« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

子のリアルな説教

2日続けて保育園の終了の時間までに
仕事が終わらず祖父母に代わりに迎えに行ってもらいました。
みんなが帰る中ぽつんと残り、いざ迎えに来たのが
おじいちゃん。
しかも、自宅ではなく私の実家に連れて行かれたものだから
子は不安になったようです。
今朝は
「お母さん、今日は早く迎えに来てね」といわれ
「うーん…今日も判らないんだけど…がんばるよ」と弱気な発言の私。
そして嫌な予感はあたりまた今日も帰れませんでした。

保育園に電話した時に念のため子に伝言をお願いする。
「あの。今日は早く帰るって子供に言ってしまったので
心の準備じゃないですけど、おじいちゃんが迎えに行くと伝えておいてくれますか?」
子を実家に迎えに行き、帰りの車の中での出来事

「今日、先生からおじいちゃんが迎えに来ますよって聞いた?」
「うん」
しばらく無言になり
「今日さぁ。おじいちゃんがきますよっていわれて
子、ちょっと泣きそうになっちゃった…」

(う…痛いところを…)

「そっか。そうだよね。約束したのにね。ごめんね」
「許さない」
「ごめん」
「嫌だ」
「ほんと、ごめん」
「あのさ。もしさ。子がゲーセンに行って全然帰ってこなかったらどうする!?」
「ゲーセン!?(汗)んー。それはぁ…困る」
「だろう!?」
「うん」
「子は同じ気持ちだったの!」

何故ゲーセンが出てきたのかは謎ですが
数年後にリアルに起こる出来事っぽい例えに
思わず苦笑。すごいリアルなたとえ話の説教でした。

あー。明日も帰れなさそう。まずい。ほんとにまずい。

|

2008年7月20日 (日)

子の商売

子が飲みかけのお茶のペットボトルと麦茶のペットボトルを
テーブルの上に置いてお店を開きました。
「いらっしゃいませーいらっしゃいませー!」
軽く無視。
「だれかー!買いに来てくださーーーーい!」
どうやらこの店は客が来るまで閉店しそうにない気配
ちょっと乗ってやって、別の小さな器に氷を5,6個入れて商品を増やしてやり
お客になってやることに。
「いらっしゃいませーいらっしゃいませー!」
「すみませーん。氷入りで麦茶ください」
「はい!」
「儲かりますか?」
「はいー。みんながお茶や麦茶をくださいっていつもうるさいんですよぉ」←客商売向いてない
嬉しそうにコップに氷を入れて麦茶をそそいでくれました
「いくらですか?」
「3万円です!」
「た、たかっ!!!(驚)」
空想の中なら太っ腹な私なので気前良く3万払ってやる。釣りはいらねーぜ。みたいな。
子はとっても面白かったらしくTVを真剣にみてる旦那にも押し売りを始めた。
私がコップを持っていき(つきあってやってよ)というと旦那も適当に客やりはじめた
「いくらですかー」
「2万円です」
「たけぇな、おい!」
「氷とおいしいお水で作ってるんで高いんですよ」←素材にこだわる割に中身はコンビニで買えるペットボトル!?
「じゃあしかたないな」←おい!納得すんなよ!

旦那と私が客になってしまったのでその後、店は閑古鳥。
いらっしゃいませーの声がむなしく響く。
「だれかー!!!!おきゃくさーん!きてくださーい!」
ああああ。うるさいなぁ。
「すいませーん。(飲みたくないけど)お茶くださいな」
「はい!」
「いくらですか」
「四万円です」
「さっきより1万高いんですけど!!!2回も来た常連なんで安くしてくださいよ」
「じゃぁいいよ!500円です!」
500円でも十分高いけれど4万提示の後の500円。すごいお得感!(違う)
子の商売はその後客が誰も来ずおしくも閉店となりましたとさ

|

2008年7月18日 (金)

復活

仕事(に、係わる人間関係)でかなり疲れていましたが
精神的にだいぶ復活してきました。
ようやくブログにも頭が回るように。
んー。でも約2ヶ月間があいてしまい一体何をどこから書けばいいのやら?
自分で精一杯の日々でしたが、ブログネタ的には
どこに出かけたとか子がくだらない事言ってたとかこんな面倒なことしやがったとか
かなりあったのですが…。
また。ぼちぼちかいていこうと思います。

で。今日なんですけど、
今週頭から引いてた風邪が悪化して私が会社を休みました。
なので多少時間ができたというわけです。
何気に4連休になってしまった。

2ヶ月の間にあったブログに真剣に書くほどでもないけれど
いろいろあった我が家の虫かご

金魚とだんご虫を飼っている。と写真を掲載しましたが
その後、金魚は2週間で全滅しだんご虫だけが残りました。
そんなさなか、旦那が
会社の帰り道に「ミヤマクワガタ」を見つけたといってもって帰ってきました。
(あなたは一体どんなところにお勤めなんですか)
で、だんご虫かミヤマクワガタかの二択に迫られだんご虫は
自然的な環境で飼育(庭に逃がす)することに。

そして「ミヤマ君」といういかにもCHANGE的な名前をつけ飼っていたのですが
やっぱり一匹だと可哀想。

ミヤマ君。
ミヤマクワガタって飼育には向いてないです。
ちょっとでも触ると怒って90度垂直に立ち上がって威嚇するんですわ。
実をいうととってもはったり野郎で威嚇の度合いはすごいけれど
まだ一度もはさみではさまれたことはありません(笑)
でも、すぐ威嚇するし、普段は無駄な動きはせず葉っぱの下にいるし
子も毎日観察はしてるけれど触ろうとしないし
あまり飼っている~って感じがしません。


P1000249


Miyama


旦那がメスを買ってやろう!とお店に行くとミヤマクワガタなんて珍しい種類
売ってるわけがなく、なぜかオスのカブトムシを買ってきました。
虫かごに「かぶっちょ」という名前の仲間が増えました。
かぶっちょはミヤマクワガタより圧倒的に強く、かぶっちょのツノで
一度投げられて以来ミヤマ君は葉っぱの下に潜んですっかり姿をみせなくなりました。
あんなに強気のミヤマくんがこんなにも弱気に。

ものすごく活発に動くかぶっちょに対して葉っぱの下に潜んでいるミヤマくん。
これはミヤマくんは長くはないのでは?
ところが予想に反して先に死んでしまったのはかぶっちょでした。
子は全然へいちゃらな顔をしていたけれど(死んだという事が理解できてない)
かごからだしてビニールに入れた時点でようやく?泣いてました。

さて。また一人暮らしを満喫するミヤマ君。
旦那は「こうなったらいそうな場所うろうろしてメスを見つけてきてやる!」と
2回ほどガソリンを無駄に使って遠征しましたが見つけられませんでした。
そして、1週間前。3人で散歩をしていると旦那が「あ!」と叫びました。
なんと、足元にコクワガタのメスが!
(私達は一体どんなところに住んでいるんでしょうか)
ミヤマクワガタではないけれどコクワガタのメスゲッチュ!
「めすちゃん」という名前の仲間が加わった。
現在に至る…。
虫かごの中がめまぐるしく環境変化しています。

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »