« 携帯から | トップページ | 男親と女親の考えの相違 »

2007年9月 2日 (日)

母の口癖

子が産まれて歩き出すようになった頃から
私の口癖が3つ増えた。


「うるさい!(怒)」
「いいから早く!(怒)」

そして…

「痛いっ!!(怒)」

全部語尾に(怒)がついてるのもどうかと思うけれど。


子は最近ともかくうるさい。
大声を出すというより意味なく吼えてるのだ。
なんで吼えるんだろう…。
起きている時間なら夜だろうと早朝だろうとお構い無しだ。
首に青筋立てて叫んでいる。
…ともかくうるさい。

いいから早く!は、私が兼業主婦でなければ
もうちょっという回数が少なかったかもしれない。
子はもともとマイペースでのんびりやで
人に言われても自分が納得する理由がなければ
いくらせかしても動じない。
黙っていれば御飯を1時間も2時間も食べない。
パンツひとつ履くのに30分掛かる。(はけないのでなくて
、はかないのだ)
保育園の駐車場から靴を履き替えて部屋に入るまでに
早く早くとぎゃんすか言い続けても毎朝5分以上掛かる。
階段の途中の虫でしゃがみこみ、
保育園から見えるクレーン車を眺め続け、靴を脱ぐ場所で
あーだこーだと雑談をしだし…後から保育園に着いた園児達に
次々抜かされ気分は毎朝水戸黄門のOP
(後から来たのに追い越され~♪)

そんなマイペースなので何かにつけ時間に追われ
気がつくと「早く早く!」と急かしてる私がいる。
大人の都合で「早く」といってしまうのは可哀想だとは思うけれど…


でも、今回スポットをあてたい口癖は

「痛い!」

私には女児がいないので比べようもないし
男女の問題ではなく個人差ももちろんあると思うけれど
それでも私は男の子は「痛い」と思う。
乳児のときからのけぞる力の強さが抜群だった子。
私が非力なのではなく、
検診の時の医者にたいてい言われたのが
「すごい力ですね(汗)」という台詞。
嫌がる子を押さえつけるときは平均2,3人の看護婦が
共同で押さえつけたし、
ある看護婦は子を押さえつけるのに馬乗りになった(汗)
最近は男の子っぽくなりわざと暴力を振るうこともあるけれど
たいていの場合は子は悪気なく私に近寄ってきてるだけで
痛さは偶然というか、たまたまの連続で起き続ける不運としか
いいようもないのだけどそれでも何かにつけ痛い。
私はたいてい体のどこかしらにアザがあり、
毎日毎日「痛い!」と大声を出している。
余りに痛いという回数が多いので私がオーバーなのかな…とも思っていたけれど
1週間前にちょっとした事件が起こりました。

子が、旦那と虫ごっこ?でカブトムシとクワガタになって戦ってしてたらしい。
しばらくすると子が
「お母さん!!大変だ!大変だ!」とあわてて私の元に走ってきた。
「お父さんが痛いって言って目をつぶっちゃってるの!どうしよう!早く来て」と。
旦那のところに行くと布団の上で胸を押さえてうずくまってた。
話を聞くとカブトムシの子が旦那に向かって頭突きをしたらあばらにヒットして
何か嫌な音がしたと…。

2日経っても痛みがひかないので病院に行くと

あばらにヒビはいってました!

やっぱり私が常日頃痛いって思ってたのは気のせいなんかじゃなかった!
やっぱり痛いんだよ、子のする事は!

|

« 携帯から | トップページ | 男親と女親の考えの相違 »