。


|

« りっくんランド | トップページ | 遺伝 »