« 4日目(最終日) 若松城と会津村 | トップページ | プチネタ »

2009年10月24日 (土)

稲刈り体験

今年はなんだかんだとバタバタしていて「狩る!」を極める暇がなかったのですが
たぶん今年潮干狩り以来の「狩る!」稲刈りに行ってきました。

稲を刈るのは私も旦那も初体験。
田んぼには案山子が一杯!

P1000974

最初に稲刈りに慣れている方たちの説明を受けてからはじめます。
子は長靴を持っていたのですが、ぬかるみに長靴をとられてしまうという事で
小さい子ははだしになったほうがいいといわれました。

なので子ははだしでおそるおそる田んぼの中へ。
水が抜け切ってなくて、この時期もう水は冷たいらしく
(親は長靴のままだったので冷たさが良くわからない)
あちこちで子供の「つめたーい!(泣)」と泣いてる声が。
子も「冷たい!やだ!やめる!」と騒いでいました(汗)
なので水が退いてる部分を見つけてそこからスタート。

のこぎりがまだったのでちょっとひくとすぐ切れました。
私もやってみたのですがなかなか気持ちいい!

一家族にかま一つだったのですが
うちら全員「刈りたい!」なので隙あらば
「ちょっと貸して!」と奪い合い。
子はともかく楽しかったらしく真剣。
幼児だけれど、1時間半位真剣に取り組んでました。

P1000976


P1000980

途中、田んぼの中から子の大嫌いなクモが出てきて
慌てて田んぼから出て
「もういい。子、やらない!クモがいるから(怖)」
確かにはだしなのに足もとにクモ(足をいれるとたぶん3,4センチ)が
這ってたら私でも嫌だ。
なのでもうかなり頑張ってたので
「いいよ。じゃぁ、子はもうおしまいね」といい
残りを私と旦那で刈っていると子はしばらくの間
みんなが楽しそうに稲刈りをしている田んぼをみつめてました。
少し時間をおいて
「わー。たっのしー♪クモなんてもうどっか行っちゃったしなぁ♪」というと
子は「どこか行った?うそ?」
「んー。ほんと。どっかいった。でも、またそのうち(稲の中から)出てくる」
すると、子が両手を拳にして
「!子!いい!やる!クモいるけど、稲刈り楽しそうなんだもん!」と決意して
自ら田んぼに戻ってきました。
内心(うわー。チャレンジャー!あのクモ、さっき他の子供の足のぼってたのに。
私だって裸足だったらきっと嫌だと思うのに)と驚きましたが
余計なことは言わずに続けさせました。
稲がだんだん減ってきて刈る人を減らさないと危ないという注意の中
子は止めず、とうとう、最後の一株も係の人が手を出す前に子が刈り取りました。
係の人に
「よおし!最後の一束はボクが刈ったな!」と声を掛けてもらえて
満足げでした。

P1000982


終わった後の田んぼにカエルがいるとかで慌てて見に行った子は
見事田んぼにしりもち!うわーどろっどろ!
いつも荷物になっても着替えを持ってる私ですが
何故か今日に限って長靴持参!に気をとられて一切着替え持ってませんでした。
な、何故!田んぼに入ったらしりもちつくなんて容易に思いつくだろうに。自分!
自分が不思議でなりません。
まぁ、仕方ないので用意されていた水場でズボンごと洗いました(笑)
天気良かったので比較的すぐ乾いたのが不幸中の幸い!

今回、かまでは怪我をしなかった子ですが
予想外の怪我をしてしまいました。
いつもコンビニでお昼を買って食べるのが我家のパターンですが
今回は「稲刈り」だったので
おにぎりと簡単なおかず(本当に添え程度)を持参していました。
「さっき刈った稲がおにぎりになるんだよー」などといいながらの食事も終わり、
ごみをまとめるのにアルミホイルに使い終わった爪楊枝を
包んだのですが…それを子が…何を思ったのか手に握って
何かギャグをいいながらアルミホイルごと手を地面に叩きつけた!

もう、本当に一瞬の出来事で
私が「子、それに爪楊枝入ってるから気をつけな」といおうとしたとき。

ブスッ!

と、いう、鈍い音が聞こえました。

「あ!(汗)子!!!手をみせて!」

うわー
手のひらに爪楊枝がぐさっと垂直に刺さってるー!

子も手をみて一瞬固まり、何が自分の身に起きたか理解した次の瞬間に
「うわー!!!」と半狂乱に泣き叫びパニックに。
本人は抜かれるときもまた痛いって思ったんでしょうね。
そんなん刺さったまま暴れて転んだらもっと大変。
旦那と2人で子を押さえつけ私が爪楊枝を抜きました。
(ひっぱりぬいたとき、なんともいえないすごい嫌な感触でした…)
たぶん1センチくらいの深さで刺さってたと思います。
幸い手のひらの一番肉厚の部分で関節とかでなかったのがよかった(汗)
御飯を食べる前に手を洗ったとはいえ、よりによって泥触った後に深い傷かー
破傷風とか怖いよなぁとか思っていると
旦那がその傷にてぴかジェルを塗りこんだ。
えー!?大丈夫なの?それ!
血もでなかったのでバンドエイドで傷を保護しておしまい。

子は痛さでギャーギャー泣いて(まぁ、今回ばかりは泣いても仕方ないので
黙って抱っこして落ちつくまで泣かせました)
「どうしてお母さんあんな中に楊枝なんて入れておくの!」と
何度も私を責めてました。
20分ほど凹んでいた子ですが、ソフトクリームを食べ、大好きなモルモットと30分
ふれあいようやく元気になりました。

ときおり熱や手の周辺に熱持っていないか腫れが酷くないかをみてたけれど
とりあえず病院に行くほどの事態ではなさそうです。

危険はあちこちに潜んでおります。


|

« 4日目(最終日) 若松城と会津村 | トップページ | プチネタ »