« 近況! | トップページ | 大阪 観光編 »

2009年9月16日 (水)

2人旅 移動編

予告でも書きましたが
ある用事があって子と私の2人で大阪まで出かけることになりました。

今回、行楽ではなかったので
大阪に住んでいる、ネットを通じた友人に大阪方面に行くことを
告げるべきか本当に前日まで迷ってました。
きっとたとえ短時間でもいいから久しぶりに逢いたい、
子くんにも是非あってみたいとか言ってくれるような人です。
でも、やーっぱり子がいたら逢っても子にふりまわされて
収拾つかなくなるのはわかりきっていたし
いくら相手が大丈夫!と言ってくれても私が気が気でないはずなので
最終的にお忍びで大阪にいきました(笑)

お恥ずかしいことながら新幹線って数度しか乗った事ないので
チケットのとりかたやら乗車までの手順やらを人にききまくりました。
(まず8月の記事が途絶えた辺りからもう頭は新幹線に乗って大阪に行く手順で一杯でした)
私が数度しか乗ったこと無いくらいですから
もちろん子は新幹線初体験です。

今回乗ったら次はいつあるかわからないから新幹線体験として
せっかくなので駅弁も買ってあげたい。
とりあえず新幹線のトイレに無意味に入っておきたい。(小市民)
たかが新幹線でもノルマ沢山です(笑)

今回指定席を買ったのですがお金の都合もあるので子は私のひざのうえ。
窮屈このうえ極まりない!
最初はものめずらしさでワクワクしてた子も30分もしたら
あきてしまったし、駅弁も良く考えたら子が膝の上にいる時点で
食べられない事にきがつきました。ひいいい。
しかたないのでカツサンドを買って食べました。
途中から子はぐずりだし隣の人に迷惑なのでいかに気をそらすかで必死。
もーーーーー大変な新幹線でした。ああ。帰りもそうなのか…(憂鬱)

ようやく新大阪につきました。
先に用事をすませないといけない!
と、いうことで更に電車をのりついだある駅でボストンバックをコインロッカーに。
身軽って素敵vv
ようやく用事をすませて次は大阪駅にあるホテルまで移動しなければならない。

どうでもいい話ですが、関西の方が突然ふらっと東京にきたとき
「新宿」と「原宿」という似たような駅名をうろうろしたら混乱したりしないのでしょうか。
私は思い切り「新大阪」と「大阪」に混乱しました。

必死で電車の行き先表示を眺めてると子がうるっさいんですよ
「おかあさん。ホテルいくの?」
「そう」
「もういくの?」
「そう!(イライラ)」
「どこにあるの?」
「うるさい」
「荷物とるの?」
「あのさぁ!お母さんいま必死なの!ちょっと黙っててよ!(怒)」
「でも、荷物…」
「だーまーってーーーー!!」

ひいひいの思いで大阪駅についてあれ??となる。
「あ…ボストンバック…。!!!あーー!子、もしかして
さっき言ってた荷物ってコインロッカーの荷物忘れてるって言ってくれてたの?(汗)」

子、激憤ですよ

「そうだよ!(怒)だから子、言ったのに!!!お母さんのせいだ!」
「…ごめん。もどる」
「だからいったのに!あーあー!(怒)」
5歳児に説教をくらいながらまた電車に乗りなおす。最低。

ようやく荷物をとり、大阪駅にもどってきました。

一言言わせて。

大阪駅周辺、なんじゃありゃ!

ただでさえ方向音痴の私には大阪駅周辺はもはや富士の樹海。

ホテルまでの地図はあるのにまったくわからない。
ここからはわかる人には「あー。あそこねー(笑)」と判る内容かとおもいますが
大阪駅の前に大きな歩道橋があるんですよ。で、道が3方向くらいに分岐してるんですが
私は真ん中の道に行きたかったのですが、歩道橋の上からみても
その真ん中へいける道がないんですよ!
まず、そこで「はぁ!?」ですよ。

とりあえず片側に下りて真ん中にいけるように信号使って歩いてみる。
へ???道行き止まりだし!
じゃぁこっち。へ?あれ?うそ。あう?
たぶん数ヶ月分の「?」使い果たしました。
横でひたすらふりまわされてる子も不安になってきて
「どこにいくの?」「まいご?」「ホテル?」
うるさいうるさい。ボストン重いし、もう汗だくだく。
途中で人に聞いたりもしたのですがどうしてもたどり着けない。
チェックインを40分過ぎてしまいホテルに電話。
電話でナビゲートしてもらいながらようやく到着しました。
後で聞いた(判った)のですが、
大阪駅の側にある会社のビルみたいな中に入っていくと
地下に通じてて中が巨大な地下通路になってるんだそうで。
徒歩5分なのに20分くらい放浪してしまいました。ふぅ。

さて、ホテルに到着するまでに
・慣れない新幹線と用事でヘロヘロだった
・ボストンバックを取りそこない大阪駅と目的地を2往復した。
・迷子になった。

もうこの時点で私の思考回路はオーバーヒートしてたのですが(汗だくだし)
ここでもうひとつ事件が。
フロントが3Fだったのでエレベータで移動しました。
チェックインを済ませて鍵を受け取り、子がエレベータに乗り、私も…と乗ろうと
思ったその瞬間エレベータのドアが閉まってしまいました。

あれ?と思いもう一度ボタンを押すけれどドアは開きません。

あ!そうか!

子は中にいるけれどどうしていいのか行き先ボタン押さないから中で動いてないんだ!
ええええええ!

もう最初から頭がオーバーヒートしてる状態だったので
何がどうなっていてどうすればいいのかぴんと来ない。

「子!子!なんかボタン押して!」
上下ボタンを連打する私。
それでもうんともすんとも言わないエレベーター!
私がフロントに「あの!子供が中に入ってしまってどうすれば…」と説明していると
ドアが「み~っ」と開きました。
「子!!!」
フロントの人にお礼と謝罪を言って恥ずかしさのあまりにそそくさとエレベータに
のりこみました。
子に事情を聞くと

「あのね。ドア閉まっちゃってどうしようかなぁと思ったの。
そうしたらエレベータが下がってね、ドアが開いたの。1階に戻っちゃったから
子は出ないで、3階のボタン押したの。そうしたらお母さんがいたー」

「そ、そうだったんだ。よく泣かずにがんばったねぇ。でも、どうして3Fって
判ったの?」

「えー。だってお母さんがエレベータ乗ったとき「3階か」って言ったから」

そうなのです。子は私が独り言でいった3Fを聞いて覚えてたのです。
こりゃ参った。私よりよほど立派だわ(滝汗)

いつもは子の事をネタにして笑ってますが、この日ばかりは
子を胴上げしたい気分でした。

さて、次の記事は大阪でのむりやり観光編です!


|

« 近況! | トップページ | 大阪 観光編 »