« 外出できないし | トップページ | 化石発掘 »

2009年11月18日 (水)

そういえば


そうだ。時間のあるときに書いておかないとまた忘れてしまう!

ちょっと前の記事で子が太陽の周りはどうして暗いの?という疑問をもったと書いたのですが

食事中

記事を読んだ方が丁寧に教えてくださいました!

-----
私たちが見ているのは光の反射なので、反射する物質が何もないところは光りません。
(何も見えません)
たとえば宇宙空間のような場所は。

太陽はあれ自体が内部で核融合を起こして、光と熱を出していますよね。
人間の目はその光を見ているわけですが、
地球と同じく、光を反射する太陽の回りの物質がなくなれば、何も見えなくなります。
(太陽の回りも真っ暗です)

ちなみに、太陽は波長約500ナノメートル前後の光をいちばん放出しているのですが、
人間の目が感じる光(可視光)は、400~700ナノメートル前後の光で、
なかでも特に感度がよいのが500ナノメートル前後だそうで、
これは、人間の目が、太陽の光のスペクトルに適応するように進化してきたから
だと考えられているそうです。

---------------
一応疑問を記事にするまえに自分なりに検索はしたのです。
「太陽」とかそんなキーワードで。
だけれどなかなかヒットせずでした。

頂いたメールから光、反射、宇宙とかそういうキーワードで再検索したら
上記と同じ意味の文章がいくつもヒットしました。
あー。検索するキー自体がまちがってたのねー。

なので上に掲載されているメールの抜粋は正しい回答です。

わざわざ時間をさいてまで教えて頂いて
すっごい嬉しかったのですぐさまお礼記事にしたかったのですが
なんだかんだで忙しい時期だったのでのびのびになってしまってました。
ほんとうにありがとうです!


|

« 外出できないし | トップページ | 化石発掘 »