« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

にんじんで軽い危機感

先日スーパーで泥つきにんじんが安かったので買いました。
家でそれを冷蔵庫から出していると子が

「おかあさん、それなあに?」

「え?にんじんだよ」

「えー。だってそればっちいじゃん。にんじんはぴかぴかでしょう?」

一瞬頭が白くなりました (@_@;)

「あのさぁ。にんじんってどうやってとる?」

「え。よいしょ、よいしょ、すぽーんってとる」

「だよねぇ!?土から抜いたんだから土ついてて普通だよね。むしろ
こっちが正しい姿なの!」

衝撃でした。畑から抜くということを知っていても
抜いたら土が周りについてるって事を知らなかった…。

知らないというよりそもそも土から抜くとどうなるって事を
理解してなかった!

確かにスーパーでも絵本でもにんじんはピカピカ。
良く考えると絵本のさつまいも堀りのシーンですらサツマイモは抜いた瞬間ピカピカの場合が多い。
絵本での知識ばかりが先行して子は耳年寄りになってるような気がする。

なんかよくわかんないけれど…このままではよくない!

と、思った出来事でした。

|

2008年9月24日 (水)

じんましんその後

数週間前に、子がサンマでじんましんが出たと書きました。
はっきりとは判らないのですがその後のアレルギー検査の結果やら
じんましんの出かたの感じからいって、どうやらサンマでじんましんが
出たのではなく、何かのウイルスに感染してでたものらしいといわれました。
その後サンマも食べたけれど大丈夫です。
(アレルギーテストでも反応でなかった>サンマ)
そのかわり、ハウスダストとダニのアレルギー反応がかなり強くでてました。
ああ。掃除なんて兼業では一番後回しになる部分。
子には申し訳ないなぁ…(汗)

そのじんましんから数日後。子の書いた絵

題名「じんましんだらけの子」

P1000335


更に数日後の会話

P1000338


私「子!みてごらん!雲が羊みたいだねぇ!」
「うわー。ほんとうだー。じんましんみたいに一杯だねぇ!」

|

2008年9月19日 (金)

感心するのは「即実行」

岩井俊雄さんのサイトにひょんなことからたどり着いて
記事をほとんど一気読みしてしまった。(全部ではなく、興味ある記事だけだけど)
いやぁ…面白い。(笑えるとかそういう意味ではなくて育児的に。暮らし的に。)

いわいさんちweb

現在(2008.9時点)TOPページにあるスイカとか花火のところを読んで
ピンとこなかった方にはそれ以上続けて読んでとはいいませんが
(あ。この人(考え方)面白い!)と思った人は過去記事を読むとかなり面白いです。
この人の面白そうだと思ったら即やってみる、作ってみるっていう
行動力が読んでてドキドキします。
ちなみに花火は早速真似て作りました。


ちなみに笑えるって意味で面白いので時折チェックしてるのは松田賢二のブログ。
松田さんのファンと言う訳ではないけれど…いや、嫌いでもないけれど。
むしろブログ読んでから好感度バリ3だけど。
好きとか嫌いとか関係なく面白いんです。文章が。
この人食えないわー。食わんけど。

松田賢二オフィシャルブログ

|

2008年9月10日 (水)

録音されてた言葉

ちょっと前のしまじろうの付録で
「ひらがなマシーン」というのがありました。
ひらがなを押すとその文字を音声で録音できるおもちゃです。

そのひらがなマシーンを使った母親の感想とかが雑誌に載っていて
「子供が”お母さんだいすき”と録音してくれました」とか
そういう事が書いてあったりしたんですが子はそういうのは
一切うちません。その代わり「なぜっ!」というような
言葉を録音してあってかなりずっこけます

今日も子がそのおもちゃで何かを真剣に録音してました。
濁点の操作がややこしいため思うように出来ないらしく何度も何度も
やりなおしてました。

後で一体何を真剣に録音したのかなぁと再生ボタンを押すと

「た・ん・が・か・ら・ん・だ」

痰が絡んだ!?


「なぜっ!」

|

2008年9月 9日 (火)

ぽにょは信じないが、空飛ぶほうきは信じる

先日、子が怒ってました

「ぽにょってさ、魚に見えないよね!魚ってお顔が三角なのに
ぽにょはまん丸だしさ…。時々足も生えるでしょう?そんな魚いないよねぇ!?(怒)」

うわー。あえて誰も見て見ぬふりしてた部分を正面から言い切っちゃったよ!

なんて現実的。

その次の日。

「あのね。保育園でね、先生がほうきで空を飛べるって言ってたの。
だから、やってみたんだけどね、(ジャンプして)これっくらいしか飛べなかったんだよ。
お母さん、どうやれば飛べるの?方法を教えてよ!」

なんて非・現実的!
昨日ぽにょを全否定したのと同一人物の台詞とは思えない!

なんか朝から面倒だったのでとりあえず、

「よし!まずはほうきに上手にまたがれるように練習しとけ!」とアドバイス

「よし!わかった!」と張り切ってました。

現実とファンタジーを行き来している子なのでした


|

2008年9月 7日 (日)

おもちゃは数が多いと面白い?

子のおもちゃについて最近なんとなくわかってきたことがあります。

面白いおもちゃそれは「数の多いもの」

別に数を数えるとかそういう為でなくて…
例えば最初に感じたのはブロック。
子は最初正方形と長方形のブロック20個くらい?を持っていましたが
ほとんど遊ぶことはありませんでした。
確かに大人が付き合って遊んでいても面白くなかったです。
私は(四角ばかりじゃ何もつくれないじゃん…しかもタイヤがないと
子が好きな車を作れないし)と思い勇気をだして学研ニューブロックを購入。

基本セットとか手ごろなのもあったのだけど
タイヤパーツがほしかったので「たっぷりセット」とかいうのを買いました。
たしか8千円だったか…もっとしたか…ともかくなんでブロックってこんな高いのさ!と
買うまでに2日くらい迷って購入した記憶が。
でも、これがビンゴで!今でも子が一番遊んでいるおもちゃです。
大人も多少は面白い。形の種類もさることながら

数があるのがいいんです。

子と遊んでいてもお互いにパーツの残を気にせず遊べるし
大物も作れる。そして一番重要なのが

気分が盛り上がってきたところでパーツが足りなくなって作品が完成しなかった…という
モチベーション下がるような事がなくなった! これです。これ重要です!

次にヒットだったのが磁石
実は我が家には子のおもちゃとして磁石が60個くらいあります。
は?って感じでしょうが(笑)
旦那の実家にいくと磁石が100個くらいあるんです。
でそれが冷蔵庫に20個くらい貼り付けてあって、ストーブに20個くらい
ホワイトボードにも貼ってあり、残りは空き缶に入ってます。
(ちなみにこの前、お義母さんに「なんでこんなに磁石があるの?」と
聞いてみると、磁力効果のある布団を処分するときに中身の磁石を全部取り出したんだそうです。
納得。わざわざ買うわけないか/笑)

子はいつもそれを全部集めてひとつの棒にして遊んでました。
何が面白いのか良くわからないけれどなんとなくブロックの件で
「数あるおもちゃは面白い」という推測?ができたので自宅用に買ってみたのです。
するとこれまたビンゴ。

買うとき20個くらいにしておくか?と思ったけれど
たくさんなくちゃ買う意味ないじゃん。と。
結果60個で正解。
たかが磁石でも60個くらいあるとなんだか面白い!
うまく口では言えないけど遊びの幅が広い!

↓こんなの。

フェライト磁石(穴あき)と穴なしを30個づつ買いました

そして最近。
子はおりがみが苦手です。本当につい1,2ヶ月前まで折り紙を三角に
折ることすら出来ませんでした。何故か教えても判らないんです。
負けん気が強い子なのでその度に「判らない、出来ない」と泣いて悔しがる為
折り紙やろうといわれるとほんとうんざりだったのですが
ふとしたことからパターンブロックが形の認識に効果的と知り
パターンブロックを買ってみることにしました。
これもどうせ買うならバケツ買いだ!と250ピース入り。

これは買うまで1、2ヶ月悩みました。
ブロックはもうあるのに似たようなものに8000円も出していいものか?(汗)と
自問自答したあげくに購入


ところがこれは予想外に私がはまってしまった。面白い~。
幾何学模様が黙々とつくれてなんか精神解き放たれる感じ(笑)

子は幾何学模様よりも花とか山とかきのことかを作ってるだけでしたが。
ピースがたくさんあるので例えばAとBを組み合わせてCを作る。→褒める→
子が得意になりまた同じものを作る→またとりあえず褒める。→後はもう
頬っておいてもピースがある限り延々と同じものを作っていきます。
褒められたら同じことを何度もやるって言うのも子供の特徴なので
たくさん数があるとこういう時もすごい便利だったりするわけです。

で、評判どおりのパターンブロックの効果なのか、
ただ単にできるだけの年齢になっただけなのかは謎ですが
その後しばらくして突然三角が折れるようになりました。
未だにおりがみは苦手みたいですがなんだかよかったよかったです。

長くなった上に結末もない尻切れトンボな話題ですが、
数あるおもちゃは長く遊べて良い!という私のローカルポリシーの話でした。


|

2008年9月 6日 (土)

初の食物アレルギー反応

保育園に子を迎えに行くと、
保育士さんから昼の給食を食べてしばらくしたら
体中に蕁麻疹があらわれたと報告を受けました。
「あせもと違うんですか?」と聞くと
いえ、あせもとかもうそういう感じではなくて
体中がぼこぼこになって顔も赤く腫れてむくんでました。
服をめくるとまだあかくまだらになっている部分があり
「これでもだいぶ退いたんです」と。
で、原因ははっきりしないけれど思い当たるのが
サンマではないかといわれました。
子は今まで食べ物でアレルギーを起こしたことは一度もなく
サンマも数日前に自宅で普通に食べたりしてました。

家に帰って服を脱がしてあちこちみる。
すると膝のうしろがえらいことになっててびっくり。
ぽつぽつというよりも毒虫にさされて腫れあがっちゃったみたいな感じに!
わぁ…。と思いながらもどうにもならないので様子をみることに。

夕食が終わってしばらくして着替えをさせようと服を脱がして唖然
胴体一面立体地球儀状態!体中にじんましんが広がり大陸になってました。
定規ではかったら腫れの大きさが7~8センチ。巨大なのが
肩甲骨2箇所、両わきの下、膝の裏、腹に2箇所、あとはおたふくマメくらいの
腫れがぼつぼつと!

かゆいのかポリポリかきむしり、目をみたら涙目になって少し息が荒いので
これはとりあえず受診だけでもしてもらおうと
夜間救急に電話。
本当なら蕁麻疹はショック症状や呼吸困難とか起こしてなければ
あわてて夜間に行かなくてもいいはずなので
電話でもどうしますか?一応受診しますか?くらいの感じでした。
なので私もどうしようかと迷ったけれど子は今までアレルギーを起こしたことなかったので
とりあえず今の状態をみてもらってこのレベルがよくある程度なのか
今後同じようなレベルの時に医者に行くべきか行かないべきかの判断基準が知りたかったので
受診させてもらいました。

医者にいって服を脱がすと
看護婦と医者が同時に「うわっ!!」
やっぱりちょっとすごかったらしい。
でも、まぁ蕁麻疹なんてたまたま体調が悪くてもでるし
見てもらっても原因はわからないんですよねー。

点滴を打ってもらい薬をもらって帰宅。
今朝はもう綺麗に消えましたが
医者には数日食べ物に気をつけてといわれました。

子はアレルギーがないのをいいことに取り過ぎはよくない
牛乳やらバナナやらが大好きで、特に牛乳なんか湯水のように
飲んでたりするので数日間子に牛乳を禁止するのは
大変そうです。(汗)

それにしてもサンマ。
これから旬になるのにサンマがNGになるときついなあ(苦笑)
一時的なものであって慢性化しない事を祈るばかりです。

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »