« こどもの国 | トップページ | 福男 »

2008年1月 9日 (水)

かるた

子は去年の11月くらいから急速な勢いでひらがなを覚えていき
今は「かるた」とかも普通にできるようになりました。

ただ、子供なんて大人が本気だして総ざらいで取ったら
それこそ大騒ぎで大変な事になるのもわかっているので
わざと取り間違えたり、みつけても探してる振りして9:1くらいの割合で
負けてやってます。9:1の1でこっちが買った時は子はえらい騒ぎで
怒って泣き喚き最悪な事態になりますが、ずっと全勝させるわけにも行かないのでたまには
リスク覚悟で勝ちをとります!

まぁ。でも、大体のケースで勝っている子は密かにかるたの腕に自信があったようです。

そんな矢先保育園でかるたをやったと子が話してくれました。
子はみるからにがっくりと落ち込んで

「子、1枚しか取れなかったんだ…[も]しか取れなかった」

「も」は、子が一番初めに覚えた文字だったので
ちょっと可笑しくなったけれど
「でもみんなとやって1枚取れたならすごいじゃん!」と
褒めてみましたが子は不服そうでした。

しかし、ひらがなを真剣に覚えさせようとした事はなかったので
子があるひ突然ひらがなを読み出した時はびっくりしました。
やっていたのはこどもちゃれんじのワークくらいで
後は聞かれたら都度教えてあげる程度。
こどもちゃれんじのワークもただのシール貼りに近かったので
こんなんで覚えたら苦労ないって。と、内心思ってたのですが
こどもちゃれんじのおかげなんでしょうか。
うーむ。あなどりがたし。

|

« こどもの国 | トップページ | 福男 »