« フレックスの意味 | トップページ | 手足口病 »

2005年7月10日 (日)

とびひ!

保育園に行き、様子を伝えるときに
「えーと、ここのお腹、虫に刺されたところを掻きむしってしまったらしくて…
あと、ここの鼻のところも少し…」
と、いうと保育士さんが
「これ、とびひじゃない?」と。
「!!え?とびひ!?そ、そうなんですか?…じゃぁ、登園駄目ですよね?」
焦ってる私に保育士は
「今日はお腹のところを覆ってしまいましょう。今日皮膚科に行ってみてください。
すぐにいけばすぐ治るし。だけど、小児科でなくて皮膚科に行って下さいね。
小児科だとこれくらい平気だとかいって専用の薬をもらえずに悪化しちゃう場合があるから」

会社に着いて始業時間前にあわててネット検索。
友達にも電話して遅くまでやってる皮膚科を聞いたりして
ようやく一箇所家の近くで遅くまでやってる場所を発見。

定時後、ダッシュで病院に駆け込みました。
ところが。
診せたものの「このお腹だけじゃわからないなぁ」との事。
「えと。鼻の部分と、あとただれてないですけどこことかこことかに赤いぽつんがあります」
「うーん…違うと思うけどねぇ」
一応薬が出たのですが、薬剤に行って説明を受けるときに
「今日はどうなされましたか?」
「えっと、とびひで…」
「とびひ!?…とびひでこの薬を処方されたのですか?」
「え?何か違うのですか?」
「これは、外傷薬なんですよね」
一応皮膚科でのやりとりを説明すると薬剤も納得してくれた。

そして次の日保育園にそれを説明して出かけました。
それとは別件で子が鼻水がすごく咳もではじめたので
今日は今日で会社を早退して病院に行くことになっていました。
保育園に迎えに行くと保育士が
「やっぱりとびひだと思います~。素人なので断定はできないですけど、ほら、数が増えてきて…」
みると鼻の周りを中心に数が確かに増えてる。
「これから行く小児科でもう一度みてもらいますー」

小児科で医者に風邪です。と伝える前に
「あれ!とびひじゃない!?」と言われました。
やっぱりとびひでした。
おいおい、最初の皮膚科さんよぉ。(笑)

でも、とびひの薬ってステロイド剤なんですね。知らなかった。
まぁ、その薬を塗ったらみるみるよくなってきました。
たまたまその薬を塗ってる期間に、会社で他の人が
ステロイド剤の怖さを切々と語っていて
「特に顔なんか塗っちゃ駄目だよ」とか聞こえてきて。
以前友人にもステロイド剤は顔には駄目とか言われた事も
思い出したりしてほんとにコレ塗ってていいのかなぁ…と思ったり。
ただ私も素人なので自己判断はできないし
言われた事をするしかないんですよねー。難しいところです。

|

« フレックスの意味 | トップページ | 手足口病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フレックスの意味 | トップページ | 手足口病 »