« 080808 | トップページ | 虫捕り »

2008年8月13日 (水)

さらに進化しつづける虫かご

先日のブログでも書きましたが
復活7/18 
我が家の虫かごにまた変化が起きています。
前回では、ミヤマくんを飼うためにだんご虫を自然的な環境で飼育(庭に逃がす)したわけですが
実は子はクワガタよりもだんご虫が好きで好きで。
毎日のように保育園やら庭先でだんご虫をみつけては家の中に持ち込んできて
そのたびに庭に逃がせー!と怒っていたのですが
ある日、子が
「そうだ。牛乳パックある?それで虫かごをつくればいい!」といやーな事を言い出しました。
でも、とりあえずどんなもの作るのか興味があったので渡してみました。
その間リビングの床を這う2匹のだんご虫…。

とりあえず子は牛乳パックを半分に切り「できた」といった。
頭はりこくってやろうかと!(汗)
「に、逃げちゃうジャン!」
「えーと、じゃぁ、こうすれば…」
以前に保育園で作ってきた元工作(今は壊れてただの紙皿)を
そのパックの上にかぶせました。
「できた」
できてねぇ!(汗)
「それでも駄目。飼えません」
するとフギャフギャ泣き出した。あー。めんどくさい。毎日毎日繰り返し。
なんか暑いので根負けして
虫取り用に買った小さい虫かごだしてやりました。
結果、クワガタの虫かごとは別にだんご虫のかごが増えました。

ちなみに余談ですが、だんご虫を飼うのはすごく楽です。
見た目が耐えられない!って人は別ですが。
まず土を入れます。枯れ葉を適当に入れます。
アスファルトのかけらor石をひとつふたつ入れます。
(だんご虫は枯葉をえさとしますが、それだけだと栄養?が偏ります?
体の調子を整える為にアスファルトや石を食べます(実際は舐める感じだけど)
そこにだんご虫をお好きな数だけ投入!
霧吹きでジャージャー水を掛け捲ります。
以上。
後は気が向いたとき霧吹きで水をジャージャーするだけ。
えさもいらなければ糞の始末もいらない。匂いもない音もない。
こんなに簡単な飼育対象はないですね!

そして、それとは別に保育園の夏祭りで金魚を2匹ゲットしました。
また、金魚生活です。
前回と違って小さい金魚だったので旦那がもの寂しいとかいって
めだかを5匹買ってきました。んもー!世話すんの誰だっつーはなしだよ。
そして更に数日後。地元の祭りで子が金魚すくいに挑戦し
なんだかうまい具合に黒いでめきんを一匹すくいあげてしまい
でめきんも仲間に加わりました。
せっかく2匹で水の汚れも少なくよかったのに
めだかとでめきんが増えたので水も汚れやすくなってしまいました。
これ以上魚や虫が増えないよう祈るばかりです。

|

« 080808 | トップページ | 虫捕り »