« レゴのよさが判らない… | トップページ | キッザニアに行って来ましたーその2 »

2009年5月 3日 (日)

キッザニアに行って来ました1

ずーっと(私が)憧れていたキッザニアに行って来ました♪
名目は「子も楽しいだろう」ですが内心は
「許されるなら私がやりたい!」って感じでずっと行く機会を狙っていました。
でも、キッザニアは土日の空き待ちは4,5ヶ月先まで埋まっていて
予約をする段階で面倒になるというか諦めてしまうというか。
ところが3月の終わりにふと予約表をみると5月の頭が空いている!
そうか、学校は休みじゃないから平日扱いなのですね!
たった2ヶ月待ちでいける!これはかなり私を興奮させました。

でも、平日=朝の通勤通学ラッシュのおまけつき。
以前、子の病院(都内)通いで子連れの通勤ラッシュの大変さを痛感していたので
旦那に相談して車で行きたいのだけど…とお願いして無事予約!
ただ、車で行っても渋滞はあるので結局早く家をでないといけないし、
なにより、親はただ待つだけなのに
両親分の入場料を払わないといけない。これはもったいない限り。

朝9時から体験できるのですが私達が8時30前に着いたときは
もう長蛇の列!どうやら早くついて早く中に入場し人気の体験に
まっしぐら!が基本のようでした。

私達が入る頃にはもうみんな順番待ちをしていて
おろおろしているうちに大変なことになりそうだったので
とりあえず子がやりたがっていた工事現場が眼の前にあったので
「これだ!」と並ばせました。
工事現場はあまり人気がなく、初回にもぐりこむことができました

ここで出来るのは壁(外壁)組み立て、水道管つなぎ工事、
そして「クレーン作業!」

もちろん子はそれがやりたかったわけです。
子には事前に「一人で並ぶんだよ、何でも自分でやるんだよ」と言い聞かせてあったので
知らない子達と一緒に頑張って並んで待っていましたし
体験が始まっても直立不動でお姉さんの説明を聞いていました。

さて、ここで、仕事の分担が始まるのですが
クレーン作業が出来るのは8人中2人。
それぞれ希望を挙手していくのですが
最初にお姉さんが「外壁工事をやってくださる方はいますか?」
すると予想外に4人が手を挙げる!
周りが手を一斉にあげたので子はびくっ!とし、一瞬手をあげかけたのですが
思い直して手を下げました。(よし!よく耐えた!)
次に配管希望者をつのるとたった一人。
そう、二人しかやれないクレーン作業に希望者が3人いたのです。
キッザニアは子供の仕事場ですから、「じゃぁ、3人でやろうか」とかはなりません。
「だれか配管やってくれないかな」等と自発的に移動する子を探します。
子はまたもや一瞬たじろぎましたがここでも耐えました。(ナイス!忍耐)
そして、民主的にくじ引きで決める事になり、
子は熱いその情熱でクレーン作業をゲットしました

P1000634

さて、このキッザニア、(小声で)聞くとちょっと恥ずかしくなるような英語の勉強?が
できたりします。恥ずかしいというのは、うーん。無理やり英語を使わせるというか…
まず、挨拶は「グッドイブニーング♪」クレーン作業も「上下左右」をそれぞれ「UP!UP!」
「DOWN!DOWN!」などといわせるのですね。しかも、バリバリカタカナ英語で(笑)
いいよ、普通に日本語で(汗)

でも、子供は純粋なので子も「あっぷ!あっぷ!あっぷ!」など必死で大声張り上げてました。

P1000641

左下に子がいます。一生懸命クレーン作業をしております。
この間30分、親は写真撮るかボーっとするかになるわけです。
まぁ、私は旦那と一緒だったので旦那とこんなに邪魔されることなくゆっくり話せたのは
久しぶりだったので退屈って事はなかったですね。

旦那は子煩悩なので「みてよ、あんなに頑張ってる…」とちょっと感極まってました。だめだ、こりゃ。

初のお仕事体験が終わり、8キッゾ(単位)のお給料をもらった子は
高揚した顔で走ってもどってきました
「楽しかった!!」
うむ。連れて来てあげてよかった。

そして次に子が選んだのはオートバックスの自動車メンテナンス。
これを選んだのは失敗でした!内容というよりも、ちょうど前のグループが
始まったばかりに並んでしまったので前のグループが終わる30分は
ずっと待ちなのです。しかも、何故かオートバックスの人気がなく、
隣のガソリンスタンドには行列待ちがわんさといるのにメンテナンスは
子ただ一人。ヘタすりゃ人員割れですよ。
子は30分ひたすらぼーっと椅子に座ってました。
最後の10分くらいになりようやく二人増え、始まる時間に呼び込みをし
一人追加で入りなんとか子の順番になりました。
子は30分待ちですが、親は子のやってるのも待ってないといけないから
1時間待ちですよ!(汗)
しかもオートバックス遠いので何を会話してるのかもさっぱりわからず
カメラも遠くてよく撮れず…
子も待ち時間で集中力を全て使ってしまったらしく、工事現場のときのような
直立不動で話を聞く様子もなくふらふらふにゃふにゃしてましたが
それでもいざタイヤ交換になると真剣にこなしてました。

P1000649_2


親も疲れてきましたー。
その2に続くー。


|

« レゴのよさが判らない… | トップページ | キッザニアに行って来ましたーその2 »