« たいやき | トップページ | 非常食 »

2009年8月13日 (木)

子の災難

6月の半ばくらいから
子がときどき「歯が痛い」というようになった。
7月の頭に定期健診を予約してあったのでそのまま放置。
7月の検診時にそれを伝えたのですが
子が痛いといっていたのはすでに治療した歯でした。
歯医者に軽く流されてしまいいいのだろうか…と釈然としないまま
帰宅。
更に数日後。子が
「お母さん、子、わかった。痛いのは歯じゃなくて歯茎!」
5歳児に歯茎という言葉を使われなんだか可笑しい。
とりあえずどれどれ…とみてみてびっくり。
な、なんだこりゃー!歯茎が大粒納豆より一回り大きいサイズに腫れあがってる(汗)
歯医者に連絡して急遽みてもらうことに。
すると歯茎にばい菌が入って腫れているとの事でした。
膿みを持っていて切らないといけなくなったのですが、お泊り保育の前日だったので
お泊り保育が終わってから切ることにしました。
ところがお泊り保育が終わった次の日に切るまでもなく膿がでてきてしまったので
そのまま切らずに出る分だけ絞りました。

そして次の日、子がハイチュウを食べていると
「お母さん、なんか、石みたいのが入ってる」というので出させると
今度は別の歯が折れて欠けてしまいました orz
子の歯は一部形成不全なのでもろく虫歯になりやすいとは知っていましたが
虫歯にもなっていない歯が欠けてしまうとは(汗)
永久歯こそ形成不全でない歯が生えてきますように…。

更に次の日。
着替えを嫌がる子を捕まえようようとしたらタックル状態になり
子が前のめりになって顔面を床に強打してしまいました。
まぁ、私のせいなんですが。
で、下唇を切ってしまい口が腫れてしまいました。

なんだか口関係に非常についてない子なのでした。

ちなみに膿のでている歯茎は歯の根の治療をしないと
いけないとかで更に削り、しばらく通院が必要になりそうです。がくっ。


|

« たいやき | トップページ | 非常食 »