« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

竪穴式住居を見に行くのだ

カテゴリ増やしました。なので、タイトルもパパちっくになりますのだ。


と、言うわけで竪穴式住居がみられると聞いたので多摩市にある縄文の村に行ってきました。
りっくんらんどに続いてここもまた無料です。
縄文式土器と、少々の石器、あとは触ってみようコーナーがある小さな資料館と
竪穴式住居が3つみられます。

体験コーナがなかなか面白かったです。

これは縄文式土器パズル(笑)
子をほおりだし夢中になって夫婦で作りました(笑)

P1001145

これは火おこしの道具。これは舞切り式。
弓型もありました。私は弓の方がやりやすかったな。

P1001150

これは石器でどんぐりをすりつぶす体験

P1001151

これは粘土に模様をつけてみる体験。これも個人的には面白かった。

P1001144


後、縄文チックな服を試着できたりします。

そして目的の竪穴式住居

P1001153


P1001154


↑この石畳こそが本物の「跡」
上の藁は綺麗に刈られていてかやぶき屋根って感じでしたね。
本物はもう上から掛けっぱなし状態だったと思うのでちょっと手を入れすぎと思いました。

当時は中で焚き火をしていたらしいというものの中にはいると煙でいぶされちゃって
居住性悪し!昔の人は大変だったんだなぁ

1時間もいれば見終わっちゃう場所ですがなかなか楽しかったです♪


|

2010年2月27日 (土)

ナイスボケ

平日休んで郵便局に行かないといけない事がありました。
どうせ休むのでもう2時間単位でいろいろ予定突っ込んで
ぱっちぱちなスケジュール。

朝一番に郵便局に行くとすでに何人も待ってました。
思わず口から本音が

「うわ…すごい、ライバルいるよ」

すると子が

「ライバル?ライバルって何?」

(あ、しまった…聞き流そう)と黙っていると

「ねぇ、ライバルって何?………ガス屋?」

「それ、ライバルじゃなくて ライフバルだし!!!!」

脊髄反射で裏手突っ込み入りました

ツマブキと信長のCM→ライフバル



|

2010年2月26日 (金)

掃除とは

先日、友人がうちに遊びにきました。
訳あって仕事のある平日の夜だったのですが
前日に必死で掃除してたわけです。(もう当日の朝なんて無理だから)

すると子が

「お母さん、なにやってるの?」

「友達が来るからさー。取り繕わないと!」

といいながら荷物を持ってうるうろしていると、

「それ、隠 す の !?」

「そう!隠 す の!」

この家には「片付ける」という言葉は存在しない…。


|

2010年2月24日 (水)

好き勝手させすぎ?

工作においては、本人が作っているときは好き勝手に放置しているのですが
最近子の作品のスケールが大きくなってきました。

う。まずい。うちの中ダンボール屋敷。

ダンボールをいくつも連結させたキャンピングカー。
作品紹介すると白の大きなビニールは寝袋らしいです。
ま。これなら部屋の幅取るだけなので
まだいいんですが…

P1001136

例えばこんなの。
巨大な家。なんですが。何この一面雪景色(汗)
ちなみに作品紹介すると入り口に貼ってある水色のテープはつららだそうです。

P1001137

いくらなんでも好き勝手させすぎだっただろうかと部屋中のワタを集めながら自問自答中。



|

2010年2月23日 (火)

迷走

子は、一体どこに向かって走っているのか…。
 

P1001135
 

 



|

2010年2月21日 (日)

苦悩

子が頭を抱えて悩んでいます。
「う~ん…駄目だ…いや、待てよ?あー、やっぱなぁ~。う~ん。う~ん」

P1001127

一体何事かと覗いてみたら…

P1001128

誕生日のプレゼントを「ハイパーブルーポリス」「キャリアカー」
どちらにするかで悩んでいたそうです。


そんな子も、おかげさまで6歳になりました。


|

2010年2月19日 (金)

子の必須アイテムにいたずら書きがしてあった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アバウト。

P1001133



|

2010年2月18日 (木)

我家のむしかご事情

久々に我家の虫かご事情。

秋のお彼岸に旦那の実家にいったとき、
子が庭の地面を掘り起こし

なんだか判らない幼虫を何匹も捕まえてきました。
本人はカブトムシだといいはるんですが
そこまで大きくありません。
現在、オスの「クワガ君」(クワガタ)と一緒のカゴにはいり
春を待っています。一体何が成虫となって出てくるのか謎なので
若干不気味です…。

そして、現在水槽には金魚と旦那が買ってきたエビの他に石巻貝?(たにしっぽい奴)が
何匹か加わり2つの水槽が狭くなってきました。

そんな頃…金魚が産卵し、孵化しちゃいました!(衝撃)
えー!と思いながらも孵化したならやっぱり育ててみたい。
旦那とあれやこれやしながら数日世話しましたが死んでしまいました。
うーむ…。来年こそは…。


|

2010年2月16日 (火)

似たもの同士

カップのプリンを食べながら部屋の中を移動をしていたら
子に怒られた。
「お母さん!食べながら歩いちゃ駄目でしょう!(怒)」
う…。はい…。ごもっともですネ。
「ごめんなさい」といいながら子の方を振り向くと

子はヒーターの前で苺を手づかみで立ち食いしていた。

お前もだ!(怒)


|

2010年2月15日 (月)

オススメ本 番外編

ときおり溜まったら書いてる「最近読んだ本」ですが
とりあえず番外編で書きたいので。

いやはや。ちょっと前にも書きましたが、
私は絵本はいいとして児童書は立ち読みくらいじゃ
その本の良し悪しが判らないと書きました。
でも、それは違ったなって話。

最近私がすごく気に入ってる本屋があるのですが…
そこはともかくおいてある絵本のセンスがいい!いいというか私好み!
売り上げ上位ランキングばかり揃えてる画一的な感じではないのがいい!
ちなみに絵本いがいの専門書も滅多にない分野も揃ってるので非常に面白い本屋です。

で、そこでいろいろ児童書の立ち読み中
後頭部ガーン!みたいな本に出会いました。

西遊記です。西遊記っていっても一杯ありますが
私のガーン!はこちら。


最初の数ページを読んだだけで絶対この本は面白い!
書いてあることは小さい子には難しい表現あるけど絶対面白い!
判るんです。

そう、私は児童書なんて立ち読みぐらいじゃ本が面白いか判らないって
書いたんですけど、児童書にもあるんです。立ち読みで
「これは面白くないわけない!」と判る本が。

だけど、子には若干難しいかもしれない…
しかも7冊でてて今だなお続いてるらしい。うむむ…
なのでチェックだけしていつか通販で購入しようとその場では買いませんでした。
じたくで忘れないうちにその本の評判を調べたら
読んだ人がほとんど高得点をあげてました。評判も上々!
なくなったら嫌なのでとりあえず2冊だけ購入しちゃいました。

これ読み聞かせるのはえらい大変そうだけど
すごい楽しみです!

そしてもう一冊。絵本じゃないのですが幼児用の工作の本です。
これまたセンスがいい!
そこらであるもので幼児でもつくれる何かを作ろう♪じゃないのです。
そこらであるものでインテリアを作ろう♪なのですよ。
幼児用のインテリア本なのです。
なっかなかこういうのないですよ!ぱらぱら見るだけで内容は頭入っちゃうんですが
作者さんにもっとこんな素敵な本を出し続けてもらいたいと思ったので
購入させていただきました。

2冊めっちゃオススメです。


|

2010年2月13日 (土)

遺伝

子が
「子、実験をやってみたいんだー」と言い出しました。

よく、子供の好奇心は育ててあげてくださいとか聞きますよね。
だからいい親を演じてにっこり聞きましたよ

「うんうん。どんなこと?」

「子ね…、床にシートを広げてぇ、扇風機をまわしてー
上から水を掛けて水が前に飛ぶのかやってみたいー」

電化製品に水掛ける(汗)!?

「ご、ごめん…む、無理です orz」
いい親になれませんでした(笑)
しっかし、実験っていうか、なんだよ、それ。
どういう脳の構造なんだか(ぶつぶつ)

それから数日後、旦那にそれを話しました。

「そんな事があってさー。電化製品に水って感電でもしたら…無理だよねぇ(笑)」

「だよなー。それにあれやると水は前だけじゃなくて横にも
後ろにもすごい飛ぶからなぁ。部屋中水が飛ぶしなー」

「…へぇ、ずいぶん詳しいね」

「え?だって、俺、それ子供の頃やったことあるもん。
すっげぇ後で怒られたけど(笑)」

どういう脳の構造なんだか>間違いなく遺伝だ!遺伝!(汗)


|

2010年2月12日 (金)

ビデオ禁止令

子は言われた事をまーったくやりません。
そういう特性なのだからもう諦めればいいんでしょうが
諦めて済むことではないのです。

なんせ日常生活が回らないのですから。
朝、パジャマから着替えてといってもやらない。
朝ごはん食べてといっても食べない。
歯を磨いてといっても磨かない。
出掛けるから靴はいてと言っても履かない。
帰ってきて着替え、食事、風呂、ハミガキ
ぜーーーーんぶ言ってもやらない。
寝ることだって黙ってれば11時半過ぎても起きてる。
(さすがに11時半まで頬って置く事はほとんどないですが)


のらりくらりで全然ものごとが前に進まない。
この社会は時間で区切られている事が多すぎて
そういう世界で生きていくには非常に大変な性格の持ち主なのですね。

その日も食事に1時間半くらい掛けながらだらだら食べ
風呂に入ろうという誘いにもビデオ見てからと子がうだうだ言ってました。
なのでビデオ一本(30分)見たらすぐにさっと風呂に入れるか?と約束をして
見せる。(でも、私にはたぶん風呂にはいろうとしないのはわかってましたが)
約束の30分が過ぎて黙って様子をみているとやっぱりアクション起こさない。
20分経っても動かない。そのうち能天気に「もう一個ビデオみる」とかほざいてるので
判りやすい態度で無視。
子は約束を忘れてる訳ではないので
「お母さん、お風呂に入らないから怒ってるの?」とか聞いてきて
(あたりめーだろ、タコ!)もう内心怒り絶頂。
「入るよ、入るから!」
(とっとと入れよ!)
だけれど、そんな状態でも子は「入るよ」といいながら動かないんですよ。ふぅ。
更に10分経過
その間ずっと「入るよ、入るから!」を連呼。
最終的に私がキレ
「入るからじゃなくて入れ!動け!実行しろ!」と怒鳴りつけました。腹の底から。
たぶん大声コンテストで上位入賞できるほどに。
子はびっくりしてワー!と泣きながらも「入るよ、入るから!」といって動かない。
ああ。憤死しそう。

で、ようやく風呂に向かったのですが
私の怒りは収まらず
「くそっ!こんなビデオがあるからいけないんだ!」と
風呂に入る前に子用のビデオ(アニメ)ぜんっっつつぶ消去してやりました。フン!

そして私が後から風呂にはいると子は慌てて頭洗ってる振りしてました。
どうやらはいったものの中で遊んでいたらしい。あああああ憤死しそう…。

「今ね、全部子のビデオ消したから」
「え!なんで!」
「約束守れなかったから」
「!!!」
そしてまた大泣き。私は無視。
「もうしないよ。約束守るよ」
「あっそ。でも消えたビデオはもうないから。次回から頑張りな」
大泣き。
「それだけじゃないよ。しばらくビデオ撮るのも止めたから。
あなたはビデオがついてない時だってやること遅いのに
ビデオがあったらなお更動けないでしょうが。
悔しかったり悲しかったりするなら一生懸命どりょくしな。
頑張ってたらまたいつか撮ってあげるよ」
子はめそめそしながらもうなずきました。

ビデオの電源のところに

「子はいう事を聞けなかったので
しばくらビデオはとりません。
レスキューファイヤーとスポンジボブだけは
可哀想なのでとってあげます。
子も反省しているのでしばらくがんばったら
またビデオをとってあげます」

とひらがなとカタカナだけで書いて貼紙しました。

最初の数日は「ビデオみるぅ」と
ビデオに駆け寄り張り紙みて「あ…そうだった」と
しょんぼりしてましたが
最近は諦めついたらしくブロックとか工作とか
絵本とかで時間潰してます。
知的遊びが増えて怪我の功名(にやり)
しかも、そうとう堪えたらしくここ最近
食事や風呂への移動が我家比でかなり短縮されています。
相変わらず着替えだけは何度いっても駄目なのですが…。

「また少しビデオに近づいた?」と念仏のように
いってます。頑張っているのでもう許してあげてもいいのですが
メリットが多すぎてもうしばらくこのままとぼけていようかと
思っているのでした。


|

2010年2月10日 (水)

りっくんランド

事業仕分けでちょっとスポットライトを浴びたりっくんランド
ちょうど最近、子が戦車に興味があったのもあり
無料のうち(?)に出かけてきました。

子がそもそも戦車に興味を持ったのは「こどもの国」に出かけた時
道すがら見かけた自衛隊のトラックをみてから。
その時は「へぇー!」「はじめてみた」と言っている程度だったのですが
それが脳で熟成されて半年掛かって興味が表面にでてきたのです。
あ。ちなみに上記は推測でなくて、子に聞いたのです。
なんで最近急に戦車戦車言ってるの?って。そうしたら高速でみたから…って。
子供の脳って面白いですね。

場内はさほど広くないので1~2時間で帰りましょうかて感じになりますが
内容はなかなか面白かったですよ。

まず場内全体写真。これで全体なのでさほど広くないのが判るかな。

P1001112

こっちは外の展示。私にはどれも似たようなものに見えますが(笑)
数は結構あって好きな人にはたまらんと思います。
大きくて立派。興味ない私でも側でまじまじみられるってなかなか機会がないので
面白かったです。

P1001102

館内では自衛隊の服を無料で1時間貸してくれます。全体着てる人もいたけれど
普通に申し込んだら上着しかなかった…言えばズボンも貸しえもらえたのかな…
でも、子は満足してたのでまーいっか。
自衛隊バイクが気に入って3,4回乗ってました。

P1001107

こちらは今回イベントとしてあった、自衛隊トラック。これに乗って駐屯地内を1周ぐるっと回れます。
もちろん試乗!

P1001116

こちらは外で戦車をみていたら、自衛隊員においでおいでをされ
おそるおそる近寄るとこんな格好をさせてもらえました。
掛けているサングラス。普通に見えますが銃弾があたっても
割れない特殊サングラスなのだそうです。すごいですね。
この着ているものは判りませんが館内に体験として防弾チョッキやら
リュックやらを背負えるのですが平均15キロくらいあるんです。
みんなあれを背負って動いているなんて本当に体力ないとやってられませんね。
P1001115

他にトン汁食べたり、3Dの映像をみたり、フライトシュミレーションをやったりと
気がついたら3時間その場にいました。
無料と考えれば日帰りで気楽に十分楽しめるいい場所です。

帰ってきたら旦那と子でブロックで戦車を作ってました。
なかなかいい感じ。

P1001119



|

2010年2月 8日 (月)

お米v

正月の話ですが、年明けすぐにMY母と米米ライブに行ってきました♪
ちょっと前に行ったばかりだったのでそんなにすぐで楽しめるかな?と
思ってたのですが思っていたよりじゅうううぶん楽しめました。

ラストのボーナスショータイムで天井から真っ白い風船が沢山降ってきました。
私達の席はちょうど沢山降って来てゲットできました。
私はただ「わーい!ゲットー」と喜んでただけなのですが
MY母がいくつかの風船をもっていない人の方向に投げました。
MY母から投げられた風船をもらった女の子がすごい嬉しそうな笑顔をして
その自然なMY母の行動に感動。そっか、そうだよね。
私もいくつか風船のない方向へぽんぽん投げました。
MY母はそういう優しいところがあったりします。いい奴です。
ふと他を見回すと他でもそういう光景が見られて
なんだか幸せな気分でJust youを聴きながら風船振りました。


|

2010年2月 7日 (日)

LK

先日すっごい久しぶりにLK観に行ってきました。
私は(子供が産まれたらあれをしよう、これをしよう)とかいう
夢?はあまり持ってないのですが唯一
「子供にLK。またはBBをみせてあげたい」っていうのがありました。

でも、高いお金を払うのです。途中退席なんて絶対嫌だし(自分が観たい)
親子観劇室(防音部屋)からみるのも極力避けたいし…
仮に静かにみれても内容が判らないとか興味ないとかそういうがっかりな結果も嫌だったし
だとすると子が周囲に迷惑掛けなくなる年齢、内容をきちんと理解できる年齢までは
やめておこうという結論になり
LKが千秋楽になるのが先か子が精神的成長するのが先かとずっと
タイミングを探してました。

そしてとうとう決行!
観劇もそうですが、四季劇場行くまでの電車も結構緊張なのですよ。
子供は飽きちゃうしねー。最近は座れれば寝ちゃえばすぐ!と理解したのか
眠ってくれるのでありがたいのですが、子供を座らせるって事に賛成しない人もいるので
長時間子供を座らせてるのはなーんとなく肩身が狭いときもあるんですよね。
まぁ、割り切るしかないのだけど。

劇場につき、オーケストラをみせて、今日聞こえる音楽はこの人達が演奏してくれる事を
説明しました。
それからとりあえず通路側を子に座らせる。
もちろん何が起きるかは知らせず。
舞台が始まり通路にでかい像が通った瞬間、子は「うわぁお!」って叫んでました(笑)
子にはうるさくしたり他の人の迷惑するとお姉さんが来てあの部屋に連れて行かれちゃうんだよ…と
ちょっとばかり大げさに怖い事態になるといってあったので子は最後まできちんとみれました。
そして、前の席に3歳くらい?の男の子がいたのですが舞台が始まり
「こわいー!」と2回大きめの声を出しただけで本当にお姉さんが防音室へ誘導してました。
後で聞いたのですが子はその状況ををみて「!!!(ほ。本当だったんだ…/汗)」と思ったそうです(笑)

数年ぶりだったのですが、曲も演出も衣装も微妙に変わってたりして
へーって感じでした。気のせいか全体的に曲のテンポが若干早かった気がします。

子の感想は「ふぅん」みたいな感じではありましたがとりあえず「また観て見たい」とも
言ってました。ふぅんな態度が生意気だったので次回があるとしたら
いつかBBの再演が東京でやったら…かな。

全体的な感想としては平日だったせいか、いろいろな部分でちょっとぬるい気もしましたが、
その日はカーテンコールも8回くらいあったし子の初観劇にはまぁよかったのかな。
めでたし!


|

2010年2月 5日 (金)

もうちょいしたら

もうちょい?したらまたぽつぽつ書き始めます。
結構いろいろあったのに
書く間もなく日々が過ぎ去り脳内からきえてゆくぅ~…。

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »