« 多摩六都科学館 | トップページ | 手紙 »

2009年12月13日 (日)

ふたご座流星群

今日13日はふたご座流星群が一番沢山みられる日ですね。
突然思いつき行動する無鉄砲の我家は13日だと次の日会社で大変だけど
12日(昨日)なら見られるのでは!?と旦那がいいだし
突然出かけてきました。
急に決まったので子も昼寝とかも何もしてない状態だったし
12日は見られて10時以降という話だし、
連れて行っても子は夢の中で見られないのでは?という
かなり怪しい状態で出発。
出発…?え?どこへ?
そうです。急に「行く」と決めただけでどこに行くとか決めてない(汗)
最初は極力近場でと考えたのですがやはり住んでる場所では明かりが多くて駄目。
雲もあったし。
旦那と「暗い」「木がない」「車とめても危なくない」でターゲットはゴルフ場か牧場だろう!と
いう事になり、清里に場所を設定。

子には場所に着いたら起こすから…起こすよう努力するから…とりあえず寝ておいて!といい
子は子で「もし起きなかったら?(汗)」と心配してました。
確かに一度夜寝たら深夜に起きるのは子供じゃ難しいかも…
正直にいう!「起きなかったら?…起きなかったら仕方ないのでお父さんとお母さんだけみる!」
子「!!!」

↑こんな酷い言葉がでたせいか
11時くらいに途中サービスエリアで休憩を入れようと車を止めたら子が自ら「着いた?」と
目を醒ましました。

そこが甲府昭和の側だったので
トイレ休憩のついでにいつも子は見ることができない甲府昭和の夜景をみせて
あげることが出来ました。

そこからしばらく走り、私は雲の様子を気にしてそらを見ていると
「!ながれた!」すごい大きいのが見えました!
すっごいどきどきしたけど子が騒ぎ出しそうだったので
おそるおそる
「今、見ちゃった」というと案の定子は「ずるい」と怒ってました(笑)
結局途中で起きた子は現地に着くまで寝ずに頑張っちゃいました。

最初考えていた場所はあいにく雲で星が見えなかったので
途中星が見えていて車のとめられそうな場所まで戻りました。
意外だったのが星をみにきてそうな人が全然いなかったこと。
もっといい観測ポイントがあるのかもしれないです。
時間的にここまできたら今更子に寝られると起きられないと判断し
じゃがりこを渡す!「好きなだけ食べなさい!」「わーいv」

観測ポイントに着いたのが11:45。
レジャーシートも持っていったけど底冷えしそうだったので
椅子をだしてマフラー、ニット帽、手袋、下半身寝袋という装備で鑑賞開始
側に温度表示板がありましたが2度でした。さぶー。
見上げるので首が寒いの。見る人はマフラーが重宝しますよ

やはり住んでる所より見える星の数が全然違う!
綺麗です。子は「宇宙みたい」と言ってました。

おおおおおお。流れる流れる~。
遠路はるばる見に来てよかったー
1時間で20くらいみたのかなぁ??私は途中で数えるのを放棄しました。
子も30分くらいは集中して子も10個くらいはみたかな?
旦那は見方が悪いのか視力のせいなのか10個未満でした

1時過ぎまで鑑賞して帰ることに。
側にコンビニがあったのでトイレをかりつつ買い物。
夜中の1時にコンビニで駄菓子を物色している幼児…(滝汗)
店員にはどう思われただろうか。

寒かったけれどなかなか楽しかったです。


|

« 多摩六都科学館 | トップページ | 手紙 »