« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月21日 (土)

疲れる毎日2

先日子はおやつのせんべいを食べてました。
どういう風の吹き回しか突然
「子のおせんべい半分あげる」と言い出した。
なんかよだれまみれで、ぼろぼろで、
内心(い、いらねー…/汗)と思いながらも
「ありがとう。でもお母さんは今いらないから子、食べな?」
「いいの!お母さんに半分あげるから」
「じゃぁ、テーブルに置いといて。後で食べるから」
「ん。」
子はたべかけのせんべいをテーブルに置いたのですが
1分もしないうちにそのせんべいを食べ始めました。
そして…
全部食べ終わった直後、子が急に叫んだ!

子「あ!」
母「どうしたの?」
子「お母さんにおせんべい半分あげるって言ったのに、子、全部食べちゃったよ!」

ウェエエエエエエエ!?
それはギャグ?

母「…(汗)そ、そうか。気にするな」
子「おいしくて全部食べちゃった…」

私からすれば食べ終わった直後に思い出すあたり
意図的に食べたとしか思えない訳ですが
本人はかなり本気だったようで
せんべいの誘惑に勝てなかった自分にべっこり凹んでしまい
うつむいて半べそかきながら
「どうしよう…」を繰り返してる。

その後いかに子をメンタル的に復活させるか
あの手この手でせんべいの件を忘れさせるのに
10分くらい時間を費やしました。
な、なんて面倒なんだ。

■子、「イラつく」を体感するの巻
別に教えるつもりもなかったのですが子が簡単なマウス操作を覚えました。
今まではデスクトップPCだけだったのですがPCが置いてある部屋に
普段足を踏み入れる事すらできない日々が続き、
ちょっとした空き時間にPCを触れるようにノートPCを購入したのです。
それがいつもダイニングテーブルに置いてあります。

3連休に多少心の余裕があったため、子が楽しめるサイトを
みせてあげたりしました。↓

しまじろうひろば

KIDS WORLD
*いないいないばぁの「おえかきワンワン」は斬新だった!(笑)お勧め。

連休明けに夕食の準備をしていると子が「しまじろうであそぶ」と言い出した。
う…。よけいな事教えなければよかった。
でも、食事の支度してるときに騒がれないのは魅力的。
ちょっとの時間くらいいいか…
子はたどたどしくもマウスを動かしてはクリック。
音声を聞く限りどうやらちゃんと遊べてるっぽい。
しめしめ♪今のうちにさっさとご飯作ってしまおう♪

ところがしばらくして子が奇声をあげた!

「クエーーーーーーー!(怒)」
なんか右手はマウス、左手は空に向かって手を伸ばしグーにしている。
しかもその手がプルプル震えている!
私も危機感を感じ思わず叫んだ
母「子!パソコン叩いちゃ駄目だからね!」
子「矢印が、矢印がぁあああああああああ!!!(怒)」
どうやら矢印を思ったところに誘導できないらしくいらついていた模様(笑)
母「じゃぁ、お母さんやってあげるよ」」
子「やだやだやだやだやだやだやだやだやだ」
母「じゃぁ、何とか頑張ってよ」
子「できないー!クエー!(怒/泣)」(クエーってなんだよ…)
その後「いやだ」「できない」「もっとあそぶ」をエンドレスで繰り返し
泣き騒ぎ食事のしたくもさっぱり進まず…。
面倒なこと教えてしまった。とても深く後悔中

====================

番外編
疲れる毎日 母編

定時のチャイムがなった瞬間頭を仕事モードから
家事モードに切り替えています。
今日もチャイムが鳴った瞬間
(そうだ、帰りがけに買い物いかないと!昨日も
買い忘れて帰っちゃったんだよな。手に書いておこう)

忘れないように左手に買いたい品物を大きくボールペンで書きました。

「砂藤」

瞬間的に違和感を感じなかった人がいたら…きっとあなたも疲れてると思います。
土日ゆっくり休んでください(笑)

|

2007年7月15日 (日)

星に願いを

七夕の1週間くらい前、あるお店に行くと笹が飾ってありました。
そこに短冊がおいてあって「ご自由にどうぞ」と張り紙が。
まだ誰も飾ってなくて寂しかったので
会計待ちの間に書いてみることにしました。

「子のお願い事って何?」
「えーとね、…ドーナツが食べたい」

なんか違うなぁと思いながらもとりあえず代筆しました。
店主さん、最初の短冊なのにすっとこどっこいな内容ですみません。

それから数日後、保育園に大きな笹飾りがありました。
みんな「泳げるようになりたい」とか「プリキュアになりたい」などの
さまざまな夢が語られていてほのぼのムード。
そのなかに子の短冊も先生に代筆されて飾ってあったのですが…

「ドーナツが食べたい」

(………。)

七夕2日前、保育園からのお土産で子供達が作った笹飾りと笹のおすそ分けがありました。
帰宅後子と一緒に飾りつけをしました。

▼中に入っていた折り紙の柄が可愛くて思わずシャッター。

Pic_0005_2


またまた白紙の短冊があったのでとりあえずもう一度聞いてみました…

「子の願い事ってなぁに?」

「ドーナツが食べたい!」


なんとまぁ自分の夢に一直線な幼児なのでしょう! と、プラス思考に考えてみる。

さて、今年の七夕は土曜日でしたが、
最近の私は仕事が忙しくこの日も休日出勤をしていました。
帰ってきてから食事を作るのもかったるくて
旦那をいいくるめ夕食はラーメンを食べに行くことに。
そのラーメン屋は子供用のらーめんセットにガシャポン券がついていて
子が帰りがけにガシャポンをやったところ…

Pic_0004_3

みてください!ドーナツのハンドタオルが出てきましたよ!

私 「子!すごいね!七夕のお願い事かなったね」
子 「わーい、わーい!ドーナツだドーナツだ」 と、
万歳をして喜びながらタオルを食べるまねをし始めました。(実際タオルを噛んでた)

それをみていた旦那が一言

「そんなにドーナツが食べたいのか!?タオルまでかじって…
子、お父さん、帰りがけにドーナツ買ってやるよ!(悲)」

と、言うわけで子は七夕当日に見事念願のドーナツをゲッチュできたのでした。
短冊、あなどりがたし。

思考は現実化するって感じですね(笑)

|

2007年7月13日 (金)

デジカメプリントをタダで印刷

Prieaに登録したのでレビュー。

Prieaってどんなサービス?
デジカメで撮った写真を無料でプリントアウトして自宅に送ってくれるサービス

制限:
    初回のみユーザ登録が必要 多少私生活につっこまれるアンケートがあります。
    基本的アンケート内容プラス世帯年収とか、載っている車のメーカーとか、家族構成とか。

    月30枚までL判で無料印刷。光沢紙。同じ写真を2枚印刷した2枚として換算
    つまり、1種類の写真を30枚プリントするならそれだけでその月はおしまい。

    写真30枚のうち15枚は写真の隅に親指にすっぽり隠れてしまうくらいのミニサイズの
    広告バナーが入ります。残り15枚は半分が広告で半分が写真。イメージとしては
    写真つき年賀状がL版になった感じ?
    どの写真を小さいバナーにしてどれを半分広告にするかはある程度は選択可能です。


アンケートはなぜそんな事まで聞く?と少し唸る部分もありましたがその内容によって
写真につけるスポンサー広告が変わるようです。スポンサーは比較的有名どころが多く
私の場合は女性であり子供がいることなどから
「赤すぐnet」「JTB」「ドクターシーラボ」「ちふれ」とかそんな感じのが多かったです。
笑っちゃったのが「韓流エンターテイメント」の広告があったこと。
そうですか、私の生活形態は韓流の脈ありですか!(笑)ごめん、今のところ興味ないよ!

広告が入ってしまうのでプリントしようかどうしようか迷ってる写真とか専用にしてもいいですし、
他の人に焼き増ししたいとき、バナー付でかまわないようなら、
「無料だからお金はいらないよ」と相手に気を使わせずに配布したりできますね。

送料も無料なので気軽に月30枚までプリントできます。写真シールもつくれるようですし、なかなかお勧めですよ~。


Priea


 

|

悲しみの一言

なぜ、なぜ…「ぼくのなつやすみ3」はPS3専用ソフトなんだぁああ!
それだけの為にPS3買いたくない…。

|

2007年7月10日 (火)

疲れる毎日

子のつかれる話題。

1.夜中の3時に子が私を叩いて起こした。
「お母さん!お母さん!おきてよぉ!」
「…な、なに…」
「ねえ。絵本読んで?」
「!!…嫌です」
「そんな意地悪いわないでよおおおおお!(大泣き)」

えーと、それって新種のギャグなんだよね?
そうなんだよね?

2.別の日、寝る前に子の選んだ本を読んであげた。
ありさんぽつぽつという絵本。
ありさんと散歩して、さいごはありさんとバイバイする話です。
ラストのページ
「ありさん、ばいばい、また明日」

子の顔つきがみるみる曇る。
「…子、なんだか悲しくなってきちゃった」
「は?」
「子、ありさんともっと遊びたかったああああ!うわああああああ~(号泣)」
それはそれはすごい泣き方で1Fにいた旦那が何事かと駆けつけてきたくらい。

どんだけ感情移入してんだよ(汗)

子は今日も謎に包まれている。

|

2007年7月 8日 (日)

子のいい間違い

小さい子供ならではのいい間違い。

伝えたい内容: 「アジサイ、ここにも!」

子の発言: 「白菜、ここにもにー!」

アジサイを白菜と言っている時期は短く、もうアジサイといってますが
「ここにも!」を「ここにもにー!」というのはいっこうに直りません。

|

2007年7月 7日 (土)

私の最近気になるものとか

最近気になるキャラクターとか、そのほかとか

1.がっきーずー

のりスタのOPとEDに出てくる「がっきーず」がたまらなく可愛い。
特にタヌキ…。タヌキが画面で腹を叩いてる図をみると幸せを感じる。
がっきーずーは商品化はされていないらしい。

コンセプトがポンデリングに似てる?しっ!それは秘密です。
ポンデリングも大好きで家のPCの壁紙になっています。

ピーカン・ナッツのホームページ


2.下田智美

こどもちゃれんじ(ほっぷ)にときどきショートストーリーを書いてる人。
この人の描いたてんとう虫やらザリガニやらなんていうかすごい可愛い。
検索したらいくつか絵本だしているけれど、ちょっと求めているテイストと違うので
購入すべきか迷っています。

▼これは絵本じゃないみたいだけれど、この絵柄で何か絵本が欲しい

3.フレーミー
NKFのフレーミー。ナンセンスで可愛い。
フレーミーの絵本も数冊でているようで
一瞬かってしまおうかと迷ったけれど堪えました。(笑)

フレーミーともぐら


4.ユーロ円
ユーロドルではなく、ユーロ円。
でも気になるだけで何もしていない。

5.買って残念だった本
「治療島」
映画化されるそうですね。

6. 24シーズン3
見始めました。
そうそう、TSUTAYA DISCAS
加入しました。うひゃぁ、これは便利!
借りたいものリストを作っておけば勝手にポストに入っていて、返却期限無し(もちろん返さないと次のDVDは
送られてこないし、返却しなくても毎月の基本料は取られる)なので気負わず見られるし見終わったら送られてきた専用の袋に入れて切手を貼ることも住所を書く手間もなくそこらのポストに突っ込むだけ。すると2,3日後には
新しいDVDが来る。
結構便利な使い道は、この年になるとなかなか積極的に借りれないアニメDVDとか、いまさらこれ見るの!?みたいな時代遅れなDVD等を余裕でレンタルできること。
って、事で24もようやく3シーズン目です(笑)
私は月4枚コースにしてますが、平日はみる時間なんてほとんどないのでちょうどいい感じです。

|

2007年7月 6日 (金)

久しぶりに最近買った本

最近…というか、この絵本記事を書くのが久しぶりなので
最近でもないのですが。

==================================

ペネロペようちえんへいく ★★★★


リンクさせて頂いてる子連れ狼さんのブログで紹介されていた絵本。
私はこのシリーズは知らなかったのですがお勧めっぽかったので
買ってみました。しかけ絵本って高いし、すぐ壊されちゃうので買うのに
勇気がいるのですがこれは買ってよかったです。
しかけが凝ってる!大人が楽しめちゃう。
このしかけみると他のしかけ絵本がつまらなく感じちゃいます。
実はこの後ペネロペのクリスマスも買ったのですが
家に持って帰って開封したら、店頭にあった見本だったらしく
中のしかけが壊れてる箇所があって取替えに行くと
子がのりもの図鑑が欲しいといいだしたのでそれに変えてもらいました。


==================================

おふろやさん ★★★★★

今回の一押し作品


文字が最初の1ページ目しかありません。
昔ながらの銭湯に行ったことがある人は懐かしさで楽しめます。
初版は1983年ですから、その当時の銭湯の様子が描かれています。
銭湯未体験の子も気に入ったようで、比較的「読んでー」と持ってくるので当たりかな。
しかも安いし!そういう意味でもお勧め。
ノスタルジックな気分になれる良書♪


==================================
おおきなディガー ★

いっつも売り切れだったのをしつこく見張り続けようやくゲット!
でも思ったよりぱっとしないしかけ絵本でした。
大きいので迫力はあるのだけどびっくりするようなしかけがない。
しかけ絵本だったらペネロペシリーズのが断然面白いです。
高かったのに…。

==================================

からすのパンやさん ★★★★


記載しわすれていたけれどずいぶん前に友人に頂きました。ありがとう!

対象年齢がちょっと高いので文字が結構多いけれど、
はしょったり適当に話を作って聞かせたりすれば3歳でもOK、
やっぱりこの絵本は時代を超えて子供に人気ですね。

確か以前も「いつか買いたい本」として記事書いたので
内容は省略。

==================================

ぞうくんのあめふりさんぽ ★★★


ぞうくんのさんぽの続編が初版発行から数年ぶりに発売されました。
おおおおお!買いだろ、買い!と見つけた瞬間 脊髄反射で買ったのですが
内容は子にはもう簡単になってしまったので見向きもされず。
私はこの絵が和むのでそれだけに子の反応のなさにがっかり。
私的には買うなら1~2歳の時に同時期にセットで揃えていただきたい!

==================================

ちびくろさんぼ ★★

復刊したのでとりあえずゲッチュ。
子にはまだ早かったかな。トラのバターが
おいしそうでなかったので私的にはNG

内容:有名なので略

==================================

乗りもの ★★


のりものずかん。内容は…いいのか悪いのか
のりものに興味のない私には良し悪しがわかりません。
子も最初はみていたけれど最近は開いてないし…
まぁ、なくても困らない。

あ。人への攻撃材料としてはすぐれもの…


==================================

おおきくなるっていうことは ★★★

テーマ性が気に入って買ったのですが
子には不評でした。読むと何故か切なくなるので
買ったはいいけど私が読みたくなくてめったに読みません。
なんの為に購入したのか…本末転倒…。

内容:大きくなるというのはこういう事…という具体例が
簡潔に書いてあります。でも、深い。

==================================

寿限無 ★★


ピヨピヨスーパーマーケットの絵柄をみて工藤ノリコさんがすごく気になってました。
ときどき雑誌の「おひさま」に載ってたりもしますが雑誌でなく絵本で欲しくて
寿限無の表紙のインパクトに負けて購入。
内容は寿限無そのままです。絵柄はそのままだけれど
ぴよぴよみたいに細かく書き込まれていなくて残念。
子は「お尻」の絵が一杯あったので喜んでました。(なんだそりゃ)

内容:寿限無の落語簡易版

==================================

セミくんいよいよこんやです ★★★★


同じく工藤ノリコさんの絵本。
ピヨピヨスーパーマーケットには負けますがこれも可愛かった~!
最初読んだときは最後のシーンでちょっとうるっときました。
(別に泣くような台詞じゃないんだけれども)

内容:セミ君が今夜とうとう地上にでてきます。
外の仲間達はその話を聞いてセミ君を歓迎する
パーティーの準備をします。
本人は長らく住んでいた家(土の中)に別れを告げ外に出て行き
みんなに暖かく迎え入れられます。そういうお話。


==================================

しょうぼうじどうしゃじぷた ★★★★


やった!これもからすのぱんやさんと同じでいつか
子に買ってあげたかった絵本。対象年齢は4歳からなのだけど
ある程度はしょって読めば大丈夫。
これも中盤でうるっときます。

内容:ジープのじぷた(消防車)は小さいためはしご車のように高いビルの
火を消すこともできないし救急車のように怪我人を助けることもできないし、
ポンプ車のように大量の水や風で大きな火を消すこともできません。
じぷたなりに頑張ってはいるものの
大きな活躍ができないため子供たちに見向きもされません。
ところがある日山火事が発生します。はしごじゃ山まで届かないし
救急車では火は消せないし、山道が細くてポンプ車もとおれません。
そこでじぷたに出動要請が掛かります。
見事山火事を消して子供たちはあらあめてじぷたの存在を見直すという
そんなお話

==================================

おたすけこびと ★★★


まぁ、食べ物と重機が好きなら楽しめます!?
重機は子が、食べ物は私が喜びました。
内容は深さがないので心には残りにくいかな。

内容:おでかけする家族の留守中に小人たちが
いろいろな重機を駆使してバースデーケーキを作る。
ダンプが材料を運びアースドリルで卵を割ったり、
ショベルカーが種を混ぜコンクリートポンプ車がケーキの種を流し込む。
そんな感じでケーキが出来上がるまでを描く。それだけ。

==================================

まだ何冊かあった気がするけれど思い出せないのでこの辺でおしまい。

|

2007年7月 1日 (日)

泣いて騒ぐ母?

先日私の誕生日と子の退院祝いを兼ねてホールでケーキを買いました。
子は、ケーキを食べる前に
「お母さんに子のイチゴ1個あげるからね」と微笑ましい発言をしてました。

ところが実際食べ始めると旦那のイチゴを奪い、
旦那のイチゴが無くなると私のイチゴを欲しいと言い出した。
仕方ないのであげたのですが、私だってイチゴは好き。
なので一言文句をいってみた。

「さっきさぁ…私にくれるって言ったのに、逆に取ってるじゃん」

子は、しれっと
「そんなお約束したっけ?」と旦那に聞いたりして…末恐ろしい。
ところが旦那も「うん。した。聞いた」と冷たい返事。
子も(しまった)と思ったらしく困り顔。

ホールなので全部は食べきれないから冷蔵庫にしまっておくねと
旦那がケーキの残りをしまおうとすると
子は慌ててすごい発言をした。
「待って待って!お母さんが苺がない苺がないって泣いて騒ぐから一個あげてよー」
確かにイチゴは好きだが泣いて騒ぐ程欲しくはねぇ!(笑)

さて、その次の日。
子を保育園に迎えに行った後、
「今日のおやつもケーキだよー」と言うと子が
「子の苺、お母さんにあげる」
「いらない!子、くれるって言ってもくれないんだもん」
「絶対あげる」
「…ふぅん。ありがとー」
ケーキを出すと子は真っ先にイチゴにかぶりついた。
(やっぱねー)と思いながらも私は特に何も言いませんでした。

でも子も食べてしまった後に約束を思い出したのか
なんとなくもじもじしながら残りのケーキを困った顔で見つめています。
そして子なりに考えたらしく上に乗っている苺ではなかったけれど
中身に入ってるチビ苺をほじくりだし
「はい、あげる」
「いいよ、子、食べな」
「いいの。子、あげるってお約束したから」
その時の顔は「きりっ」と凛々しく成長を感じさせました。
「んじゃお言葉に甘えて」と、とりあえず頂き、
でも、後でやっぱり食べたかったとぐずられるのも嫌なので
「じゃぁ、お礼にお母さんの苺あげるね」と
チビ苺を返却してチャラにした。
子も「ありがとー」といいながらその苺を食べて終了…のはずが
「ねぇ、子、お母さんのその苺狙ってるよ」
「え?」
その瞬間、子のフォークが私のスペシャル苺(上に乗ってるやつ)を
突き刺そうとした!!!
しかし、ニアミス!
ふ・ざ・け・る・なああああああ!
こっちは泣いて騒ぐ程苺が食いたいキャラ設定なんだぞ!
誰が譲るか!
このシーンでだけは苺は譲れない!
私も本気になって子とフォークでスペシャル苺を取り合い
熱い戦いの末、見事勝利を勝ち取りました。うけけ。

写真は、旦那と子がケーキを買いに行ったときに
買ってきてくれたおまけ。(中にクッキーが入ってた)
カエルは子がえらんだそうです。

Pic_0003_3


|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »