« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月12日 (火)

手足口病

ようやくとびひも治ってきた…と思ったら
今度は手足口病になりました。うう。
去年の11月にも手足口病になったのですがこれがやっかいで!

感染症なので基本的には保育園にもいけないので
熱があったり食欲がない間は数日会社を休むようです。はぁ…。
去年の11月は親子で酷い目にあったので
もうこりごりだ!と思ったのにまたかかってしまった。

なんせお腹が空いてるのに痛くて何も食べられないという状態は
本当にどうにもならなくて、思い出しても苦笑してしまいます。
当時は離乳食の他にまだ少しミルクも飲んでいたので
お腹が空いてギャン泣きする子に
無理やりスポイトでミルクを流し込んでいましたが一口飲んでは痛さで泣き暴れ
でも、お腹が空いているのでまた口を開け、飲んで、泣き、暴れを延々
繰り返しミルク100CC飲ますのに30分以上かかった記憶があります。

今度はミルクはもう飲んでないし、しかも夏だし
どうやって水分補給させるか…うーん。あまり考えたくないな。
何かいい方法ないでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日)

とびひ!

保育園に行き、様子を伝えるときに
「えーと、ここのお腹、虫に刺されたところを掻きむしってしまったらしくて…
あと、ここの鼻のところも少し…」
と、いうと保育士さんが
「これ、とびひじゃない?」と。
「!!え?とびひ!?そ、そうなんですか?…じゃぁ、登園駄目ですよね?」
焦ってる私に保育士は
「今日はお腹のところを覆ってしまいましょう。今日皮膚科に行ってみてください。
すぐにいけばすぐ治るし。だけど、小児科でなくて皮膚科に行って下さいね。
小児科だとこれくらい平気だとかいって専用の薬をもらえずに悪化しちゃう場合があるから」

会社に着いて始業時間前にあわててネット検索。
友達にも電話して遅くまでやってる皮膚科を聞いたりして
ようやく一箇所家の近くで遅くまでやってる場所を発見。

定時後、ダッシュで病院に駆け込みました。
ところが。
診せたものの「このお腹だけじゃわからないなぁ」との事。
「えと。鼻の部分と、あとただれてないですけどこことかこことかに赤いぽつんがあります」
「うーん…違うと思うけどねぇ」
一応薬が出たのですが、薬剤に行って説明を受けるときに
「今日はどうなされましたか?」
「えっと、とびひで…」
「とびひ!?…とびひでこの薬を処方されたのですか?」
「え?何か違うのですか?」
「これは、外傷薬なんですよね」
一応皮膚科でのやりとりを説明すると薬剤も納得してくれた。

そして次の日保育園にそれを説明して出かけました。
それとは別件で子が鼻水がすごく咳もではじめたので
今日は今日で会社を早退して病院に行くことになっていました。
保育園に迎えに行くと保育士が
「やっぱりとびひだと思います~。素人なので断定はできないですけど、ほら、数が増えてきて…」
みると鼻の周りを中心に数が確かに増えてる。
「これから行く小児科でもう一度みてもらいますー」

小児科で医者に風邪です。と伝える前に
「あれ!とびひじゃない!?」と言われました。
やっぱりとびひでした。
おいおい、最初の皮膚科さんよぉ。(笑)

でも、とびひの薬ってステロイド剤なんですね。知らなかった。
まぁ、その薬を塗ったらみるみるよくなってきました。
たまたまその薬を塗ってる期間に、会社で他の人が
ステロイド剤の怖さを切々と語っていて
「特に顔なんか塗っちゃ駄目だよ」とか聞こえてきて。
以前友人にもステロイド剤は顔には駄目とか言われた事も
思い出したりしてほんとにコレ塗ってていいのかなぁ…と思ったり。
ただ私も素人なので自己判断はできないし
言われた事をするしかないんですよねー。難しいところです。

| | コメント (0)

2005年7月 6日 (水)

フレックスの意味

私は思い切り勘違いをしていました。
私たち兼業主婦には子が3歳になるまでは
育児に係わる就業措置として
1.時短
2.フレックス
3.シフト就業
の中から好きな就業体系を選べる訳ですが、(うちの会社の場合は)時短にしても短くなった分は無給なので
私は金銭面の問題からあえてフルタイム働いていたのです。
だけれどいざ働きだしてみると子が病気がちなのもあり、自分の体力精神力の限界も見え
ここ最近フルタイム就業という業務に迷いが出ていました。
そこで総務にメール相談しました。

遅ほとんどの小児科は6:00前後までしか診察をしていない。
会社の定時後、保育園に迎えに行った後では受付に間に合わない。
私はそういう場合早退や半休みをつかってしのいできたが、時短が使える今の時期に
例えば、契約は1時間の時短をして、特に早く帰る必要のないときは定時までいるというような
いい方法がないか と、言うような内容。

すると思いがけない返事が。
フレックスを使えばいいと。私はフレックスって朝2時間遅く出社したら定時後2時間遅くまで会社に
いないといけないと思ってたのです。そうしたらコアタイムだけいれば後は何時に帰ろうが
定時前に帰った時間分が欠勤減額になるだけで
定時後2時間…とかはしなくてもいいのですね。全く知らなかった!
つまり、部署の人には迷惑をかけることに変わりはないけれど
度重なる早退の嵐が理由になるボーナスの減額対象にもならず、
ある意味「フレックスなのだから!」と早く帰る理由があるなら大腕振って帰れるわけで!
他の産休あがりの友達に話したら友達もフレックスの意味を勘違いしていたと驚いてました。
これなら目を血走らせて病院に走ることも、夕方4時からの懇談会に半休を取らずに済む!
おお・・・・・。

帰って夫に相談。夫もそれならフレックスにすればいいといってくれたので明日にでも
会社に申告しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »