« 危険なカラン | トップページ | 結膜炎 »

2005年5月11日 (水)

人形は偉い

私は子供の時、人形遊びにはあまりはまっていなかったように思う。
何故なら人形に服をちまちま着替えさせたりという行為が面倒だったから。
そんな私が今になり、毎日我が子の着替えをさせられている。

とても面倒だ

確かに人形よりは服もちまちましていないし
関節以外の場所は動かなくて融通がきかないなんて事もない。
でも、人形はどんなに着替えに時間を掛けても最後まで大人しく待っていてくれる。
それのどんなにありがたい事か!

子は着替えの間もまったくじっとしていてくれなくて
ちょっと油断すればすぐあちこちへ逃げ出してしまう。
それを追えば追いかけっこと勘違いして声を出して喜んで逃げ回るし
ようやく捕まえれば体の力を抜いてこんにゃくのようにへたりこむ。
それでも無理やり着替えを続けると暴れて大泣きをしはじめて
手に負えなくなってしまう。
ああ、人形は偉い。人形はすばらしい。

子は着替えの時間が嫌いらしい。私も着替えさすのが苦手なので
そういう意味ではお互い相性がいいのかも知れないがさすがに
それで事が済む訳もなく…こんな事なら小さい頃着せ替え遊びで
着替えの技を磨いておけばよかったなぁと後悔する今日この頃。

|

« 危険なカラン | トップページ | 結膜炎 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103086/4085745

この記事へのトラックバック一覧です: 人形は偉い:

« 危険なカラン | トップページ | 結膜炎 »