« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月17日 (日)

さぁ才能(じぶん)に目覚めよう

さぁ才能に目覚めようという本、以前から気になっていました。
WEBで性格テストができるIDがついている本です。
本はどうでもよかったのでID欲しさに1600円だすのもなぁ…と
しぶっていましたが、何故か今年になり急にやってみたくなり
ええええい!と購入決断!
平日、保育園に子を迎えにいったその足で本屋に直行。
おお、あったあった。
IDは1回しか有効でないらしいので、まずぱらぱらと立ち読み。
どこにIDがあるのか書いてある一文をひたすら探しIDのありかを発見。
なるほどね。と納得し、買おうとしたけれど疑り深い私は、ふと

(これ、立ち読みした人が番号だけ控えてこっそりID使ってたらどうなるんだ?)

疑心暗鬼になり買うのを止めました。

自宅に戻り通販でレビューみたら
いたー!本屋で買ったらIDが無効だった人。
数人の人がネットで新品買ったほうがいいと助言。
あぶねー!
私の疑り深さが役にたった!ばしっと新品通販購入。

そしてテストを受けてみる。

本を読んだ人にしかわからない話題ですが
私の気質上位傾向の強いものから順に5つです。

戦略性
内省
慎重さ
責任感
着想

うーん。自分で想像したまんまが反映された答えだなー。
でも、想像したまんま=戦略と内省(徹底的に考え抜く性格)から来てるのか?
私にとっては当たり前の結果すぎてちょっとつまらん。
もっと「えー。私ってこんななの!?」と驚いてみたかった。
(着想はちょっと意外でした。収集心が着想の変わりだったらもっと納得いくのにな)

で。あらためて5つをまるっとまとめると

「疑り深く、虎視眈々と裏で物事を進める」性格って事ですよね。(笑)
我ながら恐ろしい性格です。

そしてふと書店での出来事を思い出す

(これ、立ち読みした人が番号だけ控えてこっそりID使ってたらどうなるんだ?)
戦略、内省、慎重さ、上位3つまんま当てはまってる~(笑)


|

2010年1月15日 (金)

見せたい携帯写真

その1
今年もばんぺいゆを買ってみた。
でかー!子の顔よりでかいです。
そしてまたランニング姿。まぎれもなく1月の写真です…。

P1001089

その2
ジュース販売機に普通に米が売ってるとは(衝撃)
しかも銘柄が戦国武将名!
P1001092



|

2010年1月11日 (月)

脱出ゲーム

子の今のブームは「脱出ゲーム」です。
Neutralというサイトを
私が教えてもらい、私もMISTとか大好きだったので一人で激はまりしてたわけです。
すると子が何やってるの?と首突っ込んできて…
私がプレイしてるのは大人用で子ではまず最後までは解けないのですが
マウスを奪い取ってひたすらクリックしてました。
同じサイトにあるプチゲーム(クリスマスのおまけゲーム)がある事に気がつき
それが子にとってめちゃくちゃ面白いらしく、本当に本当に何度も遊んでます。

よく寝食を忘れて…とか言うけれど子の場合「おやつも忘れて」です。
これ、すっごい事なんですよ。ゲームを許した日は本当におやつも食べ忘れて
夢中でクリック。
何がそこまで子をひきつけるのか!?


|

2010年1月 8日 (金)

東京電力

東京電力?のCMで

「話は無しって話です♪」というフレーズを聞いた子が

しばらく考えてから

「つまり…話は一切聞いてくれないっていう意味か?」と一人でぶつぶつ真剣に解読してました。

つまらない奴…。


|

2010年1月 7日 (木)

写真アップしそびれその3

かぼちゃの煮物作成中、ふたを閉めてたつもりが空いていて
ものすごい勢いで焦がした

P1001063

六都多摩科学館の柱が円柱で細く見えるような鏡になってた。
ありえないスレンダーになれたので記念に自分を撮った。むなしい(笑)

P1001054

|

2010年1月 6日 (水)

粘土工作

アップしそこなった写真その2

化石発掘の数日後

粘土で化石を作成してみました。

跡はトミカのタイヤで作成。
あーあ。トミカの溝に粘土入り込んじゃったよ

▼アンモナイトです

P1001044

▼こちらの作品はシダです。

P1001043

▼…こちらの作品は…ぎゃー!!まるごとバナナならぬまるごと手鏡!しかも不気味!!

P1001049


|

2010年1月 4日 (月)

交友!

旦那が休日に仕事が決まったので
子と2人で公園でもいくか…と考えていたら
MY母からナイスタイミングでメールが来たので
「今度の休み公園に行くけど暇なら一緒しない?」と
誘ったら快くOKしてくれたので大きい公園まで
行って来ました。

広い公園なのであっという間に時間が過ぎました。
子も近い年の友達と遊べて楽しそうでしたv

帰りの車の中で子がつっまらないギャグを
連発していて、Yちゃんが優しいのでいちいちウケて
くれるんですよ。で、それを何気なくお礼いったら
Mちゃんまでお付き合いで子のギャグに笑ってくれて
2人はやさしいですな。
でも、冗談抜きで言ってることがつまらない上にワンパターンなので
Mちゃんは途中で「ねー、面白くないけど」と急に冷静に(笑)
でも、Yちゃんは最後の最後まで子をたてて笑ってくれました。

ちなみにYちゃん。子に年賀状送ってくれました!ありがとう~。

Yちゃん子より一学年下なのにりっぱなひらがな書きますね。
子よりうまいです!りっぱなひらがななので名前はしっかり読めたのですが
残念な事に文章は解読できませんでした。(ひらがなはどれも読めるんだけど
文章として判読できませんでした/ごめん(笑)
でも子は
「Yちゃんはまだ小さいんだから読めなくても許してあげようよ」←えらそう!子はYちゃんの年齢にこんなに書けなかったよ!
まぁ言いたいのは小さいのに頑張ったのだからいいじゃないかといいたいのでしょう。

------------
昨日のコナンの格好に2人の方からコメント頂きました(笑)
ありがとうございます(笑)
ローカルで再放送していた時期があったのですよ。
旦那が懐かしい!と録画したのをきっかけに子も一時期みていたのでした。
あまりに我家では普通の事となっていたので突っ込みを書くのを忘れてましたが
「なんで家の中にあの長い本物の木の枝があるのか!?」


|

2010年1月 3日 (日)

最近読んだ本

じごくのそうべえ
★★★★

子が珍しく買ってくれと頼んだ本。子が欲しいという本は大抵重機とかレスキューの
図鑑系なのでふたこと返事で買ってあげました。
中身は関西の言葉で書かれた落語。関東の人間が読み聞かせしてるので
たぶんすっごいいい加減なイントネーション!?
でも内容は子にはヒット!確かに子供にはウケル内容だよなぁ。


らっかせい
★★★
古本屋で1冊50円というセールやってたので購入。
いい本なのに子にはいまいちの反応でした。

みのむし
★★★
こちらも古本屋で50円♪
実はこの本読んだ後みのむしを発見しまして。
みのをむくとすぐ自分でみのを作るよ!みたいにかいてあったので…
むしっちゃいました。9月の下旬だったせいか動きが悪く
再生成できませんでした(滝汗)ものすごい罪悪感。

飼育と観察
★★★★
図鑑です。なんか、子よりも、旦那が夜に一人でよく見てます。


宇宙
★★
子が宇宙の質問を結構するので買ったのに全く興味なし。


むしたちのえんそく
★★★
むしたちのうんどうかいのシリーズ。うんどうかいがすごい良かったので
発見したとき即買いしましたがうんどうかいのほうがよかったかなー。
でも、絵が好きなので問題なし!


ちゃんとたべなさい
★★★★★
面白い!ネットで買った割に店番してたかな?な疲れた本が届いたのですが
内容は面白かったです。
感想:ママ、口先だけの約束にも程がある!(衝撃)&娘、どんだけ豆が嫌なんだ
子も気に入ってるようで結構リピートされてます。
今回のイチオシです。


もりたろうさんのじどうしゃ
?(私は読んでないので★不明)

会津旅行で立ち寄った化石博物館が古い小学校を改造した場所で休憩所に図書室の本の一部が
置いてあり、子がもりたろうさんのじどうしゃを見ていたので(車の絵だったから?)買ってみました。
そして興味があると判っていたのでわざと突っ放して
「あのさ。これ、お母さん読まないから子が読みたかったら何日掛けてもいいから一人で読んで」
と、言ったらその日のうちに読むといいだし
結局20分くらいで一人で読んじゃいました。逐次読みなので内容理解はどんなもんかね?と思い
どんな話だった?と聞くと見事に一連の話を話してくれました。
うん。これなら読みに関しては大丈夫でしょう。

続時の迷路
★★★
時の迷路シリーズ。うーん。着々とうちにシリーズが揃っていきます。
個人的にはオススメではあるものの結局目新しさが薄れてきたので
★3つ。子には相変わらず好評です。


おこめのひみつ
★★
稲刈りにあわせて買ってみたけど、子、全く興味なし。
たぶん本の存在すら忘れてます。
内容はおおざっぱ(手を抜いてるのではなくて想定されてる対象年齢が低い)
で、読んだとき子の(これだけ?)みたいな拍子抜けした顔が忘れられません(笑)
お米の本ってあんまりない事に気がつきました。


ちか100かいだての家
★★★★
100かいだての家が好きなので予約までして即買い!
相変わらず可愛い絵本だったのですが、
地下で暮らす10種類の生き物の選択に若干苦しさがあり
「地下」と題したからには個人的にちょっと残念。
とはいえ、100かいだてのいえと比較してしまうから
残念とか軽く言っちゃった訳で、ひとつの作品としてみれば
手を抜く事無く描き込まれた感じは前作に比べて劣ってませんし
やはりいい絵本という事に変わりはありません!
地上がそら君で地下がくうちゃん。名前が音読み訓読みで同じとは
しゃれてます。

ぞうのエルマー
★★★
有名なので買ってみました。
いつも思うのですが子はこの手の話は嫌います。
話の中に悲しいシーンがあってはならないようです。
エルマーも別に誰にも嫌われてはいないのですが
「自分だけ違う」とかそういうちょっとでもじめっとした部分や
誰かが誰かに何か言ったとかやったとかのシーンが
ある本は大抵リピートしてきません。


エルマーのぼうけん
エルマーとりゅう
★★★★


エルマーシリーズ。
実は私、困ってます。
絵本はワクワクしながら吟味してるんですが
今後絵本から児童書に移行するとワクワク選べない…。
私は比較的読書好きですが(比較的がポイント。通ではない)
児童書時代はほとんど本を読んだ記憶がないのです。
そりゃ、本は嫌いじゃなかったので読んでましたが
子供心に児童書ってつまらないと思ってたんですよね。
記憶に残ってる本って数少ないなぁ。
なので今後どんな本を子に与えてあげるべきか全くわからない!
絵本ならぱらぱらぱらーと読めばいいけど児童書だと
面白いのかどうなのかすら立ち読みでは判らない!やっかいです。
そこで本の帯に「5歳」からと書いてあったのでエルマーシリーズを試し購入。
私自身はエルマーはたぶん読んだことないと思います。
一気に読むには長いので章ごとに読むことに。
寝る前に1章読んで「つづくー」というのを続けてましたが
どうやらこれ、シリーズとはいえ3冊読まないときっちり終わった感が
味わえないもよう!や、やられた!
子自身は結構はまっているらしくエルマーのぼうけんを読み終わった後に
続きの本を買ってくれとせがんできたので買いました。
私自身は面白いかと聞かれるとよくわからないのが本音です。
ただ、エルマーを読んでひとつだけ判ったことが。
子の児童書は今後、冒険物を選んで読んでいけばいい!と気がつきました。
ただし、まだまだ絵本も現役です。

そして、2年間購読した「かがくのとも」はおしまいにします。
本屋でチェックしておもしろそうなのを見つけたら買う事にします。


そんな自分は2009年はようやく数冊本を読めました。
今更ながら浅見光彦シリーズを3冊と京極シリーズを1冊、「慟哭」と「容疑者Xの献身」と
「鴨とアヒルのコインロッカー」と後なんだっけ?題名忘れちゃった。
題名みても判るとおり「驚きたい!」がテーマでした。
でも、どーれも途中でからくり判っちゃうんだよなぁ。一時期はまった乙一も
(乙一は大抵驚けたんだけど、長期記憶にあまり残らない事に気がついて
最近は買っていません。)口コミで買ってるんだけど身構えて読んじゃうから
裏読んでしまうから驚けないのか??
今は会社のえらい方から頂いた「謀略法廷」読んでるのですが
なんだかこれも先がわかる気がして上巻でとまってしまってます。
思うに最後まで読んだら凹む気がしてます。(笑)
会社のえらい方は私によく本をくださるのですが、本格的な海外の探偵物なんですよねー。
本を頂く度に気に掛けてくれてる事が嬉しいのですが
私はミステリー派というか驚きたい、だまされたい派、
迫り来るどきどき感を味わいたい派(←このジャンルでは貴志祐介作品イチオシ)なので
しっとりとした大人の探偵物はなかなか読み進まず
せっかくの好意をむげにしているようで心苦しくもあります。
2010年も引き続き驚きと騙され感と迫り来るどきどきの本を読んでみたいです。


|

2010年1月 2日 (土)

未来少年コナン

今年もどうぞよろしくお願いします。
今年は大きな変化がいくつもある年になりそうですが
今年もマイペースに更新続いたり途絶えたりとそんな感じで
やっていきます。

正月なのでなんだか載せそこなった写真を掲載してみます。

冬の格好ではないと思うのですが先月の出来事です。

未来少年コナンの格好だそうです。

P1001069

豚を木の枝につるし豚の丸焼き中。うーん。コナンぽい(笑)

P1001071

-----------------
子が新聞を持ってきて得意げに

「子、漢字読める 中国(ちゅうごく)」

P1001075


「あってる。あってるけど、そんなのどこで覚えたの?」

「自分で発明した」

子は確かに「中」だけは読めます。
何故なら「工事中」とか大好きな重機の周りには沢山書いてあるので。
でも中国は読めないだろう

「んな訳ないでしょ。保育園で誰かに教わった?」

「違う。正解は 他は全部国の名前でしょ?
で、これは「中(ちゅう)」だから絶対中国と思ったわけさ」

お見事!w(@o@)w 


|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »