« そうだ、シュークリームをつくろう | トップページ | 予知夢? »

2009年7月10日 (金)

子の虫さされ予防講座

お風呂の鏡が曇って絵がかけますよね。
子が急に講師になりたくなったらしく
曇った鏡に指で図を書きながら↓な話をしてくれました。


「今から、何故顔は虫に刺されないかの
実験を始めたいと思います。
では、ごゆっくりお聞きください」

「はぁ」

「いいですか?人間には顔がありますよね?
もし虫に刺されるとおでこにたんこぶが出来ます。
場合に寄っては死ぬこともあります」

「死ぬんですか!」

「はい。では、ここで問題です。
人間に顔は必要でしょうか?」


「死ぬのは困りますが顔は必要だと思います」

「正解です!」

「でも、死にたくありません。
もし虫に刺されたらどうすればいいんですか」

「逃げて下さい」

「刺されて死ぬなら逃げる前に刺されたらどうするんですか!」

刺される前に逃げて下さい。それも車の中に。
車とはそういう役目の為にあるんですねー」

「知りませんでした」

「しかも、虫の早さに勝てるのはデコトラだけです。
チカチカのライトで虫はまぶしくて追いつけません
あ。でも、昼間は無駄です。夜しか駄目です」

「そうだったんですか…」

5歳児の講座は支離滅裂



|

« そうだ、シュークリームをつくろう | トップページ | 予知夢? »